餓狼 MARK OF THE WOLVES

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
餓狼 MARK OF THE WOLVES
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 アーケード (MVS)
ネオジオ
ドリームキャスト
プレイステーション2
Xbox 360(XBLA)
開発元 SNK
発売元 SNK(PS2版を除く)
SNKプレイモア(PS2,360)
人数 1~2人
メディア カートリッジ(AC/ネオジオ)
GD-ROM1枚(DC)
DVD-ROM1枚(PS2)
XBLA(360)
発売日 1999年11月26日(AC)
2000年2月25日(NG)
2001年9月27日(DC)
2005年6月30日(PS2)
2009年6月24日(360)
対象年齢 CERO:12歳以上対象(PS2,360)
コンテンツ
アイコン
暴力(PS2,360)
デバイス 1レバー+4ボタン
テンプレートを表示

餓狼 MARK OF THE WOLVES』(がろう マーク オブ ザ ウルヴス)は1999年SNKが発売した2D対戦型格闘ゲーム。略称は『餓狼MOW』『MOW』など。キャラクターイラストはTONKOが担当した。MVS(1999年11月26日登場)の容量は706メガ。家庭用ネオジオ版は688メガ(容量圧縮による)。

2001年9月27日ドリームキャスト版が発売され、これがSNKが発売した最後の、他社プラットフォーム向けの家庭用ソフトとなった。また、SNKプレイモアから2005年6月30日に『ネオジオオンラインコレクション』第一弾として、CEROレーティング12歳以上対象のプレイステーション2版が発売された(マルチマッチングBB対応)。また、ネオジオスティック2(餓狼MOWバージョン)付きの限定版も発売された。2009年6月24日にXbox 360XBLA版が配信された。

概要[編集]

リアルバウト餓狼伝説』から10年後の世界が舞台であり、現時点では『餓狼伝説』シリーズ最終作。新たな主人公としてギース・ハワードの息子であるロック・ハワードが登場。前作『リアルバウト餓狼伝説2』から続投しているキャラクターは旧主人公のテリー・ボガードのみになっている。

システム[編集]

1レバー+4ボタン(A:弱パンチ、B:弱キック、C:強パンチ、D:強キック)で操作。

ラインシステム
『餓狼伝説』シリーズの特徴だった複ラインシステムが削除され、1ラインとなった。
ジャストディフェンス
攻撃を受ける直前にガードすると硬直が少なくなり、体力が若干回復する(回復量は、その時に受けた相手の技の攻撃力によって変化する)。ジャストディフェンス中にコマンド入力することでジャストディフェンスをキャンセルして必殺技で反撃できる「ガードキャンセル」がある。また、ジャストディフェンスに成功することで、蓄積していたガードクラッシュ値を減らすこともできる。
T.O.P.
体力ゲージの3つに区切られたうちの一部分をT.O.P.エリアとして事前に選択し、残量がT.O.P.エリア内の間、以下の特典が発生する。
  • 攻撃力が上がる。
  • 「T.O.P.アタック」と呼ばれる技が使用可能になる。
  • 体力が徐々に回復する。
  • 対CPU戦時、T.O.P.状態中は技を相手に当てた時に入る得点が2倍になる。
家庭用では範囲を狭くする(=体力ゲージを5つや15に分けてその中から選択する)代わりに攻撃力上昇効果を上げることも可能。
避け攻撃
上段避け攻撃と下段避け攻撃があり、名前に対応した技はその部分の食らい判定が無くなる。上段避け攻撃は旧シリーズの避け攻撃を受け継いだもので、対して下段避け攻撃は大部分のキャラクターのものが小さく飛びながらの攻撃になっている。
ブレーキング
特定の必殺技のモーションを中断して隙を減らす。対応技は隙の大きい対空系の必殺技が多い。
フェイント
必殺技を出すフリをする。
特殊挑発
お遊びの要素として、対戦相手をKOしてから勝利ポーズに入るまでにレバー前か後と同時にスタートボタンを押すと専用の挑発動作が出る。
連勝ハンディキャップ
対人戦で10連勝するとハンディキャップを背負うこととなる。また10連勝ごとにハンデの負荷は増えるだけなく、重ね掛けされていく。内容は以下の通りだが、基板の設定によって無効にすることもできる。
  • 10連勝…チャンピオン側の挑発で相手のゲージが溜まる(挑発の持続に応じて増加)
  • 20連勝…挑戦者側が毎ラウンド、パワーゲージがMAXでスタート
  • 30連勝…挑戦者側のパワーゲージが自動で回復する
  • 40連勝…挑戦者側のパワーゲージ増加量が倍になる
  • 50連勝…挑戦者側が常にT.O.P.状態になる

キャラクター[編集]

テリー・ボガード以外は全員新規のキャラクターで、本作のキャラクターは『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズなどの外部作品にもたびたび登場している。

ロック・ハワードRock Howard](竹本英史
ギース・ハワードの忘れ形見。テリーが育てたため、ギースの技とテリーの技を使う事ができる。母を見捨てたギースの事は嫌っている。
ギースの死から10年後、ロックにキング・オブ・ファイターズの招待状が届く。そこには「優勝すれば自分の母について『ある事』を教える」と書いてあった。ロックはキング・オブ・ファイターズに出場することを決める。
テリー・ボガードTerry Bogard](声:橋本さとし
ギース亡き後の大会の裏を探るべく、キング・オブ・ファイターズに参加する。
『餓狼伝説』シリーズの登場人物の中で唯一の皆勤賞。
キム・ドンファンKim Dong hwan](声:橋本潤
キム・カッファンの長男。真面目な父親と違い、修行をサボってナンパに行くことが趣味。そのたびに父カッファンや弟ジェイフンに怒られているが、実力は全盛期の父を凌ぐとも言われている。弟とは違い、自己流にアレンジした技を使い、必殺技には雷を伴う。
キム・ジェイフンKim Jae hoon](声:浅川博貴
キム・カッファンの次男。父に似て真面目に練習をしており、悪を許さない正義漢。父の技を引き継いでいる事からも真面目さが伺える。また、必殺技には炎を伴う。
双葉ほたるHotaru Futaba](声:堀江ゆき
テンのイトカツとともに行方不明の父と兄を探す中国拳法使いの少女。兄に似た人物が大会に参加しているという噂を聞き、飛び入り参加した。
牙刀Gato](声:石井康嗣
母を死に追いやった父を倒すべく技を磨く、非情なる中国拳法使い。大会の優勝は二次的な目的に過ぎず、真の目的は究極の拳法を完成させる事にある。
実はほたるの兄(ただし、牙刀本人はその事実を頑なに否定している)。
マルコ・ロドリゲス/クシュヌード・バット[Marco Rodriguez / Khushnood Butt](声:花田光
極限流空手道場に道場破りとして挑みリョウ・サカザキに大敗したあと、極限流空手の奥深さを知り、その強さに憧れ入門。現在は師範クラス。保守的なモラリストだが、どこか間の抜けた発言が目立つ。グリフォンマスクを珍しい鳥と勘違いして彼の怒りを買う。
日本国外版では名前が「Khushnood Butt」に変更されている。
北斗丸Hokutomaru](声:竹内順子
不知火流忍術を使う元気な少年。アンディ・ボガードの弟子。
B.ジェニーB. Jenet](声:斉藤レイ
大会主催者のお宝を手に入れようとする義賊集団の海賊リーリンナイツの艦長。実はイギリスの名家バーン家の令嬢で、本名はジェニー・バーン。作中の勝利メッセージで、テリーが初恋の相手だということが判明。
フリーマンFreeman](声:や乃えいじ
闘いに生き、悦楽を求める自由な男。戦いの相手を自身で殺すことを「召される」と呼ぶ危険な男。ケビンの親友を殺した張本人。赤く染めた長髪で表情は覗えない。
技名が全て、実在するヘヴィーメタルバンドの名前や、そのジャンルの楽曲のタイトルに由来してる。
グリフォンマスク/ティゾック(チソク)[The Griffon / Tizoc](声:花田光)
子供たちのヒーローとして活躍する正義の覆面レスラー。ある男に敗北するまでは無敵を誇っていた。
プロレスラーらしく、多数の投げ技を持つ。「T.O.P.アタック」の「グリドロスーパーキック」は、グラントの技と並んでガードクラッシュ値が最も高い技。レバー2回転コマンドの投げ技「ビッグフォールグリフォン」は全キャラ中で屈指の威力。
日本国外版での名前は「Tizoc」(アステカの王に由来)。
ケビン・ライアンKevin Rian](声:北沢洋
SWATに属する陽気な警察官。親友を殺した男を捜すため、親友の息子マーキー(声:竹内順子)と一緒に旅をする。テリーのことを親友を殺した犯人と勘違いして戦いを挑むなど、早とちりな一面もある。ブルー・マリー(本名:マリー・ライアン)の親戚でもある。
持ち技に打撃で爆発を起こすものが多い。

ボスキャラクター[編集]

この2人はルーレットやコマンド入力でプレイヤーキャラクターとしても使用可能になる。家庭用では最初から使用可能。

グラントGrant](声:北沢洋)
暗黒空手の使い手で、仮面を付けた巨漢。親友であるカインの出世を妬んだ組織の幹部に銃撃され、その弾丸が摘出されずに体の中にある。カインを守るため、残り少ない命を授けて戦いに赴く。本名は「アベル・キャメロン」[1]
カイン・R・ハインラインKain R. Heinlein](声:橋本潤)
ギースの妻の弟(ロックの叔父)にあたる青年で、暗黒真空拳の使い手。ロックに母の秘密を教えるという手紙を送った。
対CPU戦にてグラント戦に勝つまでコンティニューなしでゲームを進め、なおかつグラント戦までの全戦のファイティングレベルが平均で「AAA」ランク以上に達していると、グラント撃破後に彼が最後の相手として登場する。このカインに勝つと真のエンディングを見ることができる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]