デュークモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デュークモン

  1. デジタルモンスターシリーズに登場する架空の生命体・デジタルモンスターの一種。
  2. テレビアニメ・『デジモンテイマーズ』に登場した主人公・松田啓人のパートナーデジモン、ギルモンの究極体デジモン。また、『DIGITAL MONSTER X-evolution』及び『デジモンセイバーズ』においてはロイヤルナイツに所属するデジモンとして登場した。

概要[編集]

携帯ゲーム機のディーアークに初登場。同時期に放映されていたテレビアニメ『デジモンテイマーズ』のギルモンの究極体としても活躍した。兜はギルモンの頭部をベースにしたデザインになっている。

名前の由来は「デューク」。ギリシア神話由来の盾(イージス)、北欧神話由来の槍(グラム)と乗騎(グラニ)、聖書由来の必殺技名(クォ・ヴァディス)を持ち設定上円卓の騎士に相当するロイヤルナイツに所属しているという文化的・宗教的に複雑な背景を持っている。

デジモンの映像化作品(織田優成が演じたデジモンストーリー サイバースルゥースを除く)においては、三作品全てにおいて野沢雅子が演じている。元々は従来のシリーズと違ったキャスティングを行っていた『デジモンセイバーズ』において過去作で同種デジモン役で抜擢されたことがある野沢が抜擢されたことは異例であった。なお、『デジモンテイマーズ』以降の全アニメシリーズで皆勤賞である。

なお、数多くのデジモンのデザインイラストレーションを手掛けたイラストレーターAs'まりあオメガモンとデュークモンを「ロイヤルナイツの両翼」と位置づけている[1]

種族としてのデュークモン[編集]

ウイルス種でありながらも聖騎士軍団ロイヤルナイツに所属する究極体デジモン。ウイルス種の持つ破壊の力を、秩序の維持へと使用する異端な存在である。ただしバランスが崩れれば、一転して世界をも揺るがす混沌の存在へと変貌する危険性を併せ持ち、鎧には危険の象徴「デジタルハザード」のマークが刻まれている。

基本データ[編集]

  • 世代/究極体
  • タイプ/聖騎士型
  • 属性/ウイルス[2]
  • 必殺技/ファイナル・エリシオン
  • 通常技/ロイヤルセーバー、スクリューセーバー、セーバーショット
  • 装備/聖グラム、聖イージス
  • 所属/ロイヤルナイツ

必殺技は、聖盾イージスから巨大なエネルギーを発射する『ファイナル・エリシオン』。

騎乗タイプ[編集]

『デジモンテイマーズ』などに登場する、人工デジタル生命体『ZERO-ARMS:グラニ』に搭乗したバージョン。

  • 世代/究極体
  • タイプ/聖騎士型
  • 属性/ウイルス
  • 必殺技/ドラゴンドライバー
  • 通常技/ユゴス
  • 装備/聖槍グラム、聖盾イージス
  • 所属/ウィンドガーディアンズ

必殺技は、凄まじいスピードで突撃攻撃をしかける『ドラゴンドライバー』。

デュークモン クリムゾンモード[編集]

紅蓮色に輝く鎧に身を包んだ、デュークモンの隠された姿。「ZERO-ARMS:グラニ」とデュークモンの融合した姿ともされる。パワーを全開放しているため、鎧部分が熱を持ち紅蓮色に染まっている[3]。そのため、クリムゾンモードを長時間維持することは出来ない。胸部には「デジタルハザード」を封印したデジコア(電脳核)があり、体内のパワーを全放出すると背部から5対の光輝く天使のような羽状のエネルギー照射を確認できる。実体を持たないエネルギー状の武器、光の神槍「グングニル」と光の神ブルトガング」を装備する。

  • 世代/究極体
  • タイプ/聖騎士型
  • 属性/ウイルス[2]、ワクチン(カードゲーム版・Bo-1123のみ)
  • 必殺技/無敵剣インビンシブルソードクォ・ヴァディス
  • 装備/神槍グングニル、神剣ブルトガング
  • 所属/ウイルスバスターズ、メタルエンパイア

必殺技は神剣「ブルトガング」で敵を切り裂く『無敵剣インビンシブルソード』と、神槍「グングニル」を全力で投擲し、敵を電子分解し異次元の彼方に葬り去る『クォ・ヴァディス』。

X抗体版[編集]

外見はやや刺々しくなり、鎧から「デジタルハザード」のマークが消えている。また聖槍グラムはエネルギー状へと変化している。

  • 世代/究極体
  • タイプ/聖騎士型
  • 属性/ウイルス、ワクチン(カードゲーム・Bx-136のみ)
  • 必殺技/ファイナル・エリシオン、ジークセーバー、ロイヤルセーバー
  • 装備/聖槍グラム、聖盾イージス
  • 所属/ロイヤルナイツ

ロイヤルセーバーは『X-evolution』に登場した際はグラムのリーチを自在に伸張させる補助的な技として使われていた。

カオスデュークモン[編集]

ディーアーク』で初登場。暗黒進化によりウイルスの本能に目覚めたデュークモンのもう一つの姿。体の色は灰色と蒼に変わり、心は完全に闇に染まっている。クロンデジゾイド製の魔の鎧で身を包み、右手に魔槍「バルムンク」、左手に魔盾「ゴーゴン」を装備する。デジタルハザードそのものとも言われており、また、四大竜の一角、メギドラモンと同一の存在との説がある。

  • 世代/究極体
  • タイプ/暗黒騎士型
  • 属性/ウイルス
  • 必殺技/ジュデッカプリズン、デモンズディザスター
  • 装備/魔槍バルムンク、魔盾ゴーゴン
  • 所属/ナイトメアソルジャーズ

必殺技は右腕の魔槍バルムンクによる強力な連打攻撃『デモンズディザスター』と、左腕の魔盾ゴーゴンから全てを腐食させる暗黒波動を放つ『ジュデッカプリズン』。

亜種・関連種・その他[編集]

メディーバルデュークモン
別次元のデジタルワールド、ウィッチェルニーに存在するというデュークモン。
メギドラモン
上記のカオスデュークモンと同一の存在との説がある。
カオスデュークモンコア(CデュークモンC)
クロノコアに侵食され、変化したカオスデュークモン。

登場人物としてのデュークモン[編集]

声の出演のあった『テイマーズ』・『X-evolution』・『セイバーズ』の3作ではいずれも野沢雅子が声優を担当している。

デジモンテイマーズ[編集]

デジモンフロンティア[編集]

17話にてアキバマーケットの武器屋の店主としてワンシーンのみ登場、泉にトーカンモンたちの足取りを聞かれるが知らなかったようであり首を横に振った。なお、本作には勢力としてロイヤルナイツが登場するが彼が関係していたのかは不明[4]

デジモンクロニクル[編集]

ロイヤルナイツの一員。イグドラシルの指令により過去世界に舞い降り、X進化したデジモンの駆逐を任せられていた。しかし、ある意味強い「進化論者」であり、X抗体を獲得したデジモン達がたとえ主の意にそぐわない異分子であったとしても、試練に打ち勝ち生き延びるのならば「正当な進化の姿」として認めるつもりであった。Ⅹ進化の経緯は不明。

DIGITAL MONSTER X-evolution|X-evolution[編集]

基本的な設定・思考はクロニクルと変わらないが、主であるイグドラシルの真意を早い段階から探っている。オメガモンとは盟友であり、彼にわざと倒され一度データの海に還るも後にX進化を果たして帰還する。ドルグレモンにイグドラシルへの道を切り開きつつ、無数のデクスドルグレモンと戦い続けた。

デジモンセイバーズ[編集]

ロイヤルナイツの一員。人間界の消滅を決定したイグドラシルの命令で人間界に舞い降りて大規模な破壊活動を展開した。その後同じくロイヤルナイツの一員でありながら人間側についたスレイプモン(=クダモン)と対決。スレイプモンは既に満身創痍の状態だったが、デュークモンを自分の身体ごと凍り付かせ海中へと沈み込ませた。終盤になってイグドラシルが破壊されると、神に対する盲目的な忠誠を捨て、人間界とデジタルワールドの両方を救おうとする大たちに加勢した。

脚注[編集]

  1. ^ D-Arts“共演” デュークモン×オメガモン/渡辺けんじ×As'まりあ | 魂ウェブ - 2015年12月28日閲覧
  2. ^ a b デジモンテイマーズ公式サイトでは「ワクチン種」となっているが誤記である。ただし、クリムゾンモードにはカードゲーム・Bo-1123に、X抗体版にはBx-136にそれぞれワクチン種バージョンが存在する。
  3. ^ 名前の由来はCrimson:紅蓮、深紅から。
  4. ^ 後に45話にロイヤルナイツのデュナスモンロードナイトモンが同じアキバマーケットを襲撃したときを含め、これ以降デュークモンは登場しなかった。