KDevelop

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KDevelop
Crystal Clear app kdevelop.png
KDevelop 4 Screenshot.png
KDevelop 4.0 のスクリーンショット
開発元 KDevelop Team
初版 1999年12月06日 (1999-12-06)
最新版 4.5.1
/ 2013年05月30日(13か月前) (2013-05-30
最新評価版 4.4.0 Beta 1
/ 2012年08月14日(22か月前) (2012-08-14
プログラミング言語 C++
対応OS LinuxUNIX
プラットフォーム KDE
種別 統合開発環境
ライセンス GNU General Public License
公式サイト www.kdevelop.org
テンプレートを表示

KDevelop(ケーデベロップ)は、GNU/Linuxや他のUNIXオペレーティングシステムにおけるフリー統合開発環境 (IDE) の一種である。KDevelop は GPL ライセンスで提供されている。

KDevelop にはコンパイラは含まれていない。代わりにGNUコンパイラコレクション(あるいは他のコンパイラ)を使って実行コードを生成する。

AdaBashC言語C++FortranJavaPascalPerlPHPPythonRubySQL といった多数のプログラミング言語をサポートしている。

歴史[編集]

KDevelop 3.0 では、KDevelop 2 が完全に書き換えられた。2004年2月に、KDE 3.2 と共にリリースされた。

機能[編集]

KDevelop では、KPart技術を通して組み込みのテキストエディタコンポーネントを利用する。デフォルトのエディタはKateであるが、Qt Designer ベースのエディタに置換する設定も可能である。以下のリストでは、主に KDevelop 自身の機能を列挙している。エディタ固有の機能については、それらエディタの記事を参照されたい。

KDevelop 3 は完全なプラグインベースのアーキテクチャである。開発者が何らかの変更を加えたとき、彼がしなければならないのは、そのプラグインのコンパイルだけである。ロードすべきプラグイン群を指定するプロファイルを複数保持することができる。KDevelop 自身にはテキストエディタは含まれていないが、それにもプラグインが利用できる。KDevelop はプログラミング言語やシステムから独立していて、KDEGNOMEQtGTK+wxWidgets などをサポートしている。

KDevelop は各種プログラミング言語をサポートしており、C言語C++PerlPythonPHPJavaFortranRubyAdaPascalSQL などの言語や Bashのスクリプト作成に対応している。ビルドシステムとしては、GNU (automake)、cmake、qmake、その他をサポートしている。

入力補完はC言語C++で可能である。シンボルは Berkeley DB ファイルに保持され、再構文解析せずに高速に検索される。KDevelop は他のプログラミング言語向けの新たな構文解析器を作成するフレームワークも提供している。

統合されたデバッガによって、グラフィカルにブレークポイントを設定したり、バックトレースを見たりといったデバッグが可能である。コマンドラインの gdb とは異なり、プラグインとして動的にロードして利用することができる。

Quick Open により、ファイル間の迅速な誘導が行われる。

現在、50 から 100 のプラグインが存在している。主なものとして、永続的なプロジェクト全体用コードブックマーク、テキスト入力を高速化する Code abbreviations、スタイルガイドに従ってコードを整形する Source formatter正規表現による検索、プロジェクト全体に対する検索/置換機能(リファクタリングで有効)などがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]