レオモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

レオモンデジタルモンスターシリーズに登場する架空の生命体・デジタルモンスターの一種。

概要[編集]

レオモンはVer.4から登場。ライオンの獣人をイメージしたデジモン。関連種に「パンジャモン」や「ライアモン」がいる。デジタルカードバトルでは3DCGのオープニングムービーでグレイモンと対決している。

アニメでの扱い[編集]

アニメに登場する「レオモン」と名の付くデジモンはその全てが死亡している。

無印テイマーズではレオモンが死亡し、フロンティアでは輝一が進化したカイザーレオモンが死亡している(カイザーレオモンは輝一がスピリット進化した姿であり、厳密に言えば精神体としての輝一が死亡したと言える。後に人型であるレーベモンは最終回で実体化し、決戦後に輝一も意識を取り戻した)。また、名こそ違うが、同じくフロンティアで敵として登場したパンジャモンもレオモン系統であり、デジモンに進化した拓也に倒されている。

ゼヴォリューションでのレオモンは開始約3分で死亡。セイバーズでもサーベルレオモン(劇中では、ギズモンに倒されたデジモンがデジタマ化しない事が明確に描写された最初のデジモンである)とバンチョーレオモン(融合していた英は助かるが、バンチョーレオモンについては全く言及されなかった)が死亡。更にクロスウォーズでは、悪役として登場したマッドレオモンがシャウトモンX3に倒され、レオモンと良く似た姿のアポロモンもシャウトモンX7に倒され死亡する(マッドレオモンとしては死んだが、その後レオモンとして復活している)。

アニメにおいて、レオモンのように登場すれば必ず何処かで死亡するようなデジモンは、他に存在しない。

種族としてのレオモン[編集]

己の心身を鍛え上げ、日々凶悪なデジモンに立ち向かう正義の獣人型デジモン。

基本データ
  • 世代/成熟期
  • タイプ/獣人型
  • 属性/ワクチン
  • 必殺技/獣王拳、百獣拳
  • 得意技/破砕蹴り
  • 装備/獅子王丸
  • 勢力/ネイチャースピリッツ
X抗体版
  • 装備/獣牙丸
亜種・関連種・その他
ライバル。
  • スターモン
  • ガルダモン
盟友。
  • パンジャモン
白色亜種。完全体。
  • レグルモン
  • サーベルレオモン
祖先或いは獣化形態と言われている。
  • ディノタイガモン
  • レオルモン
  • ライアモン
  • ローダーレオモン
  • バンチョーレオモン
  • グラップレオモン
  • カイザーレオモン
  • マッドレオモン

登場人物としてのレオモン[編集]

レオ

デジモンアドベンチャーVテイマー01に登場した個体。ホーリーエンジェル城の戦闘隊長。幼いデジモン達を守り鍛えていた。ゼロとの直接的な戦闘は無かったが、完全体時に究極体のボルトモンを討ち、ヴェノムヴァンデモンと互角以上にやり合う等実力は確か。

デジモンアドベンチャー

声は平田広明。ファイル島に起きた異変に気づきムゲンマウンテンの調査に赴くが、デビモンの暗黒の力に操られ選ばれし子供達を襲う。一度太一のデジヴァイスの力で洗脳から解放されたが、直後またも操られ、その後再び子供達を襲う。分断したファイル島で光子郎とミミを襲ってケンタルモンと戦うが、デジヴァイスの光によって撃退される。次にタケルを襲った時には黒い歯車を身体に複数取り込み身体が大きくなり、体色も変化するが、再びデジヴァイスの光によって解放され、子供達に協力しデビモンと決戦を挑む。後に一時的に究極体サーベルレオモンにワープ進化できるようになって再登場、ミミ、丈、そしてオーガモンと再会してメタルエテモン相手に共闘するが、ミミを庇って致命傷を負う。直後にメタルエテモンの装甲にズドモンがひびを入れ、その傷口にネイルクラッシャーを打ち込むことでメタルエテモンを討ち取ったが、自身も助からず、号泣するオーガモンと来世での再会を約束して死亡した。尚、小説版ではメタルシードラモンに殺される。

デジモンテイマーズ

声は平田広明。第21話から登場、十二神将(デーヴァ)の子・クンビラモンを倒す。加藤樹莉のパートナーとなるが、第34話にてベルゼブモンに殺されロードされる。

DIGITAL MONSTER X-evolution

声は平田広明。Xプログラムに感染し、X抗体を持つドルモンを狙うが、自らの命がもう長くは無いと悟り、ドルモンに言葉を遺して開始約3分で死亡した。

デジモンクロスウォーズ

主人公・工藤タイキのチーム・クロスハートに敗れた凶悪なデジモンのマッドレオモンが、全てのコードクラウンの所有者が決まった後、レオモンへと転生した。