K3b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
K3b
K3b Oxygen.svg
K3b-0.12.17.png
Linux 上の K3b
作者 Sebastian Trüg
開発元 Sebastian Trüg、Christian Kvasny、Michał Małek
最新版 2.0.2 / 2011年1月15日(3年前) (2011-01-15
プログラミング言語 C++ (Qt)[1]
対応OS Unix系 OS
プラットフォーム クロスプラットフォーム (KDE)
種別 ライティングソフトウェア
ライセンス GPL2[1][2]
公式サイト www.k3b.org
テンプレートを表示

K3b は、フリーCD及びDVDオーサリングアプリケーションの一つである。LinuxなどUnix系オペレーティングシステム上のKDE環境で動作する。Sebastian Trüg と Christian Kvasny が開発した。

ファイルの集合から、GUIを用いてデータや音楽CDを作成することができる。また、ディスクをまるごと複製することもできる。プログラムには多くのパラメータがあり、上級者にはカスタマイズの楽しみがある。実際のCD書き込み動作にはコマンドラインユーティリティであるcdrecordcdrdao(cdrtoolsのユーティリティ)及びgrowisofs(dvd+rw-toolsのユーティリティ)もしくはそれとの互換性がある、cdrkitを利用している。

MPEG動画ファイルからビデオCDやDVDを作成するには、他に GNU VCDImager が必要である。

脚注[編集]

  1. ^ a b Ohloh Analysis Summary - K3b”. Ohloh. 2010年5月14日閲覧。
  2. ^ K3b sources - COPYING”. websvn.kde.org. 2011年2月14日閲覧。

関連項目[編集]

  • Brasero - GNOMEデスクトップ環境で動作するライティングソフトウェア

外部リンク[編集]