ジェド・ジョーコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ジェド・ジャーコ
ジェド・ジョーコ
Jedd Gyorko
セントルイス・カージナルス #3
Jgyroko2017.jpg
2017年4月25日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ウェストバージニア州モーガンタウン
生年月日 (1988-09-23) 1988年9月23日(30歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手遊撃手
プロ入り 2010年 ドラフト2巡目(全体59位)でサンディエゴ・パドレスから指名
初出場 2013年4月1日 ニューヨーク・メッツ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェド・リンドン・ジョーコJedd Lindon Gyorko, 1988年9月23日 - )は、アメリカ合衆国ウェストバージニア州モーガンタウン出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。MLBセントルイス・カージナルスに所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

アメリカ合衆国ウェストバージニア州モーガンタウン生まれ。家族は、同州チートレイク英語版に家を持っており子供の頃はここで育った[1]。この頃は、ピッツバーグ・パイレーツの大ファンだったという[2]

5歳の頃に、野球を始め、この時のポジションは、二塁手だった[3]

ユニバーシティ高等学校英語版に進学し、ここでは、野球部、アメリカン・フットボール部、バスケットボール部に入部した。野球では、内野手を務めた[4]が、大半は、遊撃手だった[5]。高校在籍4年間で、オールカンファレンスに在籍した。また、アメリカン・リーグでプレーする。ここで、2004年2007年に優勝した。

ウェストバージニア大学セント・ジョーンズ大学クレムゾン大学奨学金を提示され、家から近いという理由でウェストバージニア大学に進学した。

プロ入りとパドレス時代[編集]

2010年MLBドラフト2巡目(全体59位)でサンディエゴ・パドレスに指名され、6月15日に契約。契約後、傘下のA-級ユージーン・エメラルズ英語版で26試合に出場し、打率.330・5本塁打・18打点・1盗塁だった。7月下旬にA級フォートウェイン・ティンキャップス英語版へ昇格。42試合に出場し、打率.284・2本塁打・23打点・1盗塁だった。

2011年はA+級レイクエルシノア・ストーム英語版で開幕を迎え、81試合に出場。打率.365・18本塁打・74打点・11盗塁だった。7月4日にAA級サンアントニオ・ミッションズへ昇格。AA級サンアントニオでは59試合に出場し、打率.288・7本塁打・40打点・1盗塁だった。

2012年はAA級サンアントニオで開幕を迎え、34試合に出場し、打率.262・6本塁打・17打点・1盗塁だった。5月17日にAAA級ツーソン・パドレスへ昇格。92試合に出場し、打率.328・24本塁打・83打点・4盗塁だった。

2013年スプリングトレーニングに招集された。チェイス・ヘッドリーローガン・フォーサイスが開幕前に故障者リスト入りした事情もあり、3月31日にパドレスとメジャー契約を結び、開幕ロースター入りを果たした[6]4月1日ニューヨーク・メッツとの開幕戦でメジャーデビューを果たした。5番・二塁手としてスタメン起用され、ジョン・ニースから二塁打を放ちメジャー初安打を記録した[7]5月1日シカゴ・カブス戦ではスコット・フェルドマンからメジャー初本塁打を記録した[8]6月10日に右脚の付け根を痛めたため、15日間の故障者リスト入りし[9]7月12日に復帰[10]。この年は、新人ながらチーム最多タイの23本塁打を記録した。この本数は、2000年ブレット・ブーンが記録した19本塁打を越え、チームが持つ二塁手の本塁打記録を塗り替えた[11]ナショナルリーグ新人王の候補になり、結果6位だった。

2014年3月3日にパドレスと1年契約に合意した[12]4月14日にパドレスと総額3500万ドルの5年契約(2020年・1300万ドルの球団オプション付き)に合意した[13][14]。この年は二塁のレギュラーとして起用されたが、打撃不振に陥り、打率.210、10本塁打、51打点、100三振に終わった。

2015年は二塁手をメインに遊撃手も守り、128試合に出場。打率.247・16本塁打・57打点という成績を残した。

カージナルス時代[編集]

2015年12月8日ジョン・ジェイとのトレードで、セントルイス・カージナルスへ移籍した[15]

2016年は、内野ユーティリティとして起用され、128試合に出場。打率は.243だったが、97安打ながらチームトップ[16]の30本塁打を放った。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 SD 125 525 486 62 121 26 0 23 216 63 1 1 0 2 33 1 4 123 14 .249 .301 .444 .745
2014 111 443 400 37 84 17 1 10 133 51 3 2 0 3 36 1 4 100 8 .210 .280 .333 .612
2015 128 458 421 34 104 15 0 16 167 57 0 1 0 5 27 1 5 107 13 .247 .297 .397 .694
2016 STL 128 438 400 58 97 9 1 30 198 59 0 0 0 1 37 1 0 96 11 .243 .306 .495 .801
2017 125 481 426 52 116 21 2 20 201 67 6 2 0 7 47 1 1 105 12 .272 .341 .472 .813
2018 125 402 351 49 92 19 1 11 146 47 2 0 0 4 44 0 3 77 12 .262 .346 .416 .762
MLB:6年 742 2747 2484 292 614 107 5 110 1061 344 12 6 0 22 224 5 17 608 70 .247 .311 .427 .738
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 9 (2013年 - 2015年)
  • 3 (2016年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Ex-Mountaineer Gyorko enjoying strong rookie season with Padres
  2. ^ Gyorko expecting big turnout in return to home turf
  3. ^ PADRES PROSPECT GYORKO EAGER FOR A SHOT TO PLAY SECOND BASE
  4. ^ Gyorko is one of the Mountaineers’ all-time greats
  5. ^ Gyorko focused on production, not preseason honors
  6. ^ Padres announce Opening Day roster”. MLB.com Padres Press Release (2013年3月31日). 2014年3月21日閲覧。
  7. ^ Gyorko has cheering section in MLB debut
  8. ^ Gyorko's first homer shows signs of things to come
  9. ^ Padres reinstate INF Logan Forsythe from 60-day DL and place INF Jedd Gyorko on 15-day DL”. MLB.com Padres Press Release (2013年6月10日). 2014年3月21日閲覧。
  10. ^ Padres announce roster moves”. MLB.com Padres Press Release (2013年7月12日). 2014年3月21日閲覧。
  11. ^ Gyorko reaches HR milestone
  12. ^ Padres agree to terms with 22 players on 2014 contracts”. MLB.com Padres Press Release (2014年3月3日). 2014年3月21日閲覧。
  13. ^ Padres sign INF Jedd Gyorko to contract through 2019 season with club option for 2020 season”. MLB.com Padres Press Release (2014年4月14日). 2014年4月15日閲覧。
  14. ^ Jedd Gyorko signs 5-year extension”. ESPN MLB (2014年4月14日). 2014年4月15日閲覧。
  15. ^ Goold, Derrick (2015年12月8日). “Cards send Jay to Padres for infielder Gyorko”. St. Louis Post-Dispatch. 2015年12月15日閲覧。
  16. ^ 2016 St. Louis Cardinals Batting Statistics - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年12月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]