S.S.T.BAND

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
S.S.T.BAND
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ゲームミュージック
フュージョン
活動期間 1988年 - 1993年
2011年 - 現在
レーベル サイトロン・レーベル
キングレコード
公式サイト Blind Spot OFFICIAL SITE
メンバー 並木晃一ギター
松前公高シンセサイザー&プログラミング)
斉藤昌人ベース
熊丸久徳ドラム
森藤晶司キーボード
旧メンバー 川口博史(キーボード)
小森伸吾(ベース)
田辺健彦(ドラム)
塚原啓介(キーボード)
光吉猛修(キーボード)
飯島丈治(ギター)

S.S.T.BAND(エスエスティーバンド)とは、セガゲームミュージックアレンジし演奏することを目的として1988年に結成された、世界初のゲームミュージック”ライブ”バンドである。

「S.S.T.」とは「Sega Sound Team」の略であり、アルバム『SUPER SONIC TEAM』からは「Super Sonic Team」の略でもある。

メンバー[編集]

☆印は1993年の解散時のメンバー。名前の後ろはコードネーム。なお、オリジナルアルバム『BLIND SPOT』以降は本名を名乗るようになる。

現メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

来歴[編集]

S.S.T.BAND[編集]

1987年7月に稼働開始したセガのアーケードゲーム『アフターバーナー』に関連し、同年12月にサンシャインシティでイベント「アフターバーナー・パニック」を開催。そのイベントにて、セガのサウンド開発者によるバンドがライブを行い、これが同バンドの前身となる[1]

1988年発売のアルバム『GALAXY FORCE -G.S.M.SEGA 1-』にてデビュー。ただしこの時は松前と並木の2人のみ[2]で、その2人も名は前面に出していなかった。翌1989年、セガがイベント「メガドライブ スパークリング1989」を開催、そのステージでバンドとしてデビューを果たす。飯島・小森・田辺は松前が声をかけ、それにセガ社員の宮内(Hiro)と並木が加わる編成となった[2]

その後もライブ活動を重ねるが、1990年に本来プログラマであった小森が多忙のため脱退[2]。後任に斉藤が加入し、アルバム『HYPER DRIVE -G.S.M.SEGA 4-』にてデビュー。バンドは同年開催のゲームミュージックフェスティバル'90で、ZUNTATAとともにステージを踏んだ。

翌1991年、光吉が宮内と入れ替わりキーボードを担当。さらに田辺が気胸を発症し、代役として熊丸がドラムを担当、のち正式メンバーとなる[2]。1992年発売の完全オリジナルアルバム『BLIND SPOT』からは、全員がサングラスを外し、本名を名乗る。

しかし、セガの音楽出版が東芝EMIに移籍することとなり、サイトロン・レーベルから離脱するにあたり、1993年の「ゲームミュージックライブ 電撃'93」でのライブを最後に解散した[3]

その後セガは、1993年に並木と光吉によるユニット「B-univ」を結成するも、翌年活動停止。2001年には、川口や光吉らによるオフィシャルサウンドユニット「H.」を結成している。また2003年にベストアルバムが発売され、10年ぶりにメンバーが集結して座談会を行う(光吉は不参加)。本来は再結成ライブも視野に入っていたが、このとき再結成は実現しなかった[2]

Blind Spot[編集]

2011年、並木の呼びかけで、光吉を除く解散時オリジナルメンバーに加え、キーボードの森藤晶司(コードネーム「Rally」)を新たに迎えた“ほぼS.S.T.BAND”こと「Blind Spot」として再結成。同年8月27日にライブを行った(飛び入りゲストで田辺も参加)。

以降も活動を続けており、2013年7月24日には21年ぶりとなる新譜もリリースした。

2013年10月、飯島が脱退。一時はギター新メンバー募集が告知され、実際にオーディションも行われたが、以降も5人編成で活動を継続している。

作品[編集]

シングル[編集]

どちらもアルバム『BLIND SPOT』からのシングルカット。

  • 『I CAN SURVIVE』1992年10月21日(ポニーキャニオン
  • 『TACHYON』1992年10月21日(ポニーキャニオン)

オリジナルアルバム[編集]

  • 『GALAXY FORCE -G.S.M.SEGA 1-』1988年7月21日(ポニーキャニオン)
  • 『POWER DRIFT & MEGA DRIVE -G.S.M.SEGA 2-』1988年12月28日(ポニーキャニオン)
  • 『SUPER SONIC TEAM -G.S.M.SEGA 3-』1989年10月21日(ポニーキャニオン)
  • 『AFTER BURNER』1990年6月21日(ポニーキャニオン)
  • 『HYPER DRIVE -G.S.M.SEGA 4-』1990年7月21日(ポニーキャニオン)
  • 『Formula -G.S.M.SEGA 5-』1991年4月21日(ポニーキャニオン)
  • 『STRIKE FIGHTER』1991年8月21日(ポニーキャニオン)
  • 『Out Run』1992年2月21日(ポニーキャニオン)
  • 『BLIND SPOT』1992年4月29日(ポニーキャニオン)
    ゲームミュージックを含まないオリジナル楽曲のみのアルバム。
  • 『SEGA RALLY CHAMPIONSHIP 1995 -New Century Arrange Album-』2013年7月24日(キングレコード

ベストアルバム[編集]

  • 『MEGA SELECTION』1989年12月15日(ポニーキャニオン)
  • 『MEGA SELECTION II』1991年12月15日(ポニーキャニオン)
  • 『BACK IN THE S.S.T.BAND!! 〜THE VERY BEST〜』2003年11月19日(サイトロン・デジタルコンテンツ

ライブアルバム[編集]

  • 『S.S.T.BAND LIVE!』 1990年10月31日(ポニーキャニオン)

その他アルバム[編集]

  • 『GAME MUSIC FESTIVAL 〜SUPER LIVE '92』1992年10月21日(ポニーキャニオン)
    「ゲームミュージックフェスティバル'92」より「S.D.I. MEDLEY (Blue Moon〜System Down)」「HYPER CITY」「I CAN SURVIVE」を収録。

ビデオ・DVD[編集]

  • 『S.S.T.BAND LIVE』1990年11月21日(ポニーキャニオン)
  • 『GAME MUSIC FESTIVAL '90 ZUNTATA VS. S.S.T.BAND』1990年11月21日(ポニーキャニオン)
  • 『S.S.T.BAND LIVE HISTORY』2006年9月20日(ハピネット
  • 『BLIND SPOT LIVE!』2013年2月27日(アトス・インターナショナル

その他[編集]

  • 『From Ula』1991年4月24日(自主制作)[3]
    渋谷TAKE OFF7で同日開催された、プライベートライブでのみ販売されたカセットテープ。60本限定。タイトルは同時期のアルバム『Formula』のアナグラムである。
    内容は各メンバーによる楽器講座やコント、各自のアレンジによるデモ楽曲、コンサートで使用されたオープニングSEなど。
  • 『ゲームミュージックライブ夏'93 〜公認海賊版カセット〜』1993年(ポニーキャニオン)
    サイトロンのノベルティで作られたカセットテープ(非売品)。「ゲームミュージックライブ 電撃 '93」より「EARTH FRAME G」「SWORD OF VERMILION」「AFTER BURNER」を収録。

備考[編集]

  • ステージデビュー当初は全員サングラスをかけ、コードネームを名乗っていた。これは先に出来ていたアーティストのイメージ写真に合わせる必要があったためだが、他社からの引き抜き防止策の意味もあった[2]
  • ギターとキーボードが2人ずついるのは、セガ社員である並木(ギター)と川口(キーボード)が仕事の都合でライブに出られなかったとしても、演奏ができるようにとの配慮から。しかし、活動期は最後まで6人が欠けることなくステージに立ち続けた[2]
  • 1990年のアルバム『AFTER BURNER』は、小森の脱退後・斉藤の加入前にレコーディングされており、ベースはJaco渡辺なる人物が担当している。S.S.T.BANDと関わったのはこの一作のみで、ライブには参加しておらずコードネームもない[3]
  • 光吉はセガの入社試験を受けた際、面接で「S.S.T.BANDをやりたい」と発言。後にそれが現実のものとなった[2]。また、Blind Spotより加入した森藤もS.S.T.BANDおよびセガの熱烈なファンである。

出典[編集]

  1. ^ アルバム『MEGA SELECTION II』ライナーノーツ「The Lineage of S.S.T.BAND」より
  2. ^ a b c d e f g h Game Music Core 松前公高スペシャルインタビュー”. ゲームミュージック&アニメ専門店 ga-core - ジーエー・コア - (Internet Archive: Wayback Machineより) (2009年8月19日). 2015年2月21日閲覧。
  3. ^ a b c Game Music Core 松前公高スペシャルインタビュー”. ゲームミュージック&アニメ専門店 ga-core - ジーエー・コア - (Internet Archive: Wayback Machineより) (2009年8月19日). 2015年2月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]