魍魎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕今昔画図続百鬼』より「魍魎」

魍魎(もうりょう・みずは)または罔両美豆波は、 山や川、木や石などのや、墓などに住む物の怪または河童などさまざまな妖怪の総称。ほかには水の神とも。

もともとは中国の自然界の精

淮南子』には、「罔両は状は三歳の小児の如し、色は赤黒し、目は赤く耳は長く、美しい髪をもつ」と記される。

本草綱目』には、「罔両は好んで亡者の肝を食べる。それで『周礼』に、戈(ほこ)を執って壙(つかあな)に入り、方良(罔両)を駆逐する、とあるのである。本性、罔両は虎と柏とを怖れす。また、弗述(ふつじゆつ)というのがいて、地下にあり死人の脳を食べるが、その首に柏を挿すと死ぬという。つまりこれは罔両である」と記されている。

亡者の肝を食べるという点から、日本では魍魎は死者の亡骸を奪う妖怪・火車と同一視されており[1]、火車に類する話が魍魎の名で述べられている事例も見られる。江戸時代根岸鎮衛の随筆『耳袋』によれば、柴田という役人のもとに忠義者の家来がいたが、ある晩に「自分は人間ではなく魍魎」と言って暇乞いをした。柴田が理由を尋ねると、人間の亡骸を奪う役目が回ってきたので、ある村へ行かなければならないとのことだった。翌日、家来の姿は消えており、彼の言った村では葬儀の場が急に黒雲で覆われ、雲が消えると棺の中の亡骸が消えていたという[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、330頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ 花房孝典編著 『実録・大江戸奇怪草子 忘れられた神々』 三五館、1997年、181-183頁。ISBN 978-4-88320-119-8

関連項目[編集]