多ノ郷駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
多ノ郷駅
駅舎
駅舎
おおのごう - Ōnogō
K16 吾桑 (2.7km)
(0.9km) 大間 K18
所在地 高知県須崎市妙見町
駅番号 K17
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 土讃線
キロ程 166.1km(多度津起点)
電報略号 オコ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1947年(昭和22年)6月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示
プラットホーム

多ノ郷駅(おおのごうえき)は、高知県須崎市妙見町にある四国旅客鉄道(JR四国)土讃線である。駅番号K17特急列車は「南風」(上り6号)、「あしずり」(下り7・9号、上り2号)の合計2往復が停車する。

概要[編集]

1942年6月20日多ノ郷信号場として開設した。1945年9月1日に一度は廃止されたものの、1946年7月10日に再度開設。1947年6月1日には駅に昇格した。かつては定期運行の特急列車は全て通過していたが、2013年3月16日のダイヤ改正で下り夕方、上り朝方にそれぞれ2本ずつ特急が臨時停車するようになっている。また、2009年3月までは臨時特急「ウィークエンドエクスプレス高知」(下り1本)が停車する時期があった。

1992年10月1日までは大阪セメント高知工場の専用線が延びており、セメントの原料である石灰石斗賀野駅から輸送されてきていた。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。かつては駅は1面1線のホームしか存在しなかった。駅本屋は曲線状の屋根を持つ。業務委託駅だったが、2010年9月に無人駅になった。

配線は従来の単線ホームから副線ホームを増設した一線スルー構造のようだが、信号設備を上下で使い分けているので、下り通過列車は分岐側を通過する。速度制限は下りが60km/h、上りが100km/hである。

のりば[編集]

1 土讃線 (上り) 伊野高知土佐山田方面
2 土讃線 (下り) 須崎窪川方面

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

多ノ郷駅前[編集]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
    須崎駅前、杉の川 梼原 高知高陵交通
  須崎駅前、久礼駅 矢井賀
  須崎駅前 須崎本社営業所

多ノ郷駅南広場前[編集]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
    須崎駅前 文化会館前 須崎市営バス
野見 中ノ島

須崎西崎町[編集]

約580m、須崎プリンスホテル前

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  Y5 須崎駅前 須崎出張所 とさでん交通
  しまんとエクスプレス   新宿駅 高知西南交通小田急シティバス 夜行、季節運行
しまんとブルーライナー 三宮なんば梅田 京都駅 高知西南交通、近鉄バス 夜行
Y5-G10 高岡高校通、北はりまや橋、高知駅 一宮高知営業所 とさでん交通

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
土讃線
吾桑駅 (K16) - 多ノ郷駅 (K17) - 大間駅 (K18)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JR四国 駅業務体制の見直しについて”. 四国旅客鉄道 (2010年6月21日). 2010年6月22日閲覧。
  2. ^ 平成25年3月ダイヤ改正について - 2012年12月21日四国旅客鉄道

関連項目[編集]