ルーチェモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ルーチェモンデジタルモンスターシリーズに登場する架空の生命体・デジタルモンスターの一種。

概要[編集]

デジタルモンスターカードゲーム』(Bo.13)で初登場。名前の由来はluce(イタリア語で「」の意)。

種族としてのルーチェモン[編集]

生まれながらにして12枚のと4つのホーリーリングを持つ、人間の子供のような姿をした天使型デジモン。世代は成長期だが、究極体に匹敵する戦闘力を持っている。古代のデジタルワールドにおいてデジモン達が戦いを始めた際に降臨し、平和をもたらしたとされる。「デジモンの」から生まれたとも言われ、自らの持つ力の側面を分け与えた三大天使(セラフィモンオファニモンケルビモン)を頂点とした「神々の軍団」を作り上げた至高の天使だった。しかしその後一転して、デジタルワールドに災いをもたらす強大な悪となり、世界は暗黒の時代を迎えたと言われ、その後十闘士によりデジタルワールド最下層部に封印されたと伝えられる。

基本データ[編集]

  • 世代/成長期
  • タイプ/天使型
  • 属性/ワクチン
  • 必殺技/グランドクロス
  • 通常技/ディバイン・フィート

必殺技の『グランドクロス』はセラフィモンの『セブンヘブンズ』を凌駕する威力を誇る。

ルーチェモン フォールダウンモード[編集]

右半身に6枚の天使の翼(首近くの一枚だけ黒く染まっている)を、左半身に6枚の悪魔の翼を備え、の双方の力を併せ持つ魔王型の完全体デジモン。七大魔王の一人であり、七つの大罪傲慢を司る。七大魔王の中で唯一の完全体だが、同時に七大魔王の中でも最強の存在でもある。天使としての慈愛の心と悪魔としての邪悪な心を併せ持っており、デジタルワールドの全てを滅ぼした後、新たな世界を創造しようと目論んでいる。

  • 世代/完全体
  • タイプ/魔王型
  • 属性/ウィルス
  • 必殺技/パラダイスロスト、デッド・オア・アライブ
  • 所属/七大魔王

必殺技の『パラダイスロスト』は、『デジモンフロンティア』ではラッシュの後に相手を蹴り上げ、その後キン肉ドライバーの様に相手を地面に叩きつける肉体系の技だったが、『デジモンセイバーズ アナザーミッション』では異なっている。

ルーチェモン サタンモード[編集]

ルーチェモンの最終形態。ヨハネの黙示録に登場する、の姿をしており、頭上には七つの大罪、手には全ての攻撃を無効化する『ゲヘナ地獄)』を持つ。ルーチェモンがこの姿を現した時にデジタルワールドは滅び去ると言われている。

  • 世代/究極体
  • タイプ/魔神型
  • 属性/ウィルス
  • 必殺技/パーガトリアルフレイム、ディバインアトーンメント

ルーチェモン ラルバ[編集]

ルーチェモン サタンモードの持つ球体『ゲヘナ』の中に潜む、昆虫のような姿のサタンモードの本体。『~モン』の後に続く名前を持つデジモンの中でも珍しく『○○モード』の文字が入らない。

  • タイプ/魔神型
  • 属性/ウィルス

ルーチェモン(X)[編集]

ルーチェモンがX進化を遂げた形態。魔王でありながら黄金の翼を持つ完全な天使のような神々しい姿となり、知性も能力も以前のものを遥かに超えた神をも凌駕する領域に達し、ありとあらゆるものを意のままにできる破壊も創造の化身へと昇華している。

  • 世代/完全体
  • タイプ/魔王型
  • 属性/ウィルス
  • 必殺技/パラダイスロスト、パーガトリアルフレイム、セブンス・ディバイン・クルス
  • 所属/七大魔王

亜種・関連種・その他[編集]

  • セラフィモン
  • ケルビモン
  • オファニモン
  • エンシェントグレイモン
  • エンシェントガルルモン
  • エンシェントメガテリウモン
  • エンシェントイリスモン
  • エンシェントビートモン
  • エンシェントスフィンクモン
  • エンシェントボルケーモン
  • エンシェントマーメイモン
  • エンシェントトロイアモン
  • エンシェントワイズモン

登場人物としてのルーチェモン[編集]

デジモンフロンティア[編集]

本作のラストボス。デジタルワールドを巡り、拓也たちと戦う。しかし、終盤まで自ら手を出さず手下のロイヤルナイツデュナスモンロードナイトモン)を使いデジコードを集めさせていた。
復活後、拓也達に敗れたデュナスモンとロードナイトモンのデータをロードし、フォールダウンモードに進化してカイゼルグレイモン(拓也)とマグナガルルモン(輝二)を圧倒し、『デッド・オア・アライブ』から身を挺して仲間達を庇ったレーベモン(輝一)を葬り去るが、それを期に進化したスサノオモンによって倒され、自らを構成していたデータのうち聖なるデータをスキャンされる。
その後、スキャンされず残った邪悪なデータがサタンモードに進化するが、再びスサノオモンの前に敗れ、本体であるラルバもスサノオモンから分離した十闘士一人に斬られて完全に消滅した。

PS2専用ソフト「デジモンセイバーズ アナザーミッション」[編集]

  • 声優は関俊彦。七大魔王の一人として大たちの前に立ちふさがる。

デジモンクロスウォーズ[編集]

  • 15話から17話にかけて登場。声優は松野太紀。バグラ帝国軍幹部・三元士のリリスモンの部下という設定。
ヘブンゾーンのコードクラウンを入手すべく、心優しいデジモンを装って天使の姿の初期形態でヘブンゾーンに侵入し、大統領となる。その直後に正体を現しフォールダウンモードとなり、バグラ軍に付いたネネと共にヘブンゾーンのコードクラウンと封印された闇の神殿を解き放つ。
そして、シャウトモンX4Bと戦い敗れるも、ネネがクロスローダーに取り込もうとしていた神殿の闇の力を横取りし、自らの強化を図るが、それを制御できず、闇に呑まれサタンモードと化し暴走。ゲヘナの中にネネを捕らえ、ゾーンの闇の力やデータを無差別に吸収していくが、最終的にはスパロウモンがゲヘナの中からネネを救い出し、自身もシャウトモンX5に倒される。

ニンテンドー3DS専用ソフト「デジモンワールドRe:Digitize Decode」[編集]

  • 本作のラストボス。元は天界の住人だったが、バルバモンに捕らえられ拷問を受けたことによる痛み・憎しみからフォールダウンモードへ堕天。
さらにバルバモンは七大魔王の力を使ってサタンモードへ変化させようと目論むが、デーモンに出し抜かれ失敗し、フォールダウンモードのまま戦闘になる。
一度は主人公とタイタモンの前に敗れるも、七大魔王の力を得たデーモンを吸収することでサタンモードが完成。タイタモンを殺害し、世界を滅ぼさんと襲い掛かってくる。主人公に敗れた後は憎しみから解放されて元の姿に戻り、天界へと帰っていった。