イグニッション・エンターテイメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イグニッション・エンターテイメント・リミテッド (Ignition Entertainment Ltd.) は、イギリスに本社を置くゲームソフト開発・販売会社である。2002年4月設立。

2003年、アメリカ子会社設立。2004年からインド資本のメディアコングロマリット(2012年、ウォルト・ディズニー・カンパニーが買収)であるUTVソフトウェア・コミュニケーションズの傘下となっている。

主なゲーム作品[編集]

日本での展開[編集]

2004年10月、日本法人を設立(東京都新宿区新宿4丁目に所在していた)。当初はSNKプレイモア(日本法人代表の竹下和広は元SNK欧州事務所代表[2])やマーベラスエンターテイメントなど日本製ゲームの買い付けを主業務としていた。

2007年末より日本にも開発スタジオを設立。

2009年8月、『たまらん』のWii日本語ローカライズ版で日本でのゲーム販売に進出。

2011年6月、家庭用ゲーム向けの自社開発から撤退するため、発売元として携わる『ドラゴンズクラウン』をもって日本の開発スタジオの閉鎖を示唆[3]。自社開発撤退後、販売部門として活動していく。

2012年4月、『ドラゴンズクラウン』のタイトルIP、製造・販売権をインデックス(旧会社)に売却[4](これらの権利は旧インデックスの経営破綻に伴い、2013年11月に新会社のインデックスへ譲渡された)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]