エテモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エテモン

  1. デジタルモンスターシリーズに登場する架空の生命体・デジタルモンスターの一種。
  2. テレビアニメ・『デジモンアドベンチャー』の登場人物。
  3. テレビアニメ・『デジモンクロスウォーズ』の登場人物。

概要[編集]

Ver.3から登場。週刊少年ジャンプのデジモンコーナー「週刊デジ聞」でサル着ぐるみを着て全国を周り各地の子供たちと対戦し人気を博していた「デジモンキー」をベースに制作されたデジモン。以降デジモンキーはこのデジモンを使うようになり、このデジモンの関連種が発表されるに連れて着ぐるみの色を変化させていくようになる。同じく実在のデジモン関係者をモデルにしたボルケーモンとはライバルであるという設定が後に明らかになった。

名前の由来は「猿公(えてこう)」。

種族としてのエテモン[編集]

強化サルスーツに身を包んだ正体不明のパペット型デジモン。
自称キングオブデジモンを名乗るが、その実力は決してはったりとは言えず、侮れない。
腰にもんざえモンのパペットを付けており、もんざえモンを陰で操っていると言われている。
メタルエテモン、キングエテモンといった進化種も存在する。

基本データ[編集]

  • 世代/完全体
  • タイプ/パペット型
  • 属性/ウィルス
  • 必殺技/ラブセレナーデ、ダークスピリッツ
  • 得意技/モンキック
  • 装備/強化サルスーツ
  • 勢力/アンノウン

亜種・関連種・その他[編集]

  • もんざえモン
  • ボルケーモン
  • スカモン
  • メタルエテモン
  • キングエテモン

登場人物としてのエテモン[編集]

エテモンキー
漫画『デジモンアドベンチャーVテイマー01』に登場した個体。頭部がリーゼントのようになっており黒革のジャケットを着込み、マイクスタンドを得物にしている。初期はデーモン軍のNO.2であり、デーモンの配下として100%コンビを監視していたが、次々とVテイマータグを奪われ、新たに軍門に下ったネオに抹殺される。デーモン軍に在籍した理由は、人間界への扉を開いてこどもと一緒に遊びたかった為で、実は100%コンビを倒すつもりがなかった。タグを奪われ続けたのもそのためである。

デジモンアドベンチャー[編集]

声優は増谷康紀。作品中での第2ボス。サーバー大陸で黒いケーブルのネットワークを展開し、ティラノモンモノクロモンガジモンなどを操っていた。オカマ口調で喋り、一人称は「アチキ」。ノリがよく騒がしい性格だが、傲慢かつ傍若無人な暴君で、部下からの信頼は薄い。しかしそれを引いて余り有るほどの戦闘能力を持っており、その強さは成熟期デジモンでは数体掛かりでも勝負にならず、同じ完全体デジモンであるナノモンさえたやすく倒すほど。ナノモンが自力で突破できなかった封印も一撃で砕くことができる。さらに必殺技・ラブセレナーデはデジモンの力を抜けさせる歌声で、パートナーデジモン達の進化を差し戻す効果があった。一度倒したナノモンを殺すことなくダークネットワークの管理に利用したり、子供たちの行動からナノモンの逃亡先を悟るなど、知恵が回る面もある。
しかしスカルグレイモン(太一の間違った勇気による暗黒進化)の暴走によるダークネットワークの破損や、密かに自己修復していたナノモンの暗躍もあり、子供たちを逃がし続ける。最終的に相討ちを狙うナノモンによりダークネットワークの中枢に取り込まれかけたが、逆にそれと一体化し(ゲームではエテモンカオスと呼ばれる)、空間さえ歪めるパワーで子供達に襲い掛かった。だが、太一の正しい勇気と紋章の力で超進化を遂げたメタルグレイモンに圧倒され聖なる力を纏ったギガデストロイヤーの一撃により敗北し、次元の歪みに飲み込まれ暗黒の世界へと送られる(同時に飲み込まれた太一とメタルグレイモンは現実世界に飛ばされた)。
かくして死亡したかに見えたが、その暗黒の世界で自らの破壊と再生を繰り返した結果、終盤にて究極体メタルエテモンへと進化を遂げてデジタルワールドへと飛来して戻って来た。全身をクロンデジゾイドメタルでフルコーティングされた肉体は同じ究極体であるピノッキモンのブリットハンマーをたやすく跳ね返し、サーベルレオモンを圧倒する戦闘力を持つ。
選ばれし子供たちへの復讐のため猛追を掛け、ピノッキモンと小競り合いを起こしたのちにサーベルレオモンにも致命傷を与えたが、慢心からズドモンのトールハンマー(同じクロンデジゾイド製であった)を受けてコーティングが破壊され、その傷をサーベルレオモンに撃ち抜かれて敗北する。

楽曲[編集]

ラブセレナーデ(エテモンのテーマ)
「デジモンアドベンチャー 好敵手キャラソングファイル」に収録されている。作曲・有澤孝紀、作詞・鈴木浩之

デジモンクロスウォーズ[編集]

バクラ軍の兵隊。シノビゾーンでシュリモンの部下として複数登場。初めは崖から落ちたゼンジロウを助けたりと、良い奴の振りをしていたが、アカリとネネがコードクラウンを手に入れた直後に本性を現した。被り物の下に忍び装束を着ていた。バリスタモンとバステモンのデジクロス体の攻撃で岩が頭に当たり、その隙にシャウトモンに倒された。今作では、サングラスの下の目や、被り物を脱ぐシーンが見られる。

デジモンワールド デジタルカードバトル[編集]

フーガモンと共にファクトリアルタウンのファクトリーでカードを偽造し売りさばいていた。主人公とのバトルに負けてからは、とある2枚のカードを最後に偽造はやめさせられた。のちにファクトリーでトイレットペーパーの製造にも協力している。アニメ版と同じくオカマ口調で喋り、「悪の花道」というデックを使用する。