コロナ (暖房器具)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社コロナ
CORONA CORPORATION
本社 左:三条工場 中央:技術開発センター
本社 左:三条工場 中央:技術開発センター
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5909
2000年3月1日上場
本社所在地 日本の旗 日本
955-8510
新潟県三条市東新保7番7号
設立 1950年7月3日
業種 金属製品
法人番号 5110001014116
事業内容 暖房機器、空調・家電機器、住宅設備機器の製造販売
代表者 内田力(代表取締役会長
小林一芳(代表取締役社長
資本金 74億4,900万円
(2019年3月期)[1]
発行済株式総数 2,934万2,454株
(2019年6月27日現在)[1]
売上高 連結:831億9,500万円
単独:771億2,400万円
(2019年3月期)[1]
営業利益 連結:16億3,900万円
単独:9億7,600万円
(2019年3月期)[1]
経常利益 連結:19億2,600万円
単独:15億7,700万円
(2019年3月期)[1]
純利益 連結:12億4,800万円
単独:11億3,700万円
(2019年3月期)[1]
純資産 連結:728億6,500万円
単独:689億300万円
(2019年3月期)[1]
総資産 連結:993億5,200万円
単独:977億2,200万円
(2019年3月期)[1]
従業員数 連結:2,320[82]名
単独:1,751名
(2019年3月31日現在)[1]
決算期 毎年3月31日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人
主要株主 コロナ興産 37.29%
内田エネルギ-科学振興財団 8.04%
第四銀行 3.48%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口)2.13%
内田力 2.07%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口)1.44%
外山産業 1.25%
﨑山ミツ子 1.08%
北越銀行 1.01%
(2019年3月31日)[1]
主要子会社 新井コロナ 100%
今町コロナ 100%
栃尾コロナ 100%
コロナサービス 100%
コロナ物流 100%
コロナリビングサービス 100%
コロナファイナンス 100%
外部リンク http://www.corona.co.jp/
特記事項:経営指標は 2019年3月期 第71期 有価証券報告書
従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載している。
テンプレートを表示

株式会社コロナ: CORONA CORPORATION)は、新潟県三条市に本社を置く、暖房機器や住宅設備器などの製造販売を行うメーカーである。東京証券取引所第一部上場。
企業理念は「あなたと共に夢...新たなライフシーン...を実現しお客様に喜んでいただけるコロナ」。

概要[編集]

石油ストーブ石油ファンヒーターなどの暖房器具をメインにエアコン除湿機加湿器を始めとする空調機器、また給湯器温水器など住設機器の製造・販売を行っている。最近では自然冷媒ヒートポンプ式給湯機エコキュート事業にも力を入れており、世界で初めてエコキュートを販売するなどシェアを拡げつつある。同じく新潟県が本社のダイニチ工業とは創業地が同じ三条市であり、石油暖房機器分野でシェア争いを続けている。 暖房機器のイメージが強いが、かつて冷蔵庫電子レンジ洗濯機掃除機といった家電の製造販売もしていた時期がある。 2005年3月をもって松下電器産業(現・パナソニック)が石油暖房機器製造から撤退したことに伴い、ナショナルショップ(現・パナソニックショップ)にもコロナ製石油暖房機器が供給されるようになった。

沿革[編集]

  • 1937年(昭和12年) - 創業者内田鐡衛石油コンロの製造工場として新潟県三条市南新保内田製作所を設立。
  • 1950年(昭和25年) - 商号を株式会社内田製作所に改組。
  • 1955年(昭和30年) - 加圧式石油ストーブの生産を開始。
  • 1973年(昭和48年) - 石油給湯器市場に参入。
  • 1974年(昭和49年) - 営業部門を分離し、コロナ販売株式会社を設立。
  • 1979年(昭和54年) - エアコンなど空調機器市場に参入、石油ファンヒーターの生産を開始。
  • 1985年(昭和60年)- 白物家電事業に参入。
  • 1992年(平成4年) - 株式会社内田製作所とコロナ販売株式会社が合併し、商号を現在の株式会社コロナに変更。
  • 1996年(平成8年) - 当時の新潟証券取引所に株式上場。
  • 1999年(平成11年) - 本社及び三条工場がISO 9001の認証を取得。
  • 2000年(平成12年) - 東京証券取引所市場第2部に株式上場。証券コード5909。
  • 同年 - 白物家電事業から撤退。
  • 2001年(平成13年) - 東京電力デンソーと共同開発にてエコキュートを世界で初めて販売。
  • 2005年(平成17年) - 松下電器産業(現・パナソニック)の石油暖房機器製造撤退に伴い、ナショナルショップ(現・パナソニックショップ)にもコロナ製石油暖房機器を供給開始。
  • 2006年(平成18年)3月1日 - 東京証券取引所市場第1部に昇格。
  • 2007年(平成19年)3月21日 - 東京・横浜・高崎の3支店を統合、再編し、首都圏支店(東京都北区)並びに北関東支店(埼玉県さいたま市)を開設。
  • 2008年(平成20年)4月24日 - ナノミストサウナを同年8月から発売すると発表。

主な製品[編集]

  • 暖房器具
    • 石油ファンヒーター
    • FF式石油暖房機
    • ポット式石油ストーブ
    • 芯式石油ストーブ
      • 反射式の品番は「SX」で、対流式の品番は「SL」でそれぞれ始まっており、高圧放電点火採用機種は品番数字に「E」を冠して「SX-Eシリーズ」としている。反射式ストーブ現行モデルは(ヒーター切れの心配がなく確実に着火する)高圧放電点火(単2乾電池4本使用・アルカリ乾電池を推奨)が主流となっており、(単1乾電池を2本用いる)従来型フィラメント点火ヒーター採用機種のラインナップは大幅に縮小(対流式ストーブ「SLシリーズ」は2018年現在も全機種が「従来型フィラメント点火ヒーター」を採用・単1乾電池を2本入れるケースはカバー付き)。芯調節つまみは(従来の上下式を全廃し)回転式に統一され、従来型よりサイズ(直径)が大きくなり回しやすくなっている。反射式ストーブの灯油タンクは全機種「カートリッジ式」に統一され、給油時に手が汚れない「よごれま栓」・万一タンクが倒れても灯油がこぼれない「こぼれま栓」・燃焼中にタンクを抜くと瞬時に芯を下げて強制消火すると共に、タンク未装着時は芯が上がらず点火できなくすることで(灯油漏れによる)火災を未然に防ぐ「給油時自動消火装置」をそれぞれ採用して安全性を高めている(燃焼中にタンクを抜いての強制消火は「緊急消火」モードになるため、芯調節つまみを「臭いセーブ消火」位置まで手動で動かす通常消火に比べ消火時の臭いが強くなる。対流式ストーブの灯油タンクは本体内蔵式で給油時自動消火装置非搭載)。カートリッジタンク蓋は(従来のねじ式を全廃し)「つまみで固定するばね式」に統一され、蓋がきちんと閉まったか否かを目視で確認可能な「カラーサイン」が搭載されている(蓋がきちんと閉まれば「青」を表示。つまみを手前に引けば蓋は瞬時に全開。蓋は紛失防止のため軸となる片側を常にタンク本体へ固定する「落ちない灯油蓋」を採用。強い衝撃などにより蓋が変形して閉まらなくなった場合はタンク本体の交換が必要)。灯油残量が半分以下になると(油切れの約2時間前より)表示される「給油サイン」は全機種「カラーサイン式」を採用している(灯油が多い時は本体キャビネットと同じ色で、少なくなると赤色表示。カートリッジタンクには灯油を溢れさせないための「満量サイン」があり、油が入ると黒く変化。本体内蔵タンク式機種は油量計による直接表示)。
    • サロンヒーター
    • 加湿器
  • 空調機器
    • エアコン 
      • 現在も家庭用エアコンで冷房専用モデルを販売しており、暖房はストーブ等を使う者から根強い人気がある。
    • 冷風機
    • 除湿機
  • 住宅設備機器

過去[編集]


CMに起用された有名人[編集]

  • 山本美月(ナノリフレ)
  • 田中邦衛(かつてCMに出演した俳優)
  • ウルトラマン(かつて石油ファンヒーター「ウルトラサイン」シリーズのCMに出演したキャラクター)
  • 佐藤藍子(1997年にエアコンのCMに出演した女優)
  • ポール牧(かつて小型石油ファンヒーター「よごれま栓」シリーズのCMに出演したキャラクター)

提供番組[編集]

2018年平成30年)現在
過去

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 株式会社コロナ 第71期 有価証券報告書”. EDINET (2019年6月27日). 2019年6月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]