産業技術記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg トヨタ産業技術記念館
TOYOTA Commemorative Museum of Industry and Technology
TOYOTA Commemorative Musemum 01.JPG
施設情報
正式名称 トヨタ産業技術記念館
愛称 トヨタテクノミュージアム
専門分野 自動車・紡績
館長 飯島修[1]
事業主体 トヨタグループ
管理運営 トヨタグループ
建物設計 竹中工務店[2]
延床面積 27,127m2[2]
開館 1994年6月11日
所在地 451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
位置 北緯35度10分59.6秒 東経136度52分33.71秒 / 北緯35.183222度 東経136.8760306度 / 35.183222; 136.8760306
ウェブサイト 産業技術記念館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

トヨタ産業技術記念館(とよたさんぎょうぎじゅつきねんかん、英語名:TOYOTA Commemorative Museum of Industry and Technology)は、名古屋市西区にあるトヨタグループが運営する企業博物館。副題的に、「トヨタテクノミュージアム」とも呼ばれる。旧豊田紡織本社工場でグループ発祥の地に1994年6月11日に開館した。

概要[編集]

産業技術記念館内に展示されている無停止杼換式豊田自動織機(G型)

豊田佐吉により1911年に建設され1918年にレンガ造りの建物に改築された「豊田自動織布工場」の跡地に、工場建物も利用する形で開設された企業博物館である[3]

展示は大きく繊維機械に関するものと自動車に関するものの2種類であり、それぞれが「繊維機械館」「自動車館」に納められている[3]。またかつての豊田紡績本社事務所も敷地内で修復され、「トヨタグループ館」として佐吉による設計図や取得した特許証などのゆかりの品が展示されている[3]。展示物は動態保存されているものが多く、技術の進歩を実演で感じることができる[3]田中久重が製作したからくりの弓曳き童子も展示されている。

工場建物を改築して用いている繊維記念館、およびトヨタグループ館の2館については、1996年2月27日付で名古屋市都市景観重要建築物等に指定されている[4]

また、2007年には建設業協会(現:日本建設業連合会)により第48回のBCS賞を受賞している[5]。 2014年7月1日 開館20周年を機に産業技術記念館から、トヨタ産業技術記念館へ改称

施設[編集]

  • 繊維機械館
「糸を紡ぐ、布を織る技術」の移り変わりを紹介する。
  • 自動車館
「自動車のしくみと、開発・生産技術」の移り変わりを紹介する。

いずれも実際の生産に使われた、もしくは使われている産業機械の実物を展示しており、ものによっては模擬的に実働させることも可能となっている。その他にも体験コーナー「テクノランド」や、豊田佐吉や息子の喜一郎ゆかりの品などを展示した「トヨタグループ館」「豊田商会事務所」などの展示施設と、カフェやレストラン、図書館、ビデオライブラリー等の付属施設がある。また、愛・地球博トヨタグループ館で人気を博したトヨタ・パートナーロボットの1体がデモ演奏(1日5回)を行なっていたが、2012年6月10日の「さよならコンサート」を最後に、現在は演奏を行なっていない。

インフォメーション[編集]

  • 見学時間 9時30分 - 17時(入館は16時30分まで)
  • 休館日 毎週月曜日(祝日の時は翌日)
  • 入館料(繊維機械館と自動車館が対象)
    • 一般 500円
    • 中高生 300円
    • 小学生 200円
    • 65歳以上、障害者無料

アクセス[編集]

所在地[編集]

  • 〒451-0051 名古屋市西区則武新町4丁目1番35号

なお、近隣にはノリタケカンパニーリミテドが運営する企業博物館のノリタケの森もあり、ノリタケの森クラフトセンターと産業技術記念館の両方を見られる共通券(800円)もある。

脚注[編集]

  1. ^ 産業技術記念館メールマガジン「赤レンガ通信」より
  2. ^ a b トヨタ産業技術記念館”. 竹中工務店. 2013年8月21日閲覧。
  3. ^ a b c d “日本の近代遺産50選 40 豊田自動織布工場”. クロスメディア営業局 (日本経済新聞社). http://www.adnet.jp/nikkei/kindai/40/ 2012年11月21日閲覧。 
  4. ^ “名古屋市:都市景観重要建築物等指定物件”. 住宅都市局都市計画部都市景観室 (名古屋市). (2012年9月25日). http://www.city.nagoya.jp/kankou/category/358-1-0-0-0-0-0-0-0-0.html 2012年11月21日閲覧。 
  5. ^ “BCS賞受賞作品 第48回 トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館”. 社団法人日本建設業連合会. http://www.nikkenren.com/activity/bcs/detail.html?r=2007&ci=758 2012年11月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]