知内町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しりうちちょう
知内町
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 渡島総合振興局
上磯郡
団体コード 01333-1
面積 196.67 km²
総人口 4,878
住民基本台帳人口、2013年12月31日)
人口密度 24.8人/km²
隣接自治体 上磯郡木古内町松前郡福島町
檜山郡上ノ国町
他のシンボル
知内町役場
町長 大野幸孝
所在地 049-1103
北海道上磯郡知内町字重内21番地1
北緯41度35分54.4秒東経140度25分7.9秒
外部リンク 知内町

日本地域区画地図補助 01330.svg

知内町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

知内町(しりうちちょう)は、北海道渡島総合振興局管内南部にある

町名の由来はアイヌ語の「チリ・オチ」(鳥・居るところ)の意味から。

地理[編集]

渡島管内、渡島半島南西部に位置。東部は津軽海峡に面し、西部及び南部は山岳。 町中心を東西に知内川が流れ、下流域に知内市街がある。 川及び沿岸に沿って国道228号が走るほか、海峡線及び青函トンネルの入口を有する。 青函トンネル入口は湯ノ里地区にある。展望台(写真撮影台)がある。

  • 山: 桂岳(734m)、七ツ岳(957m)、燈明岳(577m)、兵隊山(300m程度。涌元地区)
  • 河川: 知内川 頃内川(コロナイ川)
  • 湖沼: 知内ダム
  • 岬: 狐越岬、矢越岬

隣接している自治体[編集]

人口[編集]

Demography01333.svg
知内町と全国の年齢別人口分布(2005年) 知内町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 知内町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
知内町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 7,213人
1975年 6,980人
1980年 7,363人
1985年 7,380人
1990年 6,383人
1995年 6,150人
2000年 5,832人
2005年 5,447人
2010年 5,075人
総務省統計局 国勢調査より

沿革[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

経済[編集]

基幹産業は稲作、漁業、林業など。また元町地区には、重油オリマルジョンを燃料とした北海道電力知内発電所(総出力70万kW)がある。

漁業[編集]

農協・漁協[編集]

  • 新函館農業協同組合(JA新はこだて)知内支店
  • 上磯郡漁業協同組合

金融機関[編集]

郵便局[編集]

  • 知内郵便局
  • 湯ノ里郵便局

※知内町内の集配業務は木古内郵便局が担当

宅配便[編集]

公共機関[編集]

警察[編集]

教育[編集]

交通[編集]

国道228号線により、木古内町、北斗市函館市福島町松前町江差町に行ける。

鉄道[編集]

当町内に北海道旅客鉄道海峡線知内駅があったが、2014年(平成26年)3月15日に廃止された。 現在、町内に旅客駅は存在しない。

また、かつては松前線が通っていたが、1988年(昭和63年)2月1日に廃止されている。町内には森越駅渡島知内駅重内駅湯ノ里駅が設置されていた。

バス[編集]

  • 函館バス - 知内出張所を設置。松前線代替バスや函館方面への路線がある。

道路[編集]

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 北海道湯の里4遺跡土壙出土品
旧石器時代の遺物一括。遺跡には人間の「墓」としては日本最古のものと見なされる遺構を含む。
1991年重要文化財に指定。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 松前・矢越道立自然公園
  • 知内温泉
  • おっぱいまつり
  • サマーカーニバル in 知内 毎年8/14
  • しりうち大漁まつり 8月中旬
  • しりうち味な合戦冬の陣 カキニラまつり 2月中旬

出身有名人[編集]

活躍した有名人[編集]

その他[編集]

  • 郵便番号 - 049-11XX(03重内 06元町 05小谷石 01中の川 07上雷 02森越 04涌元)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]