レナモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レナモンバンダイのモンスター育成玩具『デジタルモンスター』シリーズに登場する架空の生命体・デジタルモンスターの一種。アニメデジモンテイマーズ』にて牧野留姫のパートナーデジモンとして登場。

概要[編集]

デジモンテイマーズから登場するキツネをモチーフにしたデジモン。ほとんどが2頭身である成長期の中で、目測にして5頭身以上ある。腕の防具には太極図が刻まれている。

種族としてのレナモン[編集]

常に冷静沈着な獣人型デジモン。他の成長期に比べ立派な体躯を持つ。テイマーとなる人間との関係がストレートに現れるといわれるデジモンで、幼年期の頃の育て方によってはさらに知能が高いレナモンに進化できるとされる。あらゆる状況下でも冷静さを失わず、細身かつ長身の姿は他の成長期デジモンと比べても抜きん出ており、パワーよりもスピードを利用した多彩な技で敵を翻弄する。

X抗体を取り込んだ形態においては成長期でありながら妖術の道に精通し、身体から溢れ出る妖気をオーラのように身に纏うようになった。高まった力は2本に増えた大きな尾と全身に浮き出た赤い紋様として現れており、使用する術にも磨きがかかっている。

基本データ[編集]

亜種・関連種・その他[編集]

  • レレモン
  • ポコモン
  • キュウビモン
  • タオモン
  • サクヤモン
  • ヨウコモン
  • ドウモン
  • クズハモン

登場人物としてのレナモン[編集]

デジモンテイマーズ[編集]

ルキのパートナー。中性的な身なりであり、本当の性別については本人曰く「本来、デジモンには性別は存在しない」とのこと。留姫の母は女性として扱った。声優は今井由香
当初は人間がデジモンに与える力を欲するためだけに、ルキのパートナーとなり、リアライズするデジモン達を片っ端からロードしていった。しかし、タカトやギルモンと出会い、テイマーがもたらすカードスラッシュ以上の力を知ることになる。
ルキとは度々すれ違いが生じながらも、最終的には強い信頼関係を築いていった。中性的な性格をしており至って沈着冷静で、屈託の無いギルモンやテリアモンと比べると、大人びて落ち着いた面が際立っている。小学生であるルキの歳相応の振る舞いや疑問に対しては、保護者ともとれるような態度で接している。
とある理由でパートナーと決別し孤独になっていたインプモンの事を心配しており、彼がベルゼブモンに進化して自分達の命を狙ってきた際にも、完全に敵意を抱こうとはしなかった。
作品中に一度だけだが、留姫に渡された栄養ドリンクを一気飲みし、「おっしゃっ!」とどこか男っぽいことも言っている。
種族としての能力によって、ギルモンやテリアモン等と違って隠れたりぬいぐるみの振りをしたりする苦労をせずにリアルワールドにとけ込んでいた。ワンダースワン用ゲームソフトではテイマーである留姫に化けてみせるなどの変身能力を見せていた。
進化を主力とする以前は「ヘヴィメタル」や「スナイモン」など腕が武器となるカードをスラッシュすることで戦力を増強するという戦法をとっていた。
  • レナモン⇔キュウビモン⇔タオモン
  • レナモン→サクヤモン

エピソード[編集]

  • 第6話-キュウビモンに初進化。
  • 第18話-タオモンに初進化。
  • 第39話-サクヤモンに初進化。

楽曲[編集]

  • いっしょがいいね
  • Flaming ice
  • Last Piece
  • My Tomorrow

デジモンセイバーズ アナザーミッション[編集]

声優は千葉進歩。オリジナルキャラクター神楽由麻のパートナーデジモンとして登場。

脚注[編集]