あしずり (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あしずり
土佐くろしお鉄道所属の2700系で運行の「あしずり」(2021年12月)
土佐くろしお鉄道所属の2700系で運行の「あしずり」(2021年12月)
概要
日本の旗 日本
種類 特別急行列車
現況 運行中
地域 高知県
前身 急行「あしずり」
特急「南風」
運行開始 1990年11月21日
運営者 四国旅客鉄道(JR四国)
土佐くろしお鉄道
路線
起点 高知駅
終点 中村駅宿毛駅
営業距離 115.1 km(高知 - 中村間)
138.7 km(高知 - 宿毛間)
運行間隔 8.5往復
列車番号 2070D+号数
使用路線 JR四国:土讃線
土佐くろしお鉄道:中村線宿毛線
車内サービス
クラス グリーン車普通車
身障者対応 なし(2000系)
2号車または3号車(2700系)
座席 グリーン車指定席:1号車(半室)
普通車指定席:1号車(半室、土曜・休日2号は除く)
普通車自由席:1 - 3号車(1号車半室、土曜・休日2号は1号車除く)
技術
車両 2000系気動車(JR四国高知運転所
2700系気動車
(JR四国高松運転所・高知運転所、土佐くろしお鉄道中村車両基地
N2000系(JR四国松山運転所 N2000系での運用は繁忙期のみ)
軌間 1,067 mm
電化 非電化
最高速度 最高120 km/h (75 mph)
テンプレートを表示

あしずりは、四国旅客鉄道(JR四国)および土佐くろしお鉄道が、高知駅 - 中村駅宿毛駅間を土讃線中村線宿毛線経由で運行している特急列車である。

概要[編集]

高知県内の主要都市を結ぶ優等列車として、高松駅 - 須崎駅間の準急「土佐」1号・3号の運転区間が窪川駅まで延長されたのを機に「足摺」として1961年4月に運転を開始した。

1968年10月には高知駅以西を急行で走る「南風」「足摺」は統合されて「あしずり」に改称されて7往復運転され、1972年3月に特急「南風」が運転開始されて以降は土讃本線の優等列車として共存していたが、国鉄末期になると利用客が減少し、「南風」に統合されるなどして3往復にまで運転本数が減らされた。1988年3月に瀬戸大橋線が開業したのにあわせて四国内の特急列車の整備が行われたが、「あしずり」は急行列車のまま残された。

しかし、1990年に2000系気動車が「南風」に投入されたことにより車両運用に余裕ができたため、同年11月に「あしずり」は特急列車化された。

列車名は高知県土佐清水市にある足摺岬から採られている。この名前は一般公募によって決められたもので、128票で公募1位であった(以下、2位「竜馬」3位「よさこい」4位「黒潮」となっていた)[1]

複数の都道府県を跨いで走らない列車であり、運行区間全てが高知県内で完結する。

運行概況[編集]

2022年3月12日現在の編成図[2]
あしずり
← 宿毛・中村
高知 →
2・15号除く全列車
1 2
(自)
2・15号
1 2 3
G (自)
  • 全車禁煙
  • 平日の2号は普通車全車自由席。
  • 下り3・9・15号、上り2・8・12・18号は2700系で
    運転し、その他の列車は2000系で運転。
  • 編成および座席種別は変更する場合がある。
凡例
G=グリーン車座席指定席
指=普通車座席指定席
自=普通車自由席
()=バリアフリー対応設備設置車
(2700系のみ・2000系なし)

2022年3月12日現在、高知駅 - 中村駅間に7往復、高知駅 - 宿毛駅間に下り1本・上り2本の計8.5往復が運転されている[3]。高知駅で岡山・高松方面の特急「南風」・「しまんと」と接続しており、各列車は基本的に高知駅の同一ホームで乗り換えとなる。

特急に格上げされてからは「南風」・「しまんと」を高知駅で系統分離した色合いが強く、運行本数が上下で違っていたり、運行本数が大きく変わったりしている。使用車両が2000系気動車になってからは、高知運転所からの送り込み列車の色合いが強くなり、上りは大抵の場合「南風」・「しまんと」として高松駅・岡山駅に直通するため、下り5本、上り1本になったり、下り5本のみの時期もあったが、2003年 - 2011年までは臨時も含めて上り列車の運行はなく、定期運行は下りの「あしずり1号」1本のみ設定されていた[注釈 1]。2011年3月には10年ぶりとなる上り列車が「あしずり2号」として復活し、その後「南風」・「しまんと」が系統分離され、高知駅発着となる列車が増えたため、それに伴って「あしずり」の本数も増加することになった。

2019年9月3日より6・9号に2700系気動車が投入され、運用を開始した。2022年3月12日ダイヤ改正より3.5往復が2700系による運転となっている。[2]

停車駅[編集]

高知駅 - (旭駅) - (朝倉駅) - 伊野駅 - 佐川駅 - (多ノ郷駅) - 須崎駅 - 土佐久礼駅 - 窪川駅 - 土佐佐賀駅 - (土佐上川口駅) - 土佐入野駅 - (古津賀駅) - 中村駅 - 平田駅 - 宿毛駅

  • ( )は一部列車のみ停車。
    • 旭駅・朝倉駅:下り1・5号/上り6・10号のみ通過。
    • 多ノ郷駅:下り9・11・13・15号/上り2・4号のみ停車。
    • 土佐上川口駅:下り5号/上り8・14号のみ停車。
    • 古津賀駅:上り16号のみ停車。
  • 停車駅の詳細は以下の表を参照(2020年3月現在)。
    • :全列車停車
    • :一部列車のみ直通(全列車停車)
    • :大部分停車、一部の列車が通過。
    • :上りのみ停車、下りは通過。
    • :大部分通過、一部の列車が停車。
    • -:通過
運行時間帯\駅名 高知駅 旭駅 朝倉駅 伊野駅 佐川駅 多ノ郷駅 須崎駅 土佐久礼駅 窪川駅 土佐佐賀駅 土佐上川口駅 土佐入野駅 古津賀駅 中村駅 平田駅 宿毛駅 備考
上り2本/下り1本 上りの日中半数、下り初便。
上りのうち1本のみ宿毛始発。
上り4本/下り6本 上りの早朝および夕方の半数、下りの大半。
上りの夕方2本、下りの日中2本は多ノ郷通過。上り最終便は古津賀停車。夕方の下り1本は宿毛行。
上り2本/下り1本     上りは日中と夕方に1本ずつ、下りは日中に1本。
旭・朝倉は上りのみ停車。
上り停車本数 8 6 6 8 8 2 8 8 8 8 2 8 1 8 1 1
下り停車本数 8 6 6 8 8 4 8 8 8 8 1 8 0 8 1 1

車両[編集]

高知運転所に所属する2000系気動車5往復と高知運転所・高松運転所および土佐くろしお鉄道中村車両基地に所属する2700系気動車3.5往復が使用されている。また、繁忙期には2700系などの車両不足により、松山運転所からN2000系が数両(最低でも2両)貸出され、通常時では2700系運用の2073D-2082D-2079D-2088DにN2000系が入る場合が多くある

ただし、新型コロナウイルス感染症による乗客減により「しまんと1号」高松〜高知間と「しまんと10号」高知 - 高松間が一時期運休したのに伴い、その期間は高松運転所2700系使用列車が高知運転所2000系(2000+2200+2100)の3両編成に変更されていた。

1993年3月18日まではキハ181系気動車キハ185系気動車も使用されていた。

沿革[編集]

準急「足摺」から急行「あしずり」まで[編集]

JNR DC Exp Ashizuri.jpg
JNR Kiha58 ashizuri SUSAKI.jpg
急行「あしずり」3態 1981年(上) 1985年(中) 1989年(下)
急行「あしずり」3態
1981年(上)
1985年(中)
1989年(下)
  • 1961年昭和36年)4月15日:高松駅 - 窪川駅間を運行する準急列車として「足摺」が運転開始。従来の準急「土佐」1号・3号のダイヤを踏襲。
  • 1963年(昭和38年)
    • 2月1日:「足摺」が1往復増発。
    • 12月18日:中村線窪川駅 - 土佐佐賀駅間が開業し、「足摺」が乗り入れ開始。
  • 1965年(昭和40年)10月1日:「土佐」の1往復が土佐佐賀駅まで運転区間を延長し、「足摺」に編入。
  • 1966年(昭和41年)3月5日:「足摺」が急行列車になる。
  • 1968年(昭和43年)10月1日:ヨンサントオのダイヤ改正により、高松駅 - 窪川駅間急行の名称を「あしずり」に変更し、同時に同じ区間を運行していた「南風」も統合する。また、「土佐」の1往復が土佐佐賀駅まで延長する形で編入し、7往復体制になる。
  • 1970年(昭和45年)10月1日:中村線の土佐佐賀駅 - 中村駅間開業に伴い、「あしずり」2往復が中村駅まで延長。
  • 1972年(昭和47年)3月:「あしずり」の運転区間が中村駅まで延長。
  • 1974年(昭和49年)3月1日:「あしずり」の1往復が、窪川駅で予土線経由宇和島駅まで乗り入れる編成(予土線区間は快速列車)と中村駅発着の編成を分割・併結するようになる。予土線乗り入れ列車の下りは高松 - 宇和島間の先着列車ともなる(予讃線経由の列車に抜かれなかった)。
  • 1975年(昭和50年)3月10日:「あしずり」1往復が「南風」に統合。「あしずり4号」の運転区間が中村駅→高知駅間に変更。これにより「あしずり」は中村駅 - 高松駅間で5往復、中村駅 - 高知駅間で上り1本になる。
  • 1980年(昭和55年)10月1日:「あしずり」1号の始発を土佐山田駅に変更し、土佐山田駅 - 高知駅間は普通列車とする。
  • 1982年(昭和57年)11月15日:「あしずり」の1往復が廃止され、中村駅 - 高松駅間が下り4本/上り5本、中村駅 - 土佐山田駅間が下り1本、中村駅 - 高知駅間が上り1本になる。
  • 1985年(昭和60年)3月14日:「あしずり」の下り1本/上り2本が廃止し、予土線への乗り入れも廃止。
  • 1986年(昭和61年)11月1日:「あしずり」の1往復が「南風」に統合。
  • 1987年(昭和62年)3月23日:「南風」の下り1本が「あしずり」に統合。
  • 1988年(昭和63年)4月1日:JR四国中村線が廃止され、土佐くろしお鉄道に転換。「あしずり」は窪川駅 - 中村駅間が快速列車になる。4月10日には「あしずり」下り2本の高松駅~高知駅間が特急「しまんと」に変更され、「あしずり」の下り列車は4本中3本が高知駅発となった。(上り列車は3本とも高松駅まで運転。)
  • 1989年平成元年)7月22日:「あしずり」「土佐」の1往復が特急「しまんと」に編入。同時に「あしずり」の高松駅乗り入れ終了。

特急「あしずり」[編集]

  • 1990年(平成2年)11月21日:「あしずり」が特急列車になり[5]、高知駅 - 中村駅間を下り2本/上り1本で運転開始。同時にエル特急に指定される。
  • 1991年(平成3年):3往復に増発(キハ181系を使用)。時刻表では「しまんと1・12号」を含めグリーン車連結の3両編成になっていたが、実際は毎日1両の増結が入り3両で運行されたことはなかった。
  • 1993年(平成5年)
    • 3月18日:「あしずり」の全列車が2000系になり、下り2本/上り1本になる。
    • 10月:下り3本/上り2本になる。
  • 1997年(平成9年)10月1日:土佐くろしお鉄道宿毛線開業により、「あしずり」の一部列車が宿毛駅発着になる。
  • 1998年(平成10年)
    • 3月14日:下り4本/上り2本になる。
    • 10月3日:下り4本/上り1本になる。
  • 1999年(平成11年)3月13日:下り5本/上り1本になる。

2000年代の動き[編集]

  • 2001年(平成13年)3月3日:上り列車が廃止され、下り5本のみとなる。
  • 2003年(平成15年)10月1日:宿毛駅への乗り入れを中止し、「あしずり1号」(高知駅→中村駅間)のみの運行となる。
  • 2006年(平成18年)3月18日:この日の改正で号数表示が無くなる。
  • 2008年(平成20年)
  • 2009年(平成21年)3月14日:高知駅 - 須崎駅間の臨時特急「あしずり51号」が設定され、下り2本に。定期列車に再び号数表示される[7]

2010年代の動き[編集]

  • 2010年(平成22年)3月13日:「あしずり51号」が廃止[8]
  • 2011年(平成23年)3月12日:ダイヤ改正により、次のように変更[9]
    • エル特急の呼称を廃止。
    • 2001年以来10年ぶりとなる上り列車「あしずり2号」(中村駅→高知駅)が運転開始。
    • 毎日運転の臨時特急として下り「あしずり51号」(高知駅→宿毛駅)と上り「あしずり54号」(中村駅→高知駅)を設定。これによって宿毛駅乗り入れを再開する。これにより「あしずり1号」は3号に変更。
  • 2012年(平成24年)3月17日:ダイヤ改正により次のように変更[10]
    • 「南風」「しまんと」の中村駅・宿毛駅発着列車を系統分割する形で、「あしずり」を3往復増発。これによって5往復(1往復は毎日運転の臨時)体制となる。また、「あしずり9号」が「アンパンマン列車(オレンジ)」での運転となる。
    • 毎日運転の臨時列車として、早朝に窪川駅始発の「あしずり52号」を設定。
    • 「あしずり54号」を廃止。
  • 2013年(平成25年)3月16日:ダイヤ改正により、1往復(4・7号)が多ノ郷駅に臨時停車するようになる[11]
  • 2014年(平成26年)3月15日:ダイヤ改正により次のように変更[12]
    • 中村駅・宿毛駅発着の「南風」を系統分離し、2.5往復(下り3本/上り2本)を増発。
    • 「あしずり3号」を「しまんと1号」に統合し、廃止。
    • 宿毛駅発着列車の一部を中村駅発着に変更する。
    • 毎日運転の臨時「あしずり」1往復(51・52号)を廃止。
  • 2019年(平成31年・令和元年)
    • 3月16日:ダイヤ改正において、宿毛駅発「あしずり12号」と高知駅で接続の「しまんと10号」が統合され、「あしずり」の宿毛駅発着列車が4号と9号になる[13]
    • 9月3日:「あしずり6号」と「あしずり9号」に2700系気動車を投入[14]

2020年代の動き[編集]

  • 2020年(令和2年)
    • 3月14日:土佐くろしお鉄道中村発の「南風」6号の中村 - 高知間が分離され、「あしずり」2号に変更となった。これにより、2700系気動車で運行の「あしずり」6号が8号に変更となった。「あしずり」15号が多ノ郷駅に新規停車する。また、古津賀駅停車の「あしずり」が14号から16号に変更した[15][16][17]
    • 5月16日新型コロナウイルス感染症による乗客減により、「あしずり」1号・10号が6月12日まで運休、さらに5月16日からは「あしずり」5号・14号も6月12日まで運休[18]
    • 7月2日:下り3号、上り6・12号で2000系アンパンマン列車(オレンジ)によるラストランを実施。
    • 7月18日:下り15号、上り2号が2700系による運転に変更[19]
  • 2021年(令和3年)3月13日:ダイヤ改正により、下り5号・上り14号が2000系から2700系に置き換え、2700系使用列車が合計6本となる[20]
  • 2022年(令和4年)3月12日︰ダイヤ改正により、宿毛発高松行き上り1本の「しまんと10号」を高知止まりとした上で「あしずり18号」に置き換えて8.5往復となる[21][22]

本列車が登場する作品[編集]

  • 「土佐くろしお鉄道殺人事件」(2022年) - 西村京太郎著の小説。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2006年3月18日からは号数表示が無くなり、「あしずり」とのみ表記されていたが、2009年3月14日のダイヤ改正より、毎日運転の臨時特急「あしずり51号」が設定されたことにより復活。2010年に一度「あしずり」51号が廃止されて以降も「あしずり」1号の呼称は残された。

出典[編集]

  1. ^ “「宇和海」「あしずり」新特急の愛称決まる”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (1990年9月8日) 
  2. ^ a b 『JR時刻表』2022年4月号、交通新聞社
  3. ^ “土佐くろしお鉄道 ダイヤ改正(2022年3月12日) - 鉄道コム” (日本語). 鉄道コム. (2021年12月26日). https://www.tetsudo.com/event/35336/ 2022年3月14日閲覧。 
  4. ^ 『時刻表復刻版 1975年 03月号』,JTBパブリッシング(Kindle版、位置No. 173/639)
  5. ^ 「JR年表」 『JR気動車客車編成表 '91年版』ジェー・アール・アール、1991年8月1日、195頁。ISBN 4-88283-112-0 
  6. ^ “平成20年3月ダイヤ改正について” (プレスリリース), 四国旅客鉄道, (2007年12月20日), オリジナルの2007年12月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20071223144803/http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/07-12-20/03.htm 2007年12月23日閲覧。 
  7. ^ “平成21年3月ダイヤ改正について” (プレスリリース), 四国旅客鉄道, (2008年12月19日), オリジナルの2008年12月22日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20081222074358/http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/08-12-19/02.htm 2008年12月22日閲覧。 
  8. ^ “平成22年3月ダイヤ改正について” (プレスリリース), 四国旅客鉄道, (2009年12月18日), オリジナルの2009年12月21日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20091221062549/http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/09-12-18/02.htm 2009年12月21日閲覧。 
  9. ^ “平成23年3月ダイヤ改正について” (プレスリリース), 四国旅客鉄道, (2010年12月17日), オリジナルの2010年12月20日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20101220081856/http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/10-12-17/01.htm 2010年12月20日閲覧。 
  10. ^ “平成24年3月ダイヤ改正について” (プレスリリース), 四国旅客鉄道, (2011年12月16日), オリジナルの2011年12月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20111217162638/http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/11-12-16/01.htm 2011年12月17日閲覧。 
  11. ^ “平成25年3月ダイヤ改正について” (プレスリリース), 四国旅客鉄道, (2012年12月21日), オリジナルの2012年12月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20121224002948/http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/12-12-21/01.htm 2012年12月24日閲覧。 
  12. ^ “平成26年3月ダイヤ改正について” (プレスリリース), 四国旅客鉄道, (2013年12月20日), オリジナルの2013年12月25日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20131225093706/http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/13-12-20/01.htm 2013年12月25日閲覧。 
  13. ^ 平成31年3月ダイヤ改正について”. 2019年4月2日閲覧。
  14. ^ 新型特急気動車「2700 系」の営業運転について”. 四国旅客鉄道. 2019年8月1日閲覧。
  15. ^ 土佐くろしお鉄道からのお知らせ” (日本語). 土佐くろしお鉄道. 2020年3月11日閲覧。
  16. ^ 2020年3月ダイヤ改正について”. JR四国. 2020年3月11日閲覧。
  17. ^ 交通新聞社『JR時刻表』2020年3月号
  18. ^ 新型コロナウイルスの影響による運休等について【特急列車】 :JR四国”. www.jr-shikoku.co.jp. 2020年5月22日閲覧。
  19. ^ 『JR時刻表』2020年7月号
  20. ^ “2021年3月ダイヤ改正について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 四国旅客鉄道, (2020年12月18日), オリジナルの2020年12月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201218125446/https://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2020%2012%2018%2002.pdf 2020年12月21日閲覧。 
  21. ^ 特急「しまんと」上下各1本減便、宿毛発高松行は運転区間短縮など” (日本語). マイナビニュース (2022年1月2日). 2022年3月14日閲覧。
  22. ^ 高知駅での特急列車接続は行わない。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]