Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

良質な記事にふさわしい優れた記事を見つけたら、是非このページで推薦してみてください。また、推薦された記事を読んでみて、感じたことを投票という形でフィードバックしてみてください。記事に対するたくさんの意見や感想は、執筆者の励みとなります。

※推薦・投票の前に、選考のルールを一通りご確認ください。ルールに関する質問や意見はノートページにお願いします。

はじめに[編集]

  • 推薦・投票はログインユーザーのみとなります。
  • コメントは記事そのものに関して行ってください。

良質な記事の目安[編集]

以下に良質な記事の目安を挙げます。

推薦や、推薦された記事へコメントする際の参考としてください。

推薦の仕方[編集]

通常の推薦[編集]

IPユーザーによる推薦は不可です。ログインユーザならどなたでも推薦することができます。自薦・他薦は不問です。自薦の場合はその旨を述べて下さい。また、1人のユーザーが同時期に推薦できる記事の数は3つまでです。

  1. {{Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd}} というリンクを「選考中の記事」節の一番下に追加します。○○○には選考対象となる記事名を、yyyymmddは推薦した年月日を記述してください(年月日は推薦者の居住地域における標準時夏時間、あるいはUTCのいずれでも構いません)。
  2. 先の投稿によって追加されたリンク先に、以下の形式で推薦してください。
    === {{subst:Article|選考対象記事名}} ===
    選考終了日時:'''{{subst:#time:Y年Fj日 (D) H:i|+14 days}} (UTC)'''
    *(推薦)推薦理由を記述。--~~~~
  3. 選考対象記事のノートページに{{良質な記事候補}}を貼付して選考中であることを告知します。
    書式:{{良質な記事候補|選考サブページ=○○○_yyyymmdd|よみがな=△△△}}

月間新記事賞と月間強化記事賞を受賞した記事の自動推薦[編集]

月間新記事賞と月間強化記事賞を受賞した記事は、自動的に推薦されます。ログインユーザーならどなたでも推薦の手続きをとることが可能で、自動推薦の記事については「同時期に3つまで」という推薦記事数の制限の対象外となります。

  1. {{Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd}} というリンクを選考中の記事の節の一番下に追加します。○○○には選考対象となる記事名を、yyyymmddは推薦した年月日を記述してください(年月日は推薦者の居住地域における標準時夏時間、あるいはUTCのいずれでも構いません)。
  2. 先の投稿によって追加されたリンク先に、以下の形式で推薦してください。
    === {{subst:Article|選考対象記事名}} ===
    選考終了日時:'''{{subst:#time:Y年Fj日 (D) H:i|+14 days}} (UTC)'''
    *(自動推薦)推薦理由(月間新記事賞と月間強化記事賞のいずれの受賞によるか)を記述。--~~~~
  3. 選考対象記事のノートページに{{良質な記事候補}}を貼付して選考中であることを告知します。
    書式:{{良質な記事候補|選考サブページ=○○○_yyyymmdd|よみがな=△△△}}

投票の仕方[編集]

IPユーザーによる投票は不可です(コメントは認められます)。推薦者も投票することが可能です。投票・コメントは記事の全文をよく読んだ上で、以下の形式で行ってください。

  1. *{{賛成}}:記事に対するコメント--~~~~ - 現状で問題ないとき。現状でも良質な記事と認められるが、他に改善点がある場合にはどうぞご指摘ください。
  2. *{{コメント}}:記事に対するコメント--~~~~ - あと少し手を加えれば賛成しても良いとき。問題点を具体的に指摘してください。
  3. *{{反対}}:記事に対するコメント--~~~~ - 大幅に手を加えなければ賛成できないとき。

記事に問題点がある場合は、その箇所や改善策を具体的に指摘してください。主観を交えず、出来る限り客観的な批評を行ってください。投票内容についての質問がなされ、2週間以内に返答がないとき、投票は無効となる場合があります。不適切な多重アカウントブロック逃れによる投票・コメントは除去され、投稿されなかったものとして扱われます。ただし、選考終了後にさかのぼっての取り消しは行われません。

選考期間[編集]

選考期間は記事が推薦されてから2週間です。選考期間終了時点で賛成票が3票以上かつ2/3以上の支持がある場合は、良質な記事となります。

以下の場合に限り、どなたでも選考期間を最大4週間延長することができます。1回の選考は最大6週間までです。

  1. 記事の修正や査読など選考に時間を求める意見が出た場合、最大4週間延長することができます
  2. 延長の希望が表明されていない場合でも、2票の賛成票があり・かつ・反対票が投じられていない場合、選考期間が2週間自動延長されます

自動延長されたものは、希望が表明されればさらに2週間までの延長が可能です。

早期終了[編集]

以下の場合は、早期終了として選考を直ちに終了することができます。

  • 反対意見のみ3票以上集まった状態が48時間継続した場合。良質な記事は見送りとなります。
  • 賛成意見のみ3票以上集まった状態が48時間継続した場合。良質な記事となります。
  • 賛成票がなく、依頼者が取り下げ意思を示した場合。良質な記事は見送りとなります。

選考が終了したら[編集]

選考が終了したら速やかに以下を実施してください。実施は推薦者でなくても構いません。

  1. 選考対象サブページ(Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd)に選考結果を記入する。
  2. 選考中の記事」節から選考対象サブページ({{Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd}})を除去する。
  3. ノートページから{{良質な記事候補}}を除去する。
  4. Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/選考結果リストに選考対象サブページを追加する。
  5. 選考を通過して良質な記事となった場合は、
    1. 記事本文のカテゴリ・デフォルトソートの直上に{{Good article}}を貼付する。
    2. 記事のノートページに{{良質な記事}}を貼付する。
    3. Wikipedia:良質な記事/リストへ対象記事を追加し、分類の記事数(括弧内の数字)を更新する。

選考中の記事[編集]

現在時刻: 4月 16日 水曜日 23:00 (UTC)

ランサムウェア - ノート[編集]

選考終了日時:2014年4月19日 (土) 14:20 (UTC)

  • (推薦)英語版で良質な記事であるen:Ransomwareを私が翻訳したものです。--有足魚会話) 2014年4月5日 (土) 14:20 (UTC)
  • 賛成 :推薦者票。--有足魚会話) 2014年4月5日 (土) 14:20 (UTC)
コメント まだ日本語版の良質な記事としては不足の感があります(日本語版は英語版より良質な記事への要求水準が高いです)。定義文「ランサムウェアとはマルウェアの一種である」は、なるほどそうなのでしょうけど、これは「コンピュータウイルスとはマルウェアの一種である」に置き換えてもそのまま通用するわけで、ちょっと定義の度合いがあまりにおおまかすぎる感じがします。後ろに続く文章と合わせることできちんとした定義を構成しているのかもしれませんが、冒頭の一文はもう少し意味的に絞られた感じにして欲しいです。
それから、やはり全体に英語からの翻訳調が強いです。私が翻訳するときもこんな感じになってしまっているのであまり人のことは言えませんが、たとえば「ランサムウェアは旧来のワームのようなトロイの木馬として典型的に増殖する」これはちょっと変です。「典型的に」を無視してしまうか、文の前の方へ持って行かないと、日本語として自然な感じではないです。「いくつかのランサムウェアのペイロードは、Windows XPのマイクロソフトライセンス認証の通知を模倣し、コンピュータのウィンドウズが偽造された、または再アクティベーションが必要である、と虚偽の主張をする」これなどは、原文を見ると"Some ransomware"で始まっているわけで、この場合は「いくつかのランサムウェア」と訳すのではなく、「ランサムウェアの中には - するものもある」というように訳す、というのは定番ではないでしょうか。その次の「これらの戦術は」で始まる文もいまいちしっくりきません。
内容的には、「旧来のワームのようなトロイの木馬として増殖する」というのはちょっと疑問です。ワームというのはネットワークから攻撃コードを送り付けて脆弱性を利用して侵入し、また次のシステムを攻撃するようなものだと思うのですが、一方トロイの木馬は無害なファイルを装ってダウンロードさせて、そこで実行させることで感染するようなマルウェアだと思います。ワームのようなトロイの木馬、というのはいまいち理解できません。また、ランサムウェアの中には、システムを凍結するけれど、金を払っても解除してくれないインチキもあったと思いますが、そういうことは触れられているべきことではないでしょうか。--Tam0031会話) 2014年4月11日 (金) 17:11 (UTC)

ホウ素 - ノート[編集]

選考終了日時:2014年4月24日 (木) 15:45 (UTC)

  • (自動推薦)2014年3月度の月間強化記事賞受賞記事。--ぱたごん会話) 2014年4月10日 (木) 15:45 (UTC)
  • コメント 細かいところで少し疑問があります。「物理的および化学的性質」の節で、アモルファスホウ素は融点2300℃、2550℃で昇華するとありますが、普通昇華というのは固体から液体を経ずに気体になることではないのでしょうか。であれば融点があるのが不思議です。確かに出典のトルコの大学の修論ではそのように記載しているようですが。「存在」の節、「商業的に利用可能なホウ酸塩の埋蔵量は全世界でおよそ1000万トン」とあります。一方で、「市場動向」の節では「2005年のホウ素の消費量はアジア、ヨーロッパおよび北アメリカの需要の増大によってB2O3換算で180万トン」とあると、埋蔵量を10年もせず使い切ってしまうことになりませんか。それで「今後十年間の需要増に見合う十分な能力を有している」と言うのは変な気がします。どちらかというと全世界の埋蔵量がおかしいのではないかと言う気がします。埋蔵量部分の出典になっている2件の記事のうち、こちらの記事は、無料で読める概要部分に"commercial borate deposits (1010 kg B)"とあるのでなるほど1000万トンとあるように読めますが、こちらの記事 (PDF) は、ざっと読んでみても埋蔵量には触れていないように思われます。また、2005年に180万トンだった消費量が、2010年までに2100万トンというのはいくらなんでも増えすぎではないでしょうか。このあたりの数値の妥当性についてはもう少し精査が必要に思われます。--Tam0031会話) 2014年4月14日 (月) 15:16 (UTC)
    • コメント 査読いただきありがとうございます。昇華に関しては、例えば昇華性の物質であるヨウ素ナフタレンにも融点および沸点はありますし、昇華する物質が融点を持つということは普通のことです。埋蔵量に関しては、1000万トンと記載している資料が1998年のものですのでデータが古すぎるかもしれませんね。2014年のアメリカ地質調査所のデータだと鉱石ベースで埋蔵量(可採埋蔵量、採掘を行うにあたり経済的に採算の取れる埋蔵量)が2億1000万トンになっており、2008年発行の『ホウ素・ホウ化物および関連物質の基礎と応用』によればホウ砂鉱石換算で8億8千500万トン(恐らくReserves base、経済的に採算の取れないものも含む埋蔵量)だそうです。埋蔵量(可採埋蔵量)は資源相場といった経済情勢や採掘技術の向上などによって変化しうる数字ですから、この辺りはデータの更新が必要そうです。2010年の消費量2100万トンというのはロスキルという金属市場の調査会社による予想の数字で、アメリカ地質調査所のデータを見ると2010年の消費量は実際には450万トンに留まっているみたいですね。2000年から2005年までに中国のホウ砂輸入量が100倍に増加したりしているところを見れば、リーマンショック以降の景気後退を予期出来ない2006年当時の予想としては妥当な数字であったのかもしれません。ロスキルは金属市場調査会社として著名な会社ですし、あくまでも調査会社の予想値であると明記した上で記載している限り問題ないと思いますが、こちらも実際のデータを併記するなりして調整が必要なように思います。良質な記事とするにはまだまだ細部の詰めが必要ですし、更なる加筆を行いたいと思います。--重陽会話) 2014年4月15日 (火) 14:21 (UTC)

北越急行ほくほく線 - ノート[編集]

選考終了日時:2014年4月24日 (木) 15:46 (UTC)

  • (自動推薦)2014年3月度の月間強化記事賞受賞記事。--ぱたごん会話) 2014年4月10日 (木) 15:46 (UTC)

平安座島 - ノート[編集]

選考終了日時:2014年4月24日 (木) 15:47 (UTC)

  • (自動推薦)2014年3月度の月間強化記事賞受賞記事。--ぱたごん会話) 2014年4月10日 (木) 15:47 (UTC)
  • 賛成 一度車が行ける所まで行きましたが、よく書けていると思います。--Ichiro Kikuchi会話) 2014年4月14日 (月) 08:07 (UTC)
  • 賛成 小さな島ですが、歴史がよくわかり、地図や写真も良いものが揃えられており、島嶼の記事としてはよく書けた記事になっているものと思います。--Tam0031会話) 2014年4月14日 (月) 15:17 (UTC)
  • 賛成  小さな島の記事ですが、歴史・地理ともに丹念に調べられているいい記事だと思います。--Tantal会話) 2014年4月16日 (水) 08:56 (UTC)

北海道ちほく高原鉄道 - ノート[編集]

選考終了日時:2014年4月24日 (木) 15:48 (UTC)

  • (自動推薦)2014年3月度の月間強化記事賞受賞記事。--ぱたごん会話) 2014年4月10日 (木) 15:48 (UTC)
  • 賛成 北海道で廃止対象になった国鉄路線としては唯一、第三セクター鉄道として存続された路線で、20年位前に乗り降りしたことがありますが、当時から経営は厳しい状態と聞き及んでおりました。第三セクターとしての開業から廃止に至るまでの経緯などが詳しく記述されており、私は良質な記事の基準を満たしていると思います。Cassiopeia-Sweet会話) 2014年4月12日 (土) 15:55 (UTC)
  • コメント とてもよく書けているのですけど、この記事に書かれている内容のかなりの部分は、北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線の記事の方に書かれているべきことではないでしょうか。特に「営業開始後の動き」の節などは、ほとんど路線記事に書かれるべきことだと思います。1社1路線のところは、会社記事と路線記事の書き分けが難しいのですけど、会社記事は経営に関することや兼業に関すること、運賃制度や保有車両といったところを書き、路線記事で詳細な運行状況や施設の建設・改修の状況を書くものだと思います。--Tam0031会話) 2014年4月16日 (水) 13:28 (UTC)

ボンバルディア CRJ - ノート[編集]

選考終了日時:2014年4月24日 (木) 15:49 (UTC)

  • (自動推薦)2014年3月度の月間強化記事賞受賞記事。--ぱたごん会話) 2014年4月10日 (木) 15:49 (UTC)
  • 賛成 私もこの機材に搭乗したことがあり、それ以来気に入っている小型ジェット旅客機の1つですが、開発構想からシリーズ展開がまとめられ、出典も明記されており、私から見て良質な記事としての基準は満たしているように思います。Cassiopeia-Sweet会話) 2014年4月12日 (土) 15:43 (UTC)
  • 賛成 胴体長の違いのために写真によって印象が異なり、本当に同じ機材なのだろうかと思ってしまったのですが、胴体長の比較の写真が添えられていることで、なるほどと思わされました。文章もしっかりしており、この機材の特徴をうまく説明できているものと思います。--Tam0031会話) 2014年4月16日 (水) 13:29 (UTC)

アメリカ合衆国のファーストレディの一覧 - ノート[編集]

選考終了日時:2014年4月24日 (木) 15:46 (UTC)

  • (自動推薦)2013年4月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2014年4月10日 (木) 15:46 (UTC)

篩板 (クモ) - ノート[編集]

選考終了日時:2014年4月24日 (木) 15:47 (UTC)

  • (自動推薦)2013年4月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2014年4月10日 (木) 15:47 (UTC)

エンプレス・オブ・アイルランド - ノート[編集]

選考終了日時:2014年4月24日 (木) 15:48 (UTC)

  • (自動推薦)2013年4月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2014年4月10日 (木) 15:48 (UTC)

エドワード・ウッド (初代ハリファックス伯爵) - ノート[編集]

選考終了日時:2014年4月24日 (木) 15:49 (UTC)

  • (自動推薦)2013年4月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2014年4月10日 (木) 15:49 (UTC)
  • 賛成  インド史からの観点からも問題なく、いわゆる戦間期のキープレーヤーが丹念に説明されていると考えています。--Tantal会話) 2014年4月16日 (水) 08:54 (UTC)

真島襄一郎 - ノート[編集]

選考終了日時:2014年4月24日 (木) 15:50 (UTC)

  • (自動推薦)2013年4月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2014年4月10日 (木) 15:50 (UTC)
  • 賛成 この方のことがよくわかります。それに本来関係ないはずの王子製紙という大会社が日本の製紙業界で占めた位置もなんとなくわかって、明治の製紙業界の流れもうかがえる記事になっています。出典もきちんとしていて良質な記事だと思います。--朝姫会話) 2014年4月15日 (火) 04:45 (UTC)
  • 条件付賛成 記事の内容は問題ないものと考えます。しかしながら、文章に句読点が少ないことから、一文、一文が長いのは減点要素と考えます。

例えば、概要部分の第二文が、

真島は1873年(明治6年)から1911年(明治44年)まで製紙業界に身を置いたが旧王子製紙(後のいわゆる大王子製紙)の傘下に組したことはなく、旧王子製紙にとってライバルであり続けたが、旧王子製紙の継承会社たる現王子製紙からは日本製紙業界の先覚者としてその慧眼に尊敬を受けている人物である[2][3]。

と、読点が2箇所しかありません。わたしならば、主語以外で接続詞の「が」を使うことは文章用語としては、誤解を招く(逆接ならば、文章を一度区切り、「しかし」「だが」「しかしながら」、文を続けるのであれば、「けれども」を使ったほうが読者に親切)と考えていますので、以下のように文章を区切ったらいかがでしょうか?

真島は、1873年から1911年まで、製紙業界においていた。しかし、彼自身は、旧王子製紙(後のいわゆる大王子製紙)の傘下に組したことはなかった。間島は、旧王子製紙にとってライバルであり続けた一方で、旧王子製紙の敬称会社たる現王子製紙からは、日本製紙業界の先覚者として、その慧眼に尊敬を受けている人物である。

文章の推敲がなされた時点で、賛成票に回ります。--Tantal会話) 2014年4月16日 (水) 09:09 (UTC)

祭文 - ノート[編集]

選考終了日時:2014年4月24日 (木) 15:50 (UTC)

  • (自動推薦)2013年4月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2014年4月10日 (木) 15:50 (UTC)

赤羽台トンネル - ノート[編集]

選考終了日時:2014年4月24日 (木) 15:52 (UTC)

  • (自動推薦)2013年4月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2014年4月10日 (木) 15:52 (UTC)
  • 賛成 今では埼京線であっという間に抜けてしまうトンネルですが、小学生ごろに見たり聞いたりした東北・上越新幹線の工事の関連ニュースで、学校の下をトンネルがくぐることになって反対運動がすごかったと聞いた覚えがあります。そういった反対運動や、開通までのタイムリミットをクリアするために行われた方策について、出典つきで詳しくまとめられており、私が見る限り良質な記事としての基準は満たしているように思います。Cassiopeia-Sweet会話) 2014年4月12日 (土) 15:49 (UTC)
  • 賛成  文句つけようがないです。中山トンネル (上越新幹線)第1上野トンネル第2上野トンネルと見比べて、よりマイナーなトンネルである分これだけの記事をよく書いてくださってとおもいます。--ぱたごん会話) 2014年4月13日 (日) 14:54 (UTC)
  • 賛成  同じ鉄道分野でも鉄道車両記事に多い無駄にマニアックな記事になっていません。事業史、あるいは土木史としてよく調べれていて詳しく、しかし無駄がなくわかりやすいです。--朝姫会話) 2014年4月15日 (火) 04:49 (UTC)

やぐら - ノート[編集]

選考終了日時:2014年4月24日 (木) 16:25 (UTC)

  • (自薦)3月度の月間強化記事賞受賞からは漏れましたが、エントリー時点以降、更に今月に入って以降、画像・記述ともに強化をしたつもりです。まだ文言の未熟な処は残りますが、ご批判、アドバイス等頂ければ幸いです。--Ktmchi会話) 2014年4月10日 (木) 16:25 (UTC)
  • 賛成 :推薦者票。--Ktmchi会話) 2014年4月10日 (木) 16:25 (UTC)


関連項目[編集]