オメガモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オメガモンは『デジタルモンスター』シリーズに登場する架空の生命体・デジタルモンスターの一種。

概要[編集]

ワンダースワンのゲーム『アノードテイマー&カソードテイマー』でガルルグレイモンという名前で初登場。劇場版アニメ『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』(2000年春の東映アニメフェアにて2000年3月4日公開)のために新規に制作されたデジモンであり、八神太一石田ヤマトのパートナーデジモンであるウォーグレイモンメタルガルルモンが合体したデジモン。肩の盾、ブレイブシールドに刻まれた紋章は『デジモンアドベンチャー』の作中で登場した勇気の紋章である。胸には勇気の紋章と友情の紋章を半分ずつ合わせた紋章が付いているが、『デジモンアドベンチャー』などの一部のオメガモン(登場人物として登場する場合は殆ど)には付いていない。グレイソードにはデジ文字の日本語で「オールデリート(All Delete)」と刻まれている。登場して数年は「正義のヒーロー」という一面が強調されていたが、『デジモンアドベンチャーVテイマー01』以降から「ヒール」としての活躍も多くなってきている。

人気が非常に高いデジモンであり、アニメ作品では本編・劇場版の両方を含むと『デジモンフロンティア』以外の全作品で皆勤賞である。時として人気ナンバーワンのデジモンとして扱われるが、「デジタルモンスターカードゲーム」公式ページでの人気投票において1位こそ取っているものの、モード形態を含めた得票数の数ではインペリアルドラモンデュークモンに敗北し、その人気は後続のデジモン達に抜かれ始めている面もある。だが、それでも1位を譲らない点は根強い人気の証と言える。なお、数多くのデジモンのデザインイラストレーションを手掛けたイラストレーターAs'まりあはオメガモンとデュークモンを「ロイヤルナイツの両翼」と位置づけている[1]

種族としてのオメガモン[編集]

遥か昔のデジタルクライシス時、ウィルスバスターズであるウォーグレイモンメタルガルルモンが、善と平和を望む人々の強い意志と思いと願いによって融合し誕生したロイヤルナイツの一員である究極体の聖騎士型デジモン。『デジモンストーリー サイバースルゥース』などの一部媒体では超究極体であるとされている。左腕にはウォーグレイモンの形をした『グレイソード』と肩の『ブレイブシールド』が、右腕にはメタルガルルモンの形をした大砲『ガルルキャノン』とミサイルが装備され、その意匠を強く残している。背中のマントは、敵の攻撃を避ける時や飛行の際に自動的に装備される。二体のデジモンの特徴を合わせ持ち、優れたトータルバランスを誇る、如何なる状況でも遺憾なくその力を発揮できるハイレベルのオールラウンダーである。との戦いに終止符を打つ“最後”の聖騎士でもある(ギリシャ文字の「Ω」はギリシャ文字において最後の文字であるのが由縁)。

基本データ[編集]

  • 世代/究極体(超究極体)
  • タイプ/聖騎士型
  • 属性/ワクチン
  • 必殺技/グレイソード、ガルルキャノン、(ソード・オブ・ルイン)
  • 通常技/ダブルトレント、オメガブラスト
  • 装備/グレイソード、ガルルキャノン、ブレイブシールド
  • 所属/ロイヤルナイツ、ウィルスバスターズ

必殺技は、炎のエネルギーを集中させて敵を両断する『グレイソード』と、冷気のエネルギーを砲弾のように発射する『ガルルキャノン』。

通常技の『ダブルトレント』は両腕を使って地を這う氷と炎を交互に放つ。

X抗体版[編集]

全体が機械的なデザインに変化。未来を先読みする究極の力『オメガインフォース』を得た事によって、無敵の強さを手に入れた(しかしどんな敵にも勝てるというわけではない)。

  • 必殺技/オールデリート、グレイソード、ガルルキャノン

必殺技は、文字通りグレイソードに触れたもの全てを消し去る『オールデリート』。DIGITAL MONSTER X-evolutionでは黒い波動を放ち、辺り一体を全て飲み込み消し去った。

関連種・亜種・その他[編集]

登場人物としてのオメガモン[編集]

デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム![編集]

大量増殖したディアボロモンに一斉攻撃され、瀕死のウォーグレイモン・メタルガルルモンのもとに太一・ヤマトが寄り添い、同時に世界中から送られた無数の応援メールが巨大な光のデジタマの様にウォーグレイモン達を包み、腕へと変化したウォーグレイモン・メタルガルルモンの中央に世界中の人々からの願いが集まり、ボディを形成したことでオメガモンが誕生した。

圧倒的パワーで無数に分裂したディアボロモンをガルルキャノンで核ミサイルのタイマーを持った1体を残して全て一掃し、最後のその1体をグレイソードで倒した。

後述の「ディアボロモンの逆襲」に登場するオメガモンと同一の個体であるが、台詞はない。

デジモンアドベンチャー02 ディアボロモンの逆襲[編集]

声優は坂本千夏山口眞弓。再び現れたディアボロモンを倒すべく、太一・ヤマトと共に向かうアグモンガブモンがオメガモンの一部へとワープ進化後に合体し、誕生する。そしてエンジェモンエンジェウーモンの協力のもと、ディアボロモンを倒すがそれは罠であり、倒すと同時に無数のクラモンが発動する。

現実世界へ出現したクラモンの大群が東京湾にてアーマゲモンへと進化し、これを倒すべくオメガモンも東京湾に向かう。しかしアーマゲモンに敗北、両腕が千切れ落ち、瞳の光が消えてしまう。次いで、アーマゲモンと戦うインペリアルドラモンに千切れ落ちた腕であるアグモンとガブモンの意思がオメガモンのボディをホーリーリングへと変化させ、太一達の希望の詰まったホーリーリングから生まれたオメガブレードを託し、千切れ落ちた腕はアグモン・ガブモンへと戻る。ガルルキャノンの砲撃の色は紫色。

デジモンテイマーズ 冒険者たちの戦い[編集]

声優は坂本千夏山口眞弓。無印・02の世界のオメガモンと同一の存在だが、一人称は「私」となっている。かつて倒されたアポカリモンのデータの残骸から生まれたメフィスモンと戦うが、別世界に逃げられてしまう。自分は別世界に干渉できないため、その世界のテイマーであるルキ、ジェンをタカトの元へ送り、メフィスモン撃退を託す。

デジモンアドベンチャーVテイマー01[編集]

エイリアスIIIの一人藤本秀人が育てたウォーグレイモンのオーグとメタルガルルモンのメルーガのジョグレス体として登場。最初は強大な敵として立ちはだかったが戦いを経て和解、強力な味方となる。

基本的に人格はオメガモンとして統一されているが、ジョグレス中もオーグとメルーガの人格は存在し、絆を見せていた。

デジモンクロニクル[編集]

ホストコンピュータ・イグドラシルからの刺客として旧デジタルワールドから脱出し、NEWデジタルワールドに来たX抗体を持つデジモン達を異分子と見なし粛清していた。ドルゴラモンと戦いその強さに圧倒されるが、忠義のために自ら異分子となることを知りつつもX抗体を取り込み、オメガモンXとなりドルゴラモンを倒す。しかしドルゴラモンは死のX進化でデクスドルゴラモンと化し、さらにそこから生体データが飛ばされデクスモンへと変貌してしまう。スクルドターミナルへ出現したデクスモンと戦うが、オメガインフォースやオールデリートさえもデクスモンには通用しなかった。その後、それでもデジモン粛清を断行しようとし、それを止めようとするアルファモンと戦う。

DIGITAL MONSTER X-evolution[編集]

声優は田中秀幸ドルモンを表の主人公とするならば、裏の主人公と呼ぶべきデジモン。ロイヤルナイツの一員としてイグドラシルの命令、PROJECT ARKを実行。全デジモンの消去に乗り出す。イグドラシルの命令に忠実な動きをとっていたがデュークモンの行動やドルグレモン(アルファモン)の言葉に心を動かされ、イグドラシルへの不信感を抱き、真意を知るためにアルファモンと共にイグドラシルのもとへ。

最後にはアルファモンからX抗体を譲り受け、オメガモンXへとX進化(ゼヴォリューション)。オールデリートの力を以てイグドラシルを抹消する。ガルルキャノンの砲撃の色は水色で、エネルギーの放出を続けて敵を複数抹消したりもした。

デジモンセイバーズ[編集]

声優は高橋広樹。ロイヤルナイツの一人として現れる。前述の『X-evolution』を除くとテレビアニメでは初登場となる。

最後にイグドラシルに反発して、イグドラシルの攻撃から大たちを守った。声優の高橋は『アドベンチャー』から『テイマーズ』までにも敵や脇役として出演している。

デジモンクロスウォーズ[編集]

声優は島田敏。元々は、デジタルワールドの正義の意志を守護する騎士団の一員だったが、デジタルワールドの分裂を防ぎきれず、仲間と共にデジメモリとなって散らばってしまい、唯一人間界に落ち、そこでデジモン達のメロディを聞き取れる資質のある者を探し続け、主人公・工藤タイキと出会い、彼にクロスローダーを託し、デジタルワールドへと導いた。なお、前述の「騎士団」とはデジメモリのデジモン達のことであり、ロイヤルナイツのことを言っているのではない。

また、3期の終盤には別の世界の過去から八神太一と石田ヤマトが客演し、ウォーグレイモンとメタルガルルモンを合体させて上記の『ウォーゲーム』及び『ディアボロモンの逆襲』と同一個体のオメガモンが登場。台詞は無かったが、デュークモンクリムゾンモードと共闘しグレイソードでベリアルヴァンデモンを瞬殺するなど圧倒的な強さを見せた。

なお、ファンの間では長らく、「オメガモンはジョグレス進化なのでは?」という意見もあったが、今作でテントモンに、「あれはただの合体」と解説された。

脚注[編集]