アプリケーションフレームワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アプリケーションフレームワーク (Application Framework) とは、プログラミングにおいて、特定のオペレーティングシステムのためのアプリケーションの標準構造を実装するのに使われるクラスライブラリの集まりである。単にフレームワークとも呼ぶ。

多くの再利用可能なコードをフレームワークにまとめることによって、開発者の手間を省き、新たなアプリケーションのために標準的なコードを改めて書かなくて済むようにする。アプリケーションフレームワークはグラフィカルユーザインタフェース (GUI) が一般的になるに連れて一般化してきた。というのも、GUIはアプリケーションの基本的構造の標準化を促進する傾向があるためである。アプリケーションの基本コード構造が明らかであるため、標準フレームワークを使えば自動GUI作成ツールが作り易くなる。フレームワークの実装にはオブジェクト指向プログラミング技法が一般に使われ、あるアプリケーションの独自の部品がフレームワーク内の既存のクラスを継承することができる。

商用の最初のフレームワークとしてMacAppがある。アップルコンピュータMacintosh向けに開発したものである。当初、拡張(オブジェクト指向化)されたPascal言語で書かれていたが、後にC++言語で書き直された。Macintosh向けの他のフレームワークとしてMetrowerks PowerPlantやMacZoopがある(いずれもCarbonベース)。別の系統のアプリケーションフレームワークとして Mac OS X 向けのCocoaがある。

フリーソフトウェアとしては、MozillaOpenOffice.orgGNOMEKDEといったプロジェクトにはアプリケーションフレームワークが含まれている。

マイクロソフトは、Microsoft Foundation Class (MFC) と呼ばれる Windows 向けの同様の製品を開発している。MFCはWindows APIを薄くラップしたC++言語専用のクラスライブラリおよびフレームワークであり、マイクロソフトは他にもActive Template Library (ATL) やWindows Template Library (WTL) といったC++のテンプレート機能を活用したクラスライブラリ・フレームワークを開発している。

wxWidgetsFOX toolkitのようなウィジェット・ツールキットのように、Macintosh、Windows、Linuxなどの複数のプラットフォーム向けのアプリケーションを同一ソースコードから作成できるフレームワークも多数存在する。

また、ウェブアプリケーション構築のためのアプリケーションフレームワークも多数存在する(Apache StrutsRuby on Railsなど)。

関連項目[編集]