Wikipedia:多重アカウント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エチケット
礼儀を忘れない
ノートページでの決まり
署名
説明責任
善意にとる
個人攻撃はしない
記事の所有権
新規参加者を苛めない
腕ずくで解決しようとしない
法的な脅迫をしない
多重アカウント
オープンプロクシは禁止

合意形成
論争の解決
統合提案
分割提案
改名提案
コメント依頼
投票は議論の代用とはならない
調査投票の方法

方針とガイドライン一覧
プロジェクト関連文書一覧

ウィキペディアの画面とくつした人形(ソックパペットの語源)

ウィキペディアの編集者は原則として一つだけの(ログイン推奨)アカウントで編集することが期待されています。アカウントを一つだけ使うことは、編集履歴の継続を維持し、透明性(公明性)を向上させ、コミュニティの信頼を高めて、百科事典としての長期的な安定を築くのに役立ちます。ウィキペディア上で複数のアカウントを維持するべき適正な理由もいくつかありますが、複数アカウントで他の編集者を欺いたり、議論を撹乱したり、意見の一致を捻じ曲げたり、制裁を回避したり、コミュニティの規範に反するようなこと、つまり「ソックパペット行為(多重アカウントの不正使用)」は禁じられています。

ソックパペットにはいくつかの形態があります:

  • 別人を装うために新しいアカウントを作る
  • ログアウトしてIPで問題のある編集を行う
  • 古い使ってないアカウントを引っ張り出して別人を装う
  • 友人知人を口説いてアカウントを作らせ論争の一方に肩入れさせる(ミートパペット)

多重アカウントの不正使用は、コミュニティの信頼への重大な裏切りだと考えられています。不正使用の結果として、関連する全てのアカウントのブロックと、アカウントの持ち主の追放、ウィキペディアおよび姉妹プロジェクトで用いられた全てのアカウントとIPアドレスの公開、又さらなる不正使用防止のためには「現実」での活動や個人情報の公開の可能性もあります[1]

適切な理由があって二つ以上のアカウントを使いたい編集者は、それらアカウントの利用者ページ同士をリンクで結んで(#副アカウントの告知)、それぞれのアカウントの使用目的や関係の説明を添えるべきです。望むなら、片方の利用者ページと会話ページをもう一つのアカウントのそれへのリダイレクトにすることもできます。リンク付けなしに複数アカウントを使用する編集者や、アカウントとは別にIPアドレスでも編集する編集者は、記事やトピックの編集が重複することを避けなければいけません。なぜなら、推敲、ウィキ化、リンク付けのような当たり障りのない編集でもソックパペット行為であると考えられる場合があり、悪気はなかったという言い訳がいつも受け入れられるとは限らないからです。

副アカウントの不適切な使用(多重アカウント使用が禁止される行為)

方針ショートカット:
WP:ILLEGIT

編集者は、多重アカウントを用いて、ミスリードしたり、欺いたり、荒らしたり、コンセンサスを捻じ曲げたりしてはいけません。具体的には以下のようなケースです(ただしこれらだけとは限りません):

  • 支持されているという幻想を作り出すこと:実際より多くの支持を得ているという印象を与えるために副アカウントを使ってはいけません。
  • 運営ページを編集すること:公表していない副アカウントで方針、ガイドラインおよびそのトークページを編集してはいけません。 コメント依頼やブロック依頼にコメントしてもいけません。管理者への依頼、削除議論、選挙に投票してもいけません[2]
  • 方針違反回避や制裁回避:方針はアカウントごとではなく、アカウントの使用者ごとに適用されます。3リバート・ルールのような方針はアカウントの使用者ごとの編集に適用されます。第2のアカウントを方針破りに使った場合、すべてのペナルティがあなたの主アカウントにも及びます。制裁、追放、ブロックを逃れようとした場合、適用期間が振り出しに戻ります。en:WP:EVASION参照。
  • 複数のアカウントで同一ページの編集や議論に参加すること:複数の人間がいるように装って、同一のページ編集や議論に複数アカウントでかかわってはいけません。明示的に結び付けられた複数アカウントならば、同じページを編集することも禁じられていません(たとえば、同じページを主アカウントと共有PC用のアカウントで編集することや、あなたのボットアカウントが編集したページを主アカウントでも編集することなど)
方針ショートカット:
WP:SCRUTINY
  • 監視のがれ(投稿履歴の分断): 明示的・完全に公開されてはいない複数アカウントを用いてあなたの投稿履歴を分断することは、他の編集者があなたの投稿パターンを把握できなくなることを意味します。このような行為は、特定の状況下では許されていますが(適正な用法参照)、あなたの投稿履歴を精査しようとする適正な関心を持つ他の利用者を混乱させたり、欺いたりするために複数アカウントを作ることは、この方針に反する行為です(アカウントを切り替えることによるクリーン・スタートの不正使用や、監視を妨げるような形でクリーン・スタートを隠蔽することもまた、この方針違反とみなされるでしょう。特段の理由なく多数のアカウントを作成する行為も、監視逃れ目的の「投稿履歴の合理的な理由なき分断」を準備する行為として、この方針違反とみなされるでしょう)。
方針ショートカット:
WP:GHBH
  • 「善玉と悪玉」アカウント(「よい手と悪い手」アカウント): 一つのアカウントを「クリーン」に保ちながら、ほかのアカウントで混乱を引き起こすこと(つまり、一つのアカウントで良質投稿を行いながら、もう一つのアカウントで他者への攻撃や付きまといやダブルスタンダードをバレなくするためのような使用方法などコミュニティーを疲弊・混乱させるような破壊的編集を行うこと)。
方針ショートカット:
WP:ROLE
  • ロールアカウント:アカウントはあなたの編集を「特定の一人」として代表するものなので、「ロールアカウント」ー複数人により共有されているアカウントーは原則として禁じられておりブロックされます。あなたが何らかの組織のために編集する場合、 利用者名に関するガイドラインをご覧ください。英語版では、主な内部MLへのウィキメール受付窓口となる編集しないアカウント、および、 財団に承認されているアカウント(下記参照)、複数人による運営が認められているボットが例外的に認められています。
  • コミュニティを欺いて信任が必要な地位を求めること:過去のアカウントを隠して信任の必要なポスト(管理者など)に立候補してはいけません。管理者信任はアカウントではなく個人に対してのコミュニティの信任を反映します。それゆえ、管理者に立候補するときには過去のアカウントを公開するか、(プライバシー上の問題があるなら)チェックユーザー(英語版では裁定委員会)にメールで報告することが期待されています。過去のアカウントを開示することなく管理者になった場合、特に過去のアカウントがわかっていれば管理者信任投票の結果を左右していたかもしれない場合には、解任されるリスクがあります。
方針ショートカット:
WP:ADMINSOCK
  • 管理者ソックパペット(複数のアカウントで管理者になること): 編集者は二つ以上の管理者アカウントを持ってはいけません(管理者権限付きのボットをのぞく)。ウィキペディアを去った管理者が、新しい名前で復帰して、再び管理者に推薦された場合、昔のアカウントの管理者権限を返上しなければいけません。財団スタッフは、二つ以上の管理者アカウントを運用することを許されていますが、それがどのアカウントであるか明確にしなければなりません。たとえば、前ボランティア・コーディネータBastiqueは財団スタッフとしての目的にはCary Bassを用いていました。
  • 中立的なコメント者を装う:同じ人が自分のアカウントについての議論で副アカウントを用いること。
  • 多重投票
  • 自分で作ったページを別アカウントでパトロール
  • ストローマン(藁人形論法):別アカウントを作って論争の一方の側からわざと非論理的、もしくは攻撃的な議論を展開し、そちらへの賛成意見を変えさせる。
  • ミスリードするためにログアウトする:複数のIPアドレスで編集することも、他者を偽ったり上記原則に抵触しないために使われる場合、多重アカウント編集と同様に扱われることがあります。間違ってログアウトして編集してしまった場合、管理者やオーバーサイト係に連絡して誤解がないように確認してほしいと希望してもかまいません。

適正な使用(多重アカウント使用が認められる行為)

方針ショートカット:
WP:Multiple Accounts
WP:SOCK#LEGIT

副アカウントの適切な使い方もあります。たとえば、ずっと実名で投稿してきたユーザーが実名と結び付けたくない編集をするときに仮名を用いること、あるいはずっと以前から投稿してきたユーザーが新しいアカウントを作ってコミュニティの新規参加者への対応を体験しようとすること、など。副アカウントを使うなら、本方針に抵触しないように注意するのはあなたの責任です。その理由には以下のようなものが含まれます:

  • セキュリティ: 公共の場にあるPCにはパスワードを盗むトロイの木馬キーロガーが仕掛けられていることがあるため、利用者は主アカウントの乗っ取りを予防するために副アカウントを登録することができます。そのようなアカウントは主アカウントとの結びつきを公開しておくか、主アカウントとの関係が容易に推測できるようなものにするべきです。たとえば、利用者:Mickey利用者:Mickey (副)利用者:Mouseを使い、副アカウントの利用者ページと会話ページを主アカウントのものへのリダイレクトにすることなどです。
  • プライバシー:ある人が自分の交際範囲(家族、知友、職場など)で大きな論争になっている記事を編集するときで、ウィキペディアでのアカウントが自分の交際範囲に知られている、あるいは個人特定が実際に可能という場合、 その分野での編集やそのほかの行動が実際の生活へ波及しないように副アカウントを用いることも許容されるでしょう。「主アカウントである」または「副アカウントである」と利用者ページで宣言するなら、自身の学歴や所属組織、信仰、政治信条、嗜好などに関する分野でアカウントを使い分けることもある程度許容されるでしょう。ただし「プライバシー」保護理由であるという主張がいつも認められるとは限らないことに注意してください(#副アカウントの告知参照)。
  • メンテナンス: メンテナンス用の副アカウントを使ってもかまいません。ただし、副アカウントは明示的に主アカウントと結び付けておくべきです。
  • ボット: メンテナンスにはボットや自動、半自動で編集するプログラムも含まれます。ボットを運用するユーザーは、最近の更新に自動編集が反映されないように、アカウントを分けてWikipedia:Bot/使用申請でボットフラグを取得することが推奨されます。 Wikipedia:Bot参照。.
方針ショートカット:
WP:DOPPELGANGER
  • ドッペルゲンガー・アカウント(分身アカウント): ドッペルゲンガー・アカウントは、成りすましを防ぐために主アカウントとよく似た利用者名で作成されたアカウントです。このようなアカウントは編集に用いるべきではありません。分身アカウントにはTemplate:Doppelgangerのようなタグをつけておく(もしくは主アカウントページへのリダイレクトとする)とよいでしょう。
  • 危うくなったアカウント(Compromised accounts): 今あるアカウントのパスワードをなくした場合、あるいは他人に乗っ取られたかパスワードを推測された(またはその恐れがある)場合、新しいパスワードで新しいアカウントを作るのがよいかもしれません。そのような場合、両方の利用者ページに同一人物のアカウントであることを書き、古いほうのアカウントは管理者に頼んでブロックしてもらってもかまいません。英語版では、このようなまれな状況が生じないように、まえもってen:WP:Committed identity を利用しておくことが提案されています。
  • クリーンスタート(新しい名前で再出発): もし再出発しようと決めたなら、古いアカウント(群)の使用継続をやめて新しいアカウントを作り、それだけを使うようにすることができます。再出発用のアカウントは、以前に問題があるとされた分野や、編集パターン、振る舞いなどに立ち返ってはなりませんし、制裁逃れと受け取られうるようなことをしないように注意が必要です。再出発が許されるのは、旧アカウントに対して現在有効な追放、ブロック、制裁措置が無い場合だけです。旧アカウントの使用停止とは、それを二度と使わないことを意味します。その切り替えがソックパペットの企てと見なされないように、旧アカウントの利用者ページに、これは活動していないと、{{retired}} タグなどで表明しておくべきです。管理者そのほかの地位に立候補する場合はその前に、旧アカウントの存在をチェックユーザー係に(英語版では裁定委員会に。望むならごく内密に) 知らせておくことが強く推奨されます。そうしておかないと、コミュニティを欺こうとしていると見なされる可能性が高まります(Wikipedia:再出発の方針参照)。

副アカウントの告知

方針ショートカット:
WP:SOCK#NOTIFY
タグの使い方についてはWikipedia:ユーザーボックス/ウィキペディア/アカウントも参照してください。

副アカウントを用いる編集者は、副アカウントの適正な利用目的を損なってしまうような場合を除き、自身のアカウント同士をリンクしておかなければなりません。理想的なリンク方法は以下の通りです:

  1. 利用者名の相似 - たとえば利用者:Exampleの副アカウントとして 利用者:Example public利用者:Example botを用いる[3]
  2. 主アカウントと副アカウントの利用者ページをリンクする - 略式にでもよいし、この目的のためのユーザーボックスを使ってもよい。副アカウントを主アカウントにリンクするとき、主アカウントの手で副アカウントに{{User alternate acct | Example}} (この利用者はExampleの副アカウントです)や{{Publicuser}} (公共PC用のアカウントです)というタグを付ける(主アカウントを使うことにより、その正しさが担保される)。主アカウントには{{User alternative account name|Example public|Example public}}というタグがある。
  3. 副アカウントの署名リンク - 副アカウントと主アカウントの両方をリンクする、もしくは、副アカウントへリンクしておいて、必要なら連絡は主アカウントにするように書くか、主アカウントの会話ページへのリダイレクトとする。

プライバシー上の理由で複数アカウントを保有する編集者は、ユーザーボックス{{User alternative account master}}(この利用者は副アカウントを適正に保持しています)で副アカウント名を明示せずに保有だけを表明することもできますが、編集で制裁を受ける恐れがあると考えたら、チェックユーザー(英語版では裁定委員会のメンバーも可)に ウィキメールで通知しておくことを考慮すべきです。紛争のある題材の編集に大きくかかわる編集者や、単一目的のアカウントを持つ編集者、 管理者になろうと考えている編集者は、たとえその編集が問題ないもの、あるいはそれほど問題でないものであったとしても、制裁を受けかねない編集者グループに分類されます。 なお、電子メールは安全なコミュニケーション手段ではないことに注意してください。心配な編集者は、ウィキペディアのコンピュータに安全に接続できる セキュア・サーバにログインして 任意のチェックユーザー係 にメールを送ることができます。

古いアカウントを放棄して新しいアカウントで編集する利用者は、再出発の方針(英語版ではen:Wikipedia:Clean start)を遵守することが求められます。

ミートパペット行為

方針ショートカット:
WP:MEAT

ミートパペット行為は、編集者を動員してコンセンサスを左右する代理人とすることです。善意にとることは、とりわけ新規利用者相手の場合に重要ですが、この目的のために新規利用者を誘うことは禁止されています。 ほかの利用者と同じ文脈で同じようにふるまい、ただその目的だけにウィキペディアを編集しているように見える新規利用者は、彼らが加担する利用者と同じく矯正対象となりえます。 「ミートパペット」という言葉は侮蔑的な表現であると受け取られる可能性がありますので、使用については慎重さが必要です。

ウィキペディアには、ミートパペット行為で引き起こされる破壊を軽減するためのプロセスがあります:

  • 多くの論争や議論におけるコンセンサスは理想的には、賛否の多寡ではなく、方針に基づく意見表明に拠るべきです。
  • 投票や投票に準じる議論では、新規利用者はカウントされなかったり、明らかにウェイトを軽めに見積もられたりするかもしれません。特に、新規利用者の多くがそろって同じような意見表明をする場合にはそうなることがあります。
  • 英語版の裁定委員会は、論争の解決のため、もし一群の利用者が多重アカウントを持つ一人の利用者か、それともミートパペット的な複数利用者か、はっきりしない場合には、一人の利用者として扱ってよいと定めています[4]

共有IPアドレス

方針ショートカット:
WP:COWORKER
WP:FAMILY
WP:ROOMMATE
WP:SHARE

ある複数の編集者がパーソナル・コンピュータやインターネット接続を共有している、あるいは公共のコンピュータまたは共有ネットワークを使用している場合、それら編集者のアカウントはチェックユーザーによって関連付けられる可能性があります。このためそのような状況にある利用者は、ソックパペットの疑いをもたれないように利用者ページでその関係を宣言した方がよいでしょう(このためのユーザーボックスとして{{User 共有IPアドレス}}があります)。

緊密または同一の接続環境にある複数の利用者が同じ目的を持って編集した場合、ウィキペディアを使用する一人の利用者と見なされる場合があります。同じ記事を編集するとき、同じ議論に参加するとき、あるいはいかなる類のものであれ論争となるような場面において互いを支持し合うときは、緊密または同一の接続環境にあるアカウント同士はその関係を公開し、さらにWikipedia:編集合戦のような関連方針の遵守において仮に一つのアカウントであったとしても問題とならないように行動した方がよいでしょう。もし互いの関係を公開したくないなら、同じ分野で編集すること、特に論争の起きやすいトピックでの編集は避けるべきです。

ソックパペットの疑いがある場合の扱い

ソックパペット調査

英語版のw:Wikipedia:Signs of sock puppetry(多重アカウントの兆候)には、多重アカウントかもしれない兆候のいくつかがリストされています。もし、だれかが多重アカウント(もしくはミートパペット)を使っていると思ったら、コメント依頼で他の編集者の意見を求めることができます(英語版では多重アカウント調査のための制度が構築されています)。Category:操り人形だと疑われるユーザーのタグつけは、対象アカウントがブロック済みで、なおかつ多重アカウントである証拠が十分にある場合以外は使用しないでください。

チェックユーザー

方針ショートカット:
WP:FALSENEGATIVE

チェックユーザー係は、サーバログを見てどのIPがどのアカウントに紐付けられているか知ることができます。チェックユーザー係は、二つのアカウントが関係を持っていると確言することはできません:チェックしたときに技術的に関連があるかどうかが見られるだけです。 ウィキメディア財団のプライバシー・ポリシーに従って、十分な理由があるときのみチェックが行われ、その結果はプライバシー侵害にならない範囲で公開されます。特定の利用者について、その利用者をチェックする格別の理由なくチェックを行うこと(フィッシング)は禁じられています。

ブロック

多重アカウントを使っていることが発覚すれば、ソックパペットは Wikipedia:投稿ブロックの方針により無期限ブロックされるべきです。主アカウントはかかわりを持たない中立的な管理者の裁量によりブロックすることもできます。多重アカウントに利用されたIPアドレスもブロックすることができますが、無期限ブロックすることについては一定の制限があります(w:Wikipedia:Blocking IP addresses

タグ付け

英語版での対処方法については

ロールアカウントの一覧

関連ページ

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ ウィキメディア財団のプライバシー・ポリシー
  2. ^ en:Wikipedia:Requests for arbitration/Privatemusings#Sockpuppetry参照。
  3. ^ 似ていない名前は混乱のもとになりかねず、透明性を阻害する意図を与えかねません。署名を変更しても、利用者名は編集履歴上で表示されることに留意してください。
  4. ^ 裁定例w:Wikipedia:Requests for arbitration/Regarding Ted Kennedy#Sockpuppets

外部リンク