真SAMURAI SPIRITS 覇王丸地獄変

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
真SAMURAI SPIRITS 覇王丸地獄変
Samurai Shodown II
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 アーケードゲーム[AC]
ネオジオ[NG]
ネオジオCD[NGCD]
バーチャルコンソール[VC]
開発元 SNK
発売元 SNK
シリーズ サムライスピリッツシリーズ
人数 1人~2人
メディア ROMカセット[NG]
CD-ROM1枚[NGCD]
発売日 [AC]1994年10月28日
[NG]1994年12月20日
[NGCD]1994年12月15日
[VC]日本の旗2008年7月23日
欧州連合の旗2008年8月8日
アメリカ合衆国の旗2008年8月25日
対象年齢 CERO: C(15才以上のみ対象)
システム基板 [AC]Multi Video System
その他 PS版『サムライスピリッツ剣客指南パック』、PS2/Wii版『サムライスピリッツ六番勝負』にも収録。
テンプレートを表示

真SAMURAI SPIRITS 覇王丸地獄変』(しんさむらいすぴりっつ はおうまるじごくへん)はSNK1994年10月28日に発売した対戦型格闘ゲーム。『サムライスピリッツ』シリーズの第二作目である。欧題は『Samurai Shodown II』。

概要[編集]

前作『SAMURAI SPIRITS』のヒットを受けて開発部が急遽製作した純粋な続編。

主な登場キャラクターは最初に選択出来るプレイアブルキャラクター15人、隠しキャラクター1人、ボスキャラクター1人の合計17人。

アーケードモードでは、プレイヤーは世界の異変を感じ取った15人のプレイアブルキャラクターを操り、この事態を解決していくこととなる。

隠しキャラクターとして、初代から背景にて判定を行っていた黒子が敵キャラクターとして参戦。デモや必殺技、挑発などアクションが他キャラクター(『サムライスピリッツ』以外のSNK格闘ゲーム作品も含む)のパロディとなっている。ストーリー上のサブキャラクターで演出のみだが、前作のボスキャラクターである天草四郎時貞も登場している。

メディア同士のタイアップとして、ゲーマーアイドルとして有名な千葉麗子チャムチャム声優役で参加している。またマネージャーもチャムチャムの相棒、パクパク役で参加している。

この作品のみ本編内での言語を選択できる。設定を「英語」か「スペイン語」のどちらかにすると血の色が緑色になり、黒子による試合終了後の死体搬送がカットされるなど演出が欧米仕様になる。(ただしタイトルロゴはそのまま)また、翻訳の関係上、一部の会話が異なる。

移植版[編集]

ネオジオROM版(1994年12月2日発売)
アーケード版の完全移植。さらに黒子が対戦のみ使用可能。
ネオジオCD版(1994年12月15日発売)
スタッフロールがアーケード版やネオジオ版と違っている。
Microsoft Windows 95版(1996年11月14日発売)
ゲームバンクより発売。
2004年2月19日にはメディアカイトよりWindows XP対応の廉価版が発売。
PlayStation版『サムライスピリッツ 剣客指南パック』(1998年3月26日発売)
SAMURAI SPIRITS』とのカップリング収録。
2007年5月31日にはゲームアーカイブスでも配信。
Wii バーチャルコンソール版(2008年7月23日発売)
ネオジオ版が配信されている。
PlayStation 2/Wii版『サムライスピリッツ 六番勝負』(2008年7月24日発売)
シリーズ6本のカップリング収録。ネオジオ版準拠の移植。
Xbox 360 Xbox Live Arcade版(2008年9月10日発売)
オンライン対戦にも対応している。
iOS/Android版(2013年6月27日発売)
Bluetoothを使ったマルチプレイヤーモードを搭載している。

システム[編集]

武器破壊技
怒り状態時に出せる超必殺技。技がヒットするとこの技を食らった相手は武器を破壊され、素手状態で戦うこととなる。破壊された武器は約15秒後に黒子が背景から放り投げてくれる。
ぬいぐるみ変身
コマンドを入力すると、煙に包まれ自分のキャラクターがぬいぐるみに変身する。必殺技などの特殊コマンドを入力や、再度ぬいぐるみコマンドを入力するとぬいぐるみ状態は解除される。出掛かりと消え掛かりの煙に無敵時間が存在する。
前転、後転
斜め下に2回素早くレバーを入力すると、前転、後転をする。ダッシュほど素早く移動出来ないが、ダッシュにはない無敵時間が存在する。キャラクターによって無敵の箇所が違い、上半身、下半身、全身の3タイプがいる。
下段避け
BボタンとCボタンを同時に押すと、相手の下段攻撃を小ジャンプしてかわす動作をする。同時にレバーがニュートラルの時は後方に下段避けをし、レバーが前方の時は垂直に下段避けをする。
伏せ
素早くレバーを下に2回入力すると、地面にはいつくばるように身を伏せる。しゃがみ状態より更に姿勢を低く出来る利点がある。レバーの2回目が短いと一瞬伏せてすぐに立ち上がるが、レバーの2回目が長いと一定時間伏せ続ける。
秘奥義
全キャラクター中、一部のキャラクターに秘奥義が用意されている。これらの技は通常の必殺技と同様に使用条件は設定されていないが、複雑なコマンドを必要とする。

本作では「武器の耐久度」と「得点アイテム」が廃止された。

登場キャラクター[編集]

旧キャラクター[編集]

覇王丸
本作の主人公。本作は魔性の者や幻十郎から命を狙われており、そのことがタイトルにも掛かっている。
「秘奥義」が用意されているキャラクターの一人。
橘右京
ナコルル
衣装が前作から少々変化し、上着の裾が膝下まで伸びてスカートのようになった。前作では口調が明るい少女風であったが、本作より敬語で丁寧な口調に変化した。彼女のステージ背景にはリムルルが登場する。
「秘奥義」が用意されているキャラクターの一人。
ガルフォード
「秘奥義」が用意されているキャラクターの一人。
服部半蔵
「秘奥義」が用意されているキャラクターの一人。
シャルロット
前作より髪が長くなった。
柳生十兵衛
千両狂死郎
王虎
武器が青龍刀から石柱に変更された。
アースクェイク
前作と違い、専用の組み技で投げられるようになった。彼のステージ背景には手下たちが登場する。
不知火幻庵

新キャラクター[編集]

牙神幻十郎
覇王丸の兄弟子。和狆からその素質を買われていたが、あまりにも暗黒に近い魂の持ち主であった為、破門された過去を持つ。それ以降、覇王丸と和狆に対し憎しみを抱き、覇王丸を斬り殺す機会を狙っている。人をすぐに斬れるようにと、抜き身の日本刀が武器。技のエフェクトに花札が出る。
当初は覇王丸のライバルキャラクターには橘右京を考えられていたが、本作以降彼が覇王丸の純粋なライバルキャラクターとなっている。
チャムチャム
南米グリーンヘル出身。前作で登場したタムタムの妹で、彼に変わって登場した。好奇心旺盛で、生粋の野生児。ある日こっそり持ち出した家宝のタンジルストーンを魔物に持ち出されたことがきっかけで捜索の旅に出る。ブーメランが武器。ペットであるチンパンジーの「パクパク」と一緒に戦う。
ナインハルト・ズィーガー
プロシア帝国出身の聖騎士。ヨーロッパの小国に常駐する軍団「紅き獅子聖騎士団」の団長。ヨーロッパ全土で続発する不可解な現象の解明を皇帝から命じられ、探索の旅に出る。ズァリガーニという片手にはめた手甲状の大きな武器で戦う。
花諷院和狆
覇王丸と幻十郎の師匠で、戸隠陰陽術を自在に操る老僧。若い頃は魔性の者を退治することを生業としていた。しかし、ある魔物から命辛々逃げだしたことをきっかけに廃業、山寺で自分が討ってきた魔物を供養する日々を過ごしていた。だが、覇王丸が魔物に狙われていることを知り、再び魔物と戦う旅に出る。錫杖を片手に持って戦う。

隠しキャラクター[編集]

黒子
若い頃の和狆の仲間。ある魔物から命辛々と逃げ出したことがきっかけで剣の道を捨て、審判の道を歩み出した。しかし、覇王丸たちの真剣勝負に立ち会う間に自らの胸に秘めた「侍魂」を呼び醒まされ、自らも立ち会いを挑むようになった。
普段は前作と同様に背景で審判をしているが、一定条件を満たすと途中で乱入してくる。また、家庭用の対人戦に限り隠しコマンドで使用可能。隠しキャラクターらしく非常に高性能になっている。

ボスキャラクター[編集]

羅将神ミヅキ
最終ボス。アンブロジァと契約し魔道の巫女となった。神通力に優れる美州姫に憑依し彼女が持っていた能力と肉体を奪い、現在の姿となる。強力な魔力と魔獣を召喚し操ることが出来る。
PS版『サムライスピリッツ 剣客指南パック』では対戦モードに限り隠しコマンドで使用可能。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]