NEPOMUK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NEPOMUK(Networked Environment for Personalized, Ontology-based Management of Unified Knowledge、統一された知識を個人化し、オントロジーに基づいて管理するためのネットワーク環境)は、ソーシャルセマンティックデスクトップ(意味論的デスクトップ)の開発を視野に入れたソフトウェアの仕様である。大部分のコードはオープンソースである。

NEPOMUKを利用している最初のプロジェクトはNEPOMUK-KDEであり、これはKDE 4に含まれている機能の一つである。

諸機能[編集]

外部リンク[編集]