高知運転所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高知運転所
Kōchi Untensho 2010 01.jpg
高知運転所。画像一番左の本線の先が布師田駅
基本情報
日本の旗 日本
所在地 高知県高知市布師田
鉄道事業者 四国旅客鉄道
所属略号 四コチ、知
最寄駅 布師田駅
管轄路線 土讃線
旧称 須崎機関庫
高知気動車区
開設 1924年大正13年)3月
配置両数
気動車 71両
合計 71両
備考 2018年平成30年)4月1日現在のデータ
テンプレートを表示

高知運転所(こうちうんてんしょ)は、高知県高知市にある四国旅客鉄道(JR四国)の車両基地である。

概要[編集]

土讃線布師田 - 土佐一宮間に位置する。土讃線の高知県内で使用される気動車が配置されているほか、運転士車掌も所属している。かつては高知駅構内に併設されていたが、同駅の高架化事業に伴い、現在地に移転した。

配置車両[編集]

2018年平成30年)4月1日現在の配置車両は以下のとおり[1]。所属略号は国鉄型車両が「四コチ」(四=JR四国、コチ=高知の電報略号)、機関車・JR型気動車が「」(=高知)である。なお、「高」としないのは、高松運転所との重複を避けるためである。

気動車[編集]

2000系気動車
2000形9両 (2002, 2004,2005, 2007, 2009 - 2010) ・2100形12両 (2102 - 2103、2104, 2109 - 2114, 2118) ・2200形12両 ( 2209 - 2213, 2217, 2219)・2150形2両(2156,2157) の計31両が配置されている(2008, 2218は土佐くろしお鉄道宿毛駅衝突事故により廃車になった)。
2150形のうち2156はLEDとなっていて結構眩しい。
また、土佐くろしお鉄道所有のオレンジアンパンマン列車は、廃車されている。
特急南風」・「しまんと」・「あしずり」で運用される。2150形は、高松運転所からしまんと、あしずりで運転中。
2700系気動車
2700形2両 (2701,2702,2703, 2704,2710,2711)、2750形2両 (2752,2751,2753, 2754,2760?,2761?) 、2800形2両 (2801, 2802,2803,2804,2805) の計6両が配置されている
キハ32形気動車
6両 (16 - 21) が配置されている。
土讃線(高知 - 須崎間)で運用される。
1000形気動車
32両 (1001, 1002, 1009 - 1028, 1033, 1034, 1036 - 1043) が配置されている(一部の車両は徳島運転所からの転属車)。
土讃線・土佐くろしお鉄道阿佐線(ごめん・なはり線)で運用される。

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 交友社鉄道ファン』 2018年7月号「JR旅客会社の車両配置表」

関連項目[編集]