豊田喜一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
とよだ きいちろう
豊田 喜一郎
豊田の肖像写真
生誕 1894年6月11日
日本の旗 静岡県
死没 1952年3月27日(満57歳没)
出身校 東京帝国大学工学部卒業
職業 第2代 トヨタ自動車工業社長
子供 豊田章一郎長男
豊田達郎二男

豊田 喜一郎(とよだ きいちろう、1894年6月11日 - 1952年3月27日)は、日本の経営者、技術者、トヨタ自動車創業者[1]

トヨタ自動車工業(現・トヨタ自動車)社長(第2代)、社団法人自動車技術会会長(第2代)などを歴任した。

来歴・人物[編集]

豊田市役所に建立された豊田喜一郎の像

里帰り出産のため静岡県敷知郡吉津村山口(現在の湖西市山口)で生まれ祖父母の家で育つ。[2]3歳で父・佐吉の住む愛知県名古屋市(現・同市東区)に転居し、東区武平町や西区島崎町、栄生町の工場内に住む。のち名古屋市白壁町の家に住む[2][3][4]。高岳尋常小学校[1]、現・名古屋市立東桜小学校、愛知県師範学校附属小学校(現愛知教育大学附属名古屋小学校[1]、旧制明倫中学校(現愛知県立明和高等学校)、第二高等学校(現東北大学)甲組工科を経て、1920年東京帝国大学工学部機械工学科卒業[2]

卒業後、父・佐吉の意向で、経営者になるため9月から東京帝国大学法学部で1921年3月まで学んだ。その後地元の名古屋に戻った喜一郎は、豊田紡織に入社。1921年7月から1922年2月まで豊田利三郎夫妻とともにサンフランシスコロンドンオールダムなどを視察しマルセイユから上海経由で帰国した。父には発明より経営に重点を置くように指示されていたが、碧海郡刈谷町に試験工場を作り、自動織機の開発を開始。1926年に豊田自動織機製作所を設立し、常務取締役に就任。1929年から1930年4月まで欧米に出張し、当時、黎明期にあった自動車産業が将来大きく発展すると考え[2]、1933年9月1日に豊田自動織機製作所内に自動車製作部門(のちに自動車部)を新設。1936年に自動車製造事業法の許可会社に指定されたことから、これが1937年にトヨタ自動車工業株式会社として独立し、同年同社の副社長に就任。1941年には社長に就任した[2]。1936年から事業のため一家で東京市本郷区曙町(現本駒込)の借家に転居[2]。1938年、工場のために田畑を移すのを避けたいという思いから、愛知県西加茂郡挙母町(現・豊田市)の荒地だった58万坪の土地を取得し、自動車工場を建設した。同年赤坂に家を買い転居したが、1945年5月に空襲により焼失。名古屋市八事の別荘「南山農園」で終戦の日を迎える。終戦後は食料確保のため庭でドジョウの養殖や、ウズラの飼育を行った。別荘はその後1997年まで豊田章一郎一家が住んだのち、トヨタ鞍ヶ池記念館に移築された[5][6]

1949年のドッジ・ラインの影響で不況に陥った中、トヨタ自動車の債務も増大し、早期優遇退職を行う経営側と全日本自動車産業労働組合トヨタコロモ分会の対立が激化。事態の責任をとるため、1950年6月に社長を退任し、東京に研究所を設立し、エンジンの研究などを行った。1952年には再び社長に就任することが内定するが、同年死去[7]

愛知県豊田市(挙母市)の発展に大きく貢献した実績から、豊田市役所の広場には銅像が立てられている。

親族[編集]

関連書籍[編集]

モデルとして演じた人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『とよたを創った男 豊田喜一郎』 野口均 ワック
  2. ^ a b c d e f 『産業情報シリーズ4 豊田喜一郎伝』 国際出版研究所
  3. ^ 『現代人名情報辞典』 平凡社
  4. ^ 『現代人名情報辞典』には愛知県のみ記載
  5. ^ 「豊田章一郎(4)ドライブ 米国車で工場用地見学 東京へ転校「佐吉の孫」と話題 」
  6. ^ 「豊田章一郎(5)戦争 「先行き厳しい」父が予見 赤坂の家は空襲受け焼失」
  7. ^ 「豊田章一郎(8)父の死 社長復帰目前に倒れる 「現地現物で学ぶ」一生の教え 」
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ビジネス
先代:
豊田利三郎
トヨタ自動車工業社長
第2代 : 1941年 - 1950年
次代:
石田退三
その他の役職
先代:
浅原源七
自動車技術会会長
第2代 : 1950年 - 1951年
次代:
楠木直道