投資詐欺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

投資詐欺(とうしさぎ)とは、投資に関する詐欺を言う。なお、本項目は、多くの官公庁などに記載されている注意呼びかけを集約したものが主体である。

詐欺手法[編集]

  • 価値の無いあるいは架空の未公開株を不当に高額で売却し、行方をくらます。
  • 実際に存在する知名度の高い会社の未公開株を一般的な評価額の何倍もの価格で販売する。
  • 陳腐な投資セミナーを、高額の授業料や講習料で勧誘する。
  • 違法な勧誘で出資を募る詐欺。
  • 実態の無い会社の株式を不当に高額で売却する。
  • 実態の無い会社の社債を「高利回り」などと宣伝して購入させて最終的に償還しないで逃げる[1]
  • 利益が出ていない、あるいは、赤字の会社や実質債務超過の未公開会社の株式を不当に高額で売却する。
  • 競馬、競艇、競輪、オートレースなどをあたかも投資と銘打って、不当に高額の予想情報、あるいは架空の八百長情報を売却する。
  • 水資源の権利 [2]
  • CO2(二酸化炭素)排出権への投資を持ち掛け高額の現金を騙し取る[3]

被害にあうのを防ぐ方法[編集]

  • 他人から薦められた未公開株式や馬券を購入してはならない。
  • 広告の投資情報ソフト販売を安易に信用してはならない。
  • 金融商品は金融庁に登録されている業者以外から購入しない。

その他[編集]

被害額上位の事件一覧[編集]

名称 商材 被害者数 被害額 摘発/破綻時期
大和都市管財 抵当証券 1万7000人 1100億円 2001年11月
投資ジャーナル 株式 8000人 580億円 1985年
キングダム・トラスト・ニューヨーク 新規公開株投資 被害者800人 総額300億円 2006年3月
ジェスティオン・プリヴェ・ジャポン 海外のプライベートバンクを使った資産運用 1600人 320億円 2005年7月
アイディ ジャパンサクセスジャパン 未公開株 数千人 200億円 2009年
イー・マーケティング 未公開株 1000人 150億円 2009年
エフ・エー・シー 外国為替証拠金取引(FX) 8,000人 135億円 -
エイワン・コミュニケーションズ 株式投資代行 2,800人 130億円 2006年
エンジェルファンドネットワーク(AFN) 融資仲介 500人 103億円 2000年
オレンジ共済組合 共済組合内の社内預金 2700人 96億円 1996年
夢大陸 架空の外国債 400人 67億円 2011年1月15日
保全経済会 匿名組合出資金 15万人 44億円 1953年
ワールドインベストメント (キャスト) 未公開株 - 33億円 2007年

出典[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 証券マン装い2千万円詐取容疑の定時制高2男子 読売新聞 2012年10月18日
  2. ^ 急増している「水資源の権利」と称する新手の投資取引のトラブル!国民生活センター [2011年3月3日:公表]
  3. ^ 二酸化炭素の排出権取引で出資金詐欺、3人逮捕 読売新聞 2013年7月1日