JDeveloper

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JDeveloper
開発元 オラクル
最新版 12c (12.1.2.0.0) / 2013年07月11日(14か月前) (2013-07-11
プログラミング言語 Java
対応OS クロスプラットフォーム
種別 統合開発環境
ライセンス プロプライエタリ
(OTN JDeveloper License)
公式サイト Oracle JDeveloper
テンプレートを表示

JDeveloperは、オラクルが開発する統合開発環境 (IDE)。元々JBuilderのソースから派生したJava用のIDEであったが、バージョン9.0.2以降で、それ自身をJavaで完全に記述しなおすことにより完全なオリジナルIDEとして生まれ変わっている。

JDeveloperの機能[編集]

JDeveloperの主な機能は以下のとおり。

プラグイン[編集]

機能統合環境にプラグインとしてさまざまな機能を組み込むことができる。

デバッグ・ステップ実行[編集]

グラフィカルデバッガによってローカル・リモート・分散デバッグが可能。

CVS[編集]

バージョン管理システムCVSをつかってソースコード管理を行うことができる。

JUnit連携[編集]

JUnitテストコードの生成、テスト実行を行うことができる。

Antプラグイン[編集]

ビルドシステムantと連携できる。ant は、Unix系のコマンド make を置き換えるプログラムで、Makefile に相当する各ソースコードの依存関係を XML により記述する。antは、Java により書かれており、ウェブサーバで知られる Apache プロジェクトに開発されている。

リファクタリング[編集]

リファクタリングについては、getter, setterメソッドの自動生成や、クラス名・メソッド名の変更(使用しているコード側のクラス名・メソッド名も変更される)、メソッドの移動や抽出などをウィザード形式で行ってくれる。

コード編集支援[編集]

メソッド名の保管や、import文の整理・自動生成、 必要なthrows節の自動追加、必要なメソッドスケルトンの自動生成などさまざまな編集支援機能を持つ。

フルJ2EEエンジン内蔵[編集]

サーブレット・JSPコンテナ、EJBコンテナとなりうるテスト用J2EEエンジンを内蔵。JDeveloperだけでフルのJ2EE開発・実行・テストが可能。

UML対応[編集]

クラス図・アクティビティ図のダイアグラムが標準で用意されている。コードとモデルは完全同期する。

データアクセス・フレームワーク[編集]

データベースとのデータのやり取り、そのデータの転送、セッション管理などの一通りのデータアクセスに関する機能をJ2EEデザイン・パターンを実装して提供している。このフレームワークを利用すれば、何も考えなくてもそれなりのJ2EEデータアクセス・アプリケーションを実現できる。

他の統合環境との比較[編集]

J2EE用のIDEという点では、基本機能はどの統合環境もほぼ同等。JDeveloperは以下の点で他にはない特徴を持つ。

  • フルJ2EEエンジン内蔵
  • フレームワーク・ベースでの開発が可能
  • SQL対応度が高い

外部リンク[編集]