メインページ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィキペディアへようこそ
ウィキペディアは誰でも編集できるフリー百科事典です

924,466本の記事をあなたと
モバイル版
Help for Non-Japanese Speakers
{{#if: 秀逸な記事を読む

選り抜き記事

北越急行ほくほく線の路線図

北越急行ほくほく線(ほくえつきゅうこうほくほくせん)は、新潟県南魚沼市六日町駅を起点とし、新潟県上越市犀潟駅(さいがたえき)までを結ぶ、北越急行が運営する鉄道路線である。

北陸方面への短絡線の役割を有する日本国有鉄道(国鉄)の予定線「北越北線」として1968年に着工され、紆余曲折とトンネル難工事の末、北越急行によって1997年3月22日より営業を開始した。開業以来、首都圏と北陸とを結ぶメインルートの1つとして上越新幹線と連絡する列車の運行が行われており、1998年12月からは特急はくたか」において日本の在来線最高速度となる150 km/h運転が、2002年3月以降はさらに高速となる160 km/h運転が開始された。……
{{#if: 新しい記事を探す

新しい記事

  • アドハム・ハーンは、北インドムガル帝国の政治家・武将。皇帝アクバルの乳母頭であるマーハム・アナガの息子として生まれた。父に関しては定かではなく、帝国の高官の誰か、あるいは皇帝フマーユーンであるともされる。摂政バイラーム・ハーン失脚後、アクバルの政権ではマーハム・アナガが最も強大な権力を持った。それにともない、息子であるアドハム・ハーンの権力も増し、アクバルの乳兄弟ということもあって政権で幅をふるうようになった。1560年、アドハム・ハーンはピール・ムハンマド・ハーンとともにマールワー方面へと遠征に向かい、……
  • JSTORは、1995年に創設された電子図書館電子化された書籍や学術雑誌の最新号、バックナンバーなどを収蔵・公開しており、2000近い学術雑誌の全文検索を提供している。160か国以上の8,000以上の機関がJSTORへのアクセス権を有しており、大部分の文献はそれらの機関経由でアクセスするか、記事毎に代金を支払ってアクセスする必要があるが、古い文献などパブリックドメインのコンテンツもあり、それらは誰でも無料で利用できる。また2012年からJSTORは、登録ユーザーに対して最大3記事を2週間閲覧可能にするサービスの提供を始めた。……
  • エンダービー島オークランド諸島の一島。ニュージーランド領であり、オークランド諸島の本島であるオークランド島の北辺に位置している。ポリネシア人の定住の痕跡は13世紀から14世紀のものが見られる。定住場所はサンディ・ベイであり、風雨から守られ、比較的荒れていない場所であり、アシカの繁殖場所へも行きやすい場所であった。1887年3月20日、アメリカのボストンで登記された鉄製バーク船デリー・キャッスル号が9日間の旅程の後、エンダービー諸島の周辺で座礁した。……
  • ムカゴトラノオタデ科イブキトラノオ属多年草。全体に無毛。地下の根茎は太く塊状になる。根出葉は数個つき、長い筒状の鞘をもつ葉柄があり、葉身は長さ1-12cm、幅0.5-3cmになる広楕円形から披針形で、基部は心形からくさび形になる。葉質は厚く、表面は深緑色で光沢があり、裏面は粉白色を帯び、網目状の葉脈がある。は根出葉の間から直立し、を分けないで、高さ5-30cmになり、茎につく葉は互生し、小さくて細く、葉柄はない。花期は6-9月。……
  • 高塚光は、日本の人物。情報サービス提供業務・広告代理店業務を請け負う株式会社ガブリエルの代表取締役社長。ヒーリング能力を持つ超能力者とされ、かつては会社員業の傍らで多くの人々にヒーリングを施していたことから、「超能力サラリーマン」と呼ばれて話題となった。法政大学卒業後、多くの職業を転々としたのちに東急エージェンシーに入社。1989年以降、同社の社内報や関連する雑誌社の雑誌記事にヒーリング能力者として紹介されて話題となり、高塚のもとへヒーリングを求める面会人が殺到。……
{{#if: 新しい画像を探す

新しい画像

{{#if: 強化記事を読む

強化記事

{{#if: 季節の話題について

風物詩

{{#if: もくじ

インフォメーション

{{#if: ウィキペディアとウィキメディア・プロジェクトについて

ウィキメディアプロジェクト

ウィキペディアは日本語をはじめ約280の言語で執筆されています。全ての言語版についてはウィキペディアの一覧全言語版の統計をご覧ください。以下は特に規模の大きな言語版です。

ウィキペディアの運営主体は非営利団体ウィキメディア財団です。ウィキペディアの運営は皆様の寄付によって成り立っています。ご理解・ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。