グレイモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グレイモンはデジタルモンスターシリーズに登場する架空の生命体・デジタルモンスターの一種。

概要[編集]

初代デジタルモンスターシリーズVer.1から登場。その他、ペンデュラム5、同ZERO、プログレス1.0、アクセル、ミニなど登場作は多い。「○○グレイモン」と名のつく亜種・関連種が大量に存在する。

頭部が茶色く硬質化し兜のようになった恐竜型デジモン。鼻先に一本、こめかみに左右合計二本生えている特徴的な形状の角は、個体によってある程度シルエットは変わっているが多くの進化系・関連種に受け継がれている。

名前の由来は一般的には英単語「great」から。また、設定上は恐竜型だが具体的にどの恐竜をモデルにしているのかは不明である。

種族としてのグレイモン[編集]

基本データ[編集]

  • 世代/成熟期
  • タイプ/恐竜型
  • 属性/ワクチン
  • 必殺技/メガフレイム
  • 得意技/グレートアントラー、グレイトゥース、ファイアウォール、ホーンインパルス
  • 勢力/ネイチャースピリッツ・ウイルスバスターズ・メタルエンパイア

必殺技は口から吐き出す火炎弾「メガフレイム」。

クロスウォーズ版登場後は区別のため「グレイモンL(レジェンド)」の別名がつけられている。

ウイルス種[編集]

硬質化した部分が黒くなり体の色がVer.1のメタルグレイモンのように青くなったウイルス種版グレイモン。作品によって防具を装着してる個体がいる。

X抗体版[編集]

  • 必殺技/メガバースト

角の数が増え、腹部がやや白くなるなど外見上の変化がある。デザインはNaoyaによるもの。必殺技「メガバースト」は、メガフレイムを口内で極限まで威力を高めて放つ技である。

クロスウォーズ版[編集]

  • 世代/なし
  • タイプ/恐竜型
  • 属性/なし
  • 必殺技/メガフレイム
  • 得意技/ブラスターテイル、ホーンストライク

クロスウォーズ初登場の他のデジモンと同様に世代が設定されておらず、体色はウイルス種のグレイモンよりも濃い青で従来のグレイモンとはデザインが微妙に変わっており、頭部の装甲がより金属質に、体型も直立姿勢からティラノサウルスのような前傾姿勢となり、尻尾には刃が装備されている。性格は非常に凶暴で、同族であっても敵対する相手を倒すまで攻撃の手を緩めないほどの残忍性を持つ。

亜種・関連種・その他[編集]

いくつかのデジモンの設定には『グレイモン系』という語が登場している。グレイモンの初登場作である初代携帯機版にも既にメタルグレイモンが登場しておりその他『○○グレイモン』という名前のデジモンは多い。

登場人物としてのグレイモン[編集]

  • デジモンアドベンチャーVテイマー01
    • 第一話に登場し、ゼロと対戦した。
    • ホーリーエンジェル城のアグモンの一匹が進化。ケンタルモンメラモンとともに行動していた。
  • デジモンネクスト-主人公ツルギのパートナー。ナイト&ペックモンのコンビに敗れアグモンへと退化した。
  • デジモンアドベンチャー-太一のパートナーのアグモンの成熟期。エテモンに操られて太一のパートナー・アグモンと対戦した個体があり、同族対決(タケルは偽者と呼んでいた)となった。太一に無理矢理食事され満足に動けない太一のグレイモンを追いつめるが、太一の間違った勇気で暗黒進化したスカルグレイモンの必殺技グラウンド・ゼロを受け消滅する。
  • デジモンクロスウォーズ-主人公・工藤タイキのライバル・蒼沼キリハの使役するブルーフレア所属のデジモンの一体として登場。