魑魅魍魎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江戸伊勢屋治助著『百鬼夜講化物語』。向かって右が魑魅、左が魍魎。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)とは、怪物の怪物。様々な化け物妖怪変化。魑魅は山の怪、魍魎は川の怪であり[1]、一般には山河すべての怪として魑魅魍魎の名で用いられることが多い[2]。なお、古くから「みのり」と言う名でも通っている。これは実ると言う意味で古くから地方で使われている。

解説[編集]

魑魅[編集]

魑魅とは、山林の異気(瘴気)から生ずるという怪物のことと言われている。顔は人間、体は獣の姿をしていて、人を迷わせる。平安時代中期の辞書『和名類聚抄』ではスダマという和名のの一種とされ、江戸時代の百科事典『和漢三才図会』では山の神とされる[3]

魍魎[編集]

魍魎は山川や木石の精霊とされる。山・などあらゆる自然物の精気から生じ、人を化かす。また、死者を食べるとも言われ、姿かたちは幼児に似ていて、2本足で立ち、赤黒色の皮膚をして、目は赤く、耳は長く、美しい髪と人に似た声をしている。これらの外見はを思わせる。『和漢三才図会』では水神、古代中国の書『春秋左氏伝』では水沢の神とされる[3]

語源[編集]

語源に関しては諸説あるが、『史記』(五帝本紀)によると、魑はの形をした山神、魅は猪頭人形の沢神とされ、ここから色々なの属性を併せ持った怪物のイメージが膨らんだ、と推測される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、218頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ 近藤瑞木編 『百鬼繚乱 - 江戸怪談・妖怪絵本集成』 国書刊行会2002年、11頁。ISBN 978-4-336-04447-1
  3. ^ a b 『妖怪事典』、329-330頁。

関連項目[編集]