【Hg】ハイドリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

【Hg】ハイドリウム(エイチジー -、Archer Maclean's Mercury)は、2005年8月4日ソニー・コンピュータエンタテインメントより発売されたプレイステーション・ポータブルアクションパズルゲーム。続編として『タマラン』(『たまらん』)と『Mercury Hg』がある。シリーズの日本語ローカライズおよび北米版発売元はイグニッション・エンターテイメント

概要[編集]

アナログスティックでステージを傾けることで水銀玉を転がし、ゴールへ導くマーブルマッドネス風のアクションパズルゲームだが、本作で転がす玉は水銀(タイトルのHgは水銀の元素記号)であるため、玉が分裂、結合するのが特徴である。また、ステージ内のドアやスイッチといった施設は特定の色に反応するため、ペイントシャワーで水銀を着色したり、違う色同士の水銀玉を結合させて色を変える必要がある。

タマラン[編集]

タマラン』(TAMA-RUN,Mercury Meltdown)は、2006年8月24日にソニー・コンピュータエンタテインメントより発売されたプレイステーション・ポータブル用ソフト。

前作の72ステージから128ステージに増えた(いずれも隠しステージを除く)ほか、水銀玉を加熱・冷却することで玉が液体、半液体、個体に変化するギミックが加えられた。

CMではBGMに岡村孝子夢をあきらめないで」が用いられた。2007年10月1日にはiアプリ版が配信開始された(一部機種は直感ゲームに対応)。

たまらん[編集]

たまらん』(tama-run,Mercury Meltdown Revolution)は、2009年8月27日にイグニッション・エンターテイメントより発売されたWii用ソフト。海外では2007年に発売されている。

北米や欧州で発売されていたプレイステーション2版(Mercury Meltdown Remix)同様、PSP版の移植であるが、Wiiリモコンの傾き操作(加速度センサー)にも対応している。

Mercury Hg[編集]

Mercury Hg』は、2011年9月に海外でのみプレイステーションネットワークXbox Live Arcadeにてダウンロード発売された。

外部リンク[編集]