dvd+rw-tools

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
dvd+rw-tools
開発元 Andy Polyakov
最新版 7.1 / 2008年3月5日(6年前) (2008-03-05
対応OS クロスプラットフォーム
種別 DVD/Blu-rayライティング
ライセンス GNU General Public License
公式サイト fy.chalmers.se/.../DVD+RW/
テンプレートを表示

dvd+rw-tools(またはその主要ツールgrowisofsで知られる)はLinuxFreeBSDWindowsそしてMac OS XDVD(近年では、Blu-ray Discも)を作成する、人気のあるオープンソースコンピュータプログラムのコレクションである。CDメディアライティングは出来ない、また対応する計画もない[1][2]

実際にメディアライティングを行うには、このパッケージ自身の他に、ISO 9660イメージをオンザフライで作成する別のプログラムも必要である。この様なツールは例えば、cdrtools英語版パッケージに含まれるmkisofsまたはcdrkitパッケージに含まれるgenisoimageコマンドが当てはまる。

dvd+rw-toolsはGNU General Public Licenseのもとフリーソフトウェアとして配布される。

実装[編集]

growisofsはddのような、データを光学ドライブのライターに低レベルプロセスで転送するプログラムが組み込まれている。これは2つのバッファリングバッファ(growisofsのプログラムソフトウェアバッファ)とユニットバッファ(Unit Buffer; 光学ドライブが持つ内部ハードウェアバッファ)を使用し[3]バッファアンダーランを防止すると共にバッファには常にデータを供給する。このプログラムは書き込み中にリングバッファ使用率("Ring Buffer Utilisation"; '"RBU'" )とユニットバッファ使用率("Unit Buffer Utilisation"; "UBU")をステータス行でモニターできるよう表示する[3]

脚注[編集]

  1. ^ Polyakov, Andy (2003年11月27日). “Re: growisofs for cd-RW and DVD-RW?”. cdwrite mailing list.. http://www.mail-archive.com/cdwrite@other.debian.org/msg04791.html 2011年10月12日閲覧. "No, growisofs does not work with nor is planned to work with CD-R[W]. My standpoint on the latter is [...]" 
  2. ^ Polyakov, Andy (2008年3月). “Blu-ray Disc/DVD+RW/+R/-R[W] for Linux”. 2011年10月12日閲覧。 “Q. Do I still need cdrtools? A. Yes. [...]”
  3. ^ a b ubuntu forums: growisofs - what does rbu and ubu mean?

関連項目[編集]

外部リンク[編集]