InfraRecorder

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
InfraRecorder
InfraRecorder icon.png
作者 Christian Kindahl 他
開発元 Christian Kindahl
初版 2006年9月10日 (2006-9-10)
最新版 0.50 / 2009年08月16日(5年前) (2009-08-16
プログラミング言語 C++
対応OS Microsoft Windows
対応言語 多言語
種別 ライティングソフトウェア
ライセンス GPL v3
公式サイト http://infrarecorder.org/
テンプレートを表示

InfraRecorderMicrosoft Windows 向けのオープンソースのライティングソフトウェア。Christian Kindahl が2006年の Google Summer of Code でプロジェクトを開始した[1]。CDやDVDへの書き込みには cdrtools というフリーなライブラリを使っている。

バージョン0.46以降、GNU General Public License version 3 でリリースしており、フリーソフトウェアである。CNET(イギリス版)はInfraRecorderを商用ライティングソフトのフリーな代替品としては最高の評価をしている[2]

機能[編集]

InfraRecorder はディスクの書き換えと二層DVDをサポートしている。また、ISOイメージファイルをディスクに焼くのにも使える。また、完全なポータブルアプリケーションである。

バージョン0.40以降、多くのライティングソフトウェアと遜色ない機能を提供するようになっており、データや音楽のディスクへの書き込みができ、書き換え可能なディスクやマルチセッション・ディスクを扱え、ディスクからWAVISOイメージファイルを取り出すことができる。MP3エンコーダLAMEを使って音楽CDトラックをセーブすることもできる。

Windowsの64ビット版でネイティブに動作するバージョンもある。しかし、そのバージョンには Ogg Vorbis デコーダやlibsndライブラリがない。これは、MinGWを64ビット版Windowsでコンパイルするのが困難なためである。

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]