YM2413

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
YM2413

YM2413(Operator Type-LL、OPLL)はヤマハ製のFM音源チップ。

モノフォニック2オペレータ音源であり、FM音源9チャンネル同時発音モードとFM音源6チャンネル+リズム音源5チャンネル同時発音モードを切り替えて使用することが可能である。

概要[編集]

モノフォニックの2オペレータと言うFM音源としては最小構成[1]のチップであり、4オペレータ、6オペレータのFM音源と比較するとオペレータのコネクトなど音色作りに制限があるが[2]、9チャンネル同時発音、もしくは6チャンネル+リズム音源5チャンネル同時発音が可能である。パッケージは18ピンDIPまたは24ピンSOP。9bitD/Aコンバータを備える。動作周波数3.579545MHz(発振回路内蔵)、駆動電圧は+5V。内蔵音色はキャプテンシステム文字多重放送に対応している。

また音色を保持するレジスタが1組しか用意されていないため、同時に他の音色を使用したい時は、チップが内蔵している15種類の音色の中から選択することとなる[3]。また、オペレータの接続が直列に限定されている[3][4]

またヤマハの他の4オペレータFM音源では、ADSRはアタックレート、ディケイレート、サスティンレート、サスティンレベル、リリースレートの5つのパラメータが用意されているのが一般的であるが、YM2413ではサスティンレートが存在せず、リリースレートの値がサスティンレートとリリースレートを兼ねる設計である[3]。どちらを指し示すかは切り替え式であり、サスティンレートを設定すればリリースレートが固定となり、リリースレートを設定すればサスティンレートが固定となる(この場合は出力が全く減衰しない)[3]。これは演奏中に任意に設定可能である。また、各種パラメータのbit数についても、その多くは減少している[3]。 正式なドキュメントでは0を指定するようになっているテストレジスタを使用することで、4bitPCMの再生も可能である。

チップ内蔵音色[編集]

YM2413は音色保持用のレジスタを1組しか持っていないが、チップに内蔵された以下の音色はレジスタを占有せず、制限なく利用可能である。音色名はアプリケーションマニュアルに従った。

採用例[編集]

UFOキャッチャーMSXの拡張カートリッジ(FM-PAC)および内蔵音源、セガマーク3用周辺機器のFMサウンドユニットおよび、同機種内蔵の日本国内版のセガマスターシステム、麻雀学園、クイズカプコンワールド、ポンピングワールドなどに使用のカプコンのアーケード基板、ニューパルサー大花火ジャグラー他の一部のパチスロ[5]などで使用。また、同時発音数がメロディー6音のみのサブセット版がコナミのVRC VIIの音源部に採用されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『マイコンBASIC Magazine DELUXE MSX/MSX2/MSX2+ ゲーム・ミュージック・プログラム大全集』p.217
  2. ^ 『マイコンBASIC Magazine DELUXE MSX/MSX2/MSX2+ ゲーム・ミュージック・プログラム大全集』pp.224-225 なお、一部パラメータのbit数も落ちている。アプリケーションマニュアル参照。
  3. ^ a b c d e 『YM2413 FM Operator Type-LL (OPLL) Application Manual』
  4. ^ 『マイコンBASIC Magazine DELUXE MSX/MSX2/MSX2+ ゲーム・ミュージック・プログラム大全集』 1989 電波新聞社 p.225 - 同じ2オペレータFM音源でも、MSX-AUDIOなどで使われたY8950などでは、並列の接続にも対応している。なおこのY8950は音色を保持するレジスタが9組用意されており、演奏の自由度が高い。詳しくは両チップのアプリケーションマニュアルを参照。
  5. ^ 山佐ホームページ おもいでのニューパルサー 軍艦マーチの終止符を打った男(2010年6月閲覧)

参考文献[編集]

  • 『Y8950 APPLICATION MANUAL(MSX-AUDIO)』YAMAHA
  • 『YM2413 FM Operator Type-LL (OPLL) Application Manual』 ヤマハ
  • 『YM2413B FM Operator Type-LL (OPLL) CATALOG CATALOG No.:LSI-212413B2 1999.5』 ヤマハ
  • 『マイコンBASIC Magazine DELUXE MSX/MSX2/MSX2+ ゲーム・ミュージック・プログラム大全集』 1989年、電波新聞社 MSX-BASIC上でのMSX-MUSICプログラミングの実例が多数紹介されている。

関連項目[編集]