無双OROCHI 2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
無双OROCHI2
ジャンル タクティカルアクション
対応機種 PlayStation 3
Xbox 360
開発元 コーエーテクモゲームスオメガフォース
発売元 コーエーテクモゲームス
人数 1 - 2人
メディア [PS3]BD-ROM1枚
[Xbox 360]DVD-ROM
発売日 2011年12月22日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
売上本数 [PS3]:355,033本[1]、[Xbox360]:不明[2]
テンプレートを表示

無双OROCHI2』(むそうオロチ ツー、北米・欧州では『Warriors Orochi 3』)は、コーエーテクモゲームスより2011年12月22日に発売されたアクションゲームPlayStation 3版、Xbox 360版の同時発売。

2012年7月19日PlayStation Portable移植版『無双OROCHI2 Special』(むそうオロチ ツー スペシャル)が発売。また、2012年12月8日Wii U移植版『無双OROCHI2 Hyper』(むそうオロチ ツー ハイパー)が発売された。更に、今作の完成形ともいえる『無双OROCHI2 Ultimate』(むそうオロチ ツー アルティメット)が2013年9月26日にPS3・PlayStation Vitaで発売され、2014年6月26日にはPlayStation 4で発売、2014年9月4日にはXbox Oneで発売予定。

概要[編集]

無双OROCHIシリーズの3作目(第1作と第2作のセット+αだった『無双OROCHI Z』を含めれば4作目)。前作『魔王再臨』から数年後の世界が舞台になっており、三国志と戦国の世界のみならず、現代世界が舞台のNINJA GAIDENシリーズやDEAD OR ALIVEシリーズの世界、百年戦争当時のフランス古代ギリシャの世界、さらには架空の世界であるバイアシオン大陸(ジルオールシリーズの世界)までが融合した、より混沌とした世界観になっている。また、それらの融合とは別に各地のステージで蛇の胴体のような隆起物があちこちに見られる。

前作までのストーリーモードは勢力別に分かれていたが、今回は全勢力共通の1つのストーリーに沿って多彩なドラマが繰り広げられ、マルチエンディング制を採用している。

『Z』まではタイプアクションがスピードタイプでは2つだったが本作では全タイプともに1つになり、どのタイプアクションでも必ず無双ゲージを消費する。また、進入拠点の内側にいる敵には攻撃を当てることが出来なくなった。

発売後はダウンロードコンテンツも配信開始し、追加のシナリオも登場。追加シナリオでしか出現しないステージもある。追加シナリオは内容的に、前作の「ドラマティックモード」に近い扱いになっている。PSP版でも追加シナリオの配信があり(内容はほぼPS3版の追加シナリオと同じ)、本編シナリオも追加キャラに併せて2つ増加している。

なお、欧米では『魔王再臨』が『Warriors Orochi 2』というタイトルだったため、日本とはタイトルナンバーにズレが生じている。

PS3・Xbox 360共に3D立体視対応。

新規システム[編集]

  • 新アクションタイプ
これまでのテクニック・パワー・スピードの3種類に加え、新たに「ワンダー」が登場。攻撃を当てた直後にジャンプボタンを押すことで、一定量の無双ゲージを消費し「影技」を繰り出す。これによって自らの技後の隙を消しつつ敵のガードを崩すことが可能。このタイプのキャラクターには、固有能力として「ガードが崩れた敵に対する攻撃力がUPする」という特徴があるため、影技後さらに攻撃を継続すれば大ダメージを与えられる。影技自体は『戦国無双3』から既に導入されているシステムであり、そちらは無双ゲージではなく連技ゲージを消費するという点で差異がある。
また、既存のアクションタイプにもいくつかの変更された特徴がある。
  • 陣地
自軍の拠点として「陣地」が新たに設定されている。プレイヤーは陣地を散策しながら他のキャラクターと会話することで新たな情報を得たり、友好度に応じたキャラクター同士の会話を楽しんだりすることが出来る。また、陣地内には武器を購入・強化する「武器屋」、ダウンロードコンテンツなどを利用する「通信屋」、味方との友好度を上げるために宴会を開く「飯店」の3つのコーナーが設けられている。
  • 絆システム
プレイヤーキャラとして一緒に出撃する、ステージで依頼されたミッションをクリアする、陣地で宴会を開くなどの方法により、武将同士の友好度を上げることができる。友好度が上がることで陣地や邂逅・賞賛での台詞が変化する他、戦闘中のサポート攻撃が自動で発動するなどの恩恵を受けることができ、また特定の武将同士の友好度を上げることで初めてプレイ可能となるステージもある。
  • 無双の戦場
ストーリーモードでクリアしてきたマップの内容を改変し、台詞・効果音・武将の配置・敵の行動パターンを自由に設定することでオリジナルのステージを作り出すことが出来る。完成したステージをオンライン上で公開することや、他のプレイヤーが公開しているマップをダウンロードしてプレイすることも可能(PSP版ではアドホック通信のみ)。

無双乱舞(奥義)中にキャラクターの交代が出来なくなったため、「無双バースト」は廃止されたが後述する『Ultimate』では「真・無双バースト」として復活。発動方法は本作以前とは異なっている。

ストーリー[編集]

魔王・遠呂智との戦いから数年。三国と戦国の英傑たちは、創造主亡き後の世界の覇権を巡っていつ果てるともなく戦いを続けていた。だが、八岐大蛇にも似た巨大な怪物・妖蛇の出現と共に全ては一変。覇権争いで力をすり減らしていた英傑たちに抗する術はなく、国々は滅び、英傑達も戦死あるいは行方不明となってしまう。辛うじて生き残った馬超司馬昭竹中半兵衛の3人は、勝てる見込みは限りなく少ないと知りつつ討伐軍を結成し妖蛇に立ち向かうが、戦力差は歴然としており為す術もなかった。そんな絶望的な状況の中、女仙・かぐやが現れ3人を救う。彼女の導きで妖蛇に滅ぼされる前の過去へ飛んだ3人は、絶望的な未来を変えるために再び立ち上がった。

登場キャラクター[編集]

真・三國無双6 猛将伝』と『戦国無双3 猛将伝』までに登場したほぼ全てのプレイヤー武将と、無双OROCHIシリーズの新規武将。それ以外にコーエーテクモゲームスのゲーム作品のキャラクターもコラボ出演する。

新規キャラクター[編集]

かぐや
武器:
声:牧島有希 一人称:私(わたくし) 身長:160cm
馬超・司馬昭・竹中半兵衛の前に現れた、時を渡る力を持つ女性。英傑たちを救うためには過去へ渡る必要があることを告げ、3人を妖蛇によって滅ぼされる前の過去へと誘う。戦闘においては、自身の周囲に浮遊する3つの鏡から発する光線と、榊の枝を降ることで出現する笹の木を駆使する。
酒呑童子(しゅてんどうじ)
武器:巨大徳利(縄付き)
声:小西克幸 一人称:私 身長:210cm
力強さと風格を兼ね備える寡黙な大男。名前以外の記憶を一切持たず、それ故に妖魔の言いなりになって働いていた。後に太公望との交換条件により、記憶を取り戻すために討伐軍に加わる。縄付き徳利を巧みに操って殴打する、バズーカ砲のように担いで空気弾を撃ち出すなどの多彩な攻撃を繰り出す。
彼の存在なくして妖蛇を滅することはできないと太公望は語っており、また数年前に滅した遠呂智と深く関わっている。
哪吒(なた)
武器:四象圏(両手両足の周囲に纏う輝く環)、火尖槍(改造前)
声:宮坂俊蔵 一人称:ボク 身長:165cm
戦いで命を落としたが、何者かの改造を受けて機械仕掛けの体を得て蘇った、少年のような風貌をもつ人物。自身の力に絶対の自信を持ち、常に完璧な強さを維持するために身体の改造・調整に余念がなく、生身の人間を足手まといとしか思っていない。妖蛇出現前に貂蝉を殺したため呂布に敵視されて何度も襲撃を受けるが、それを歯牙にもかけないほどの強さを誇る。孫悟空とは旧知の仲であり、悟空と行動する平清盛に協力することもある。
改造前の哪吒は『Ultimate』で登場、彼を殺した相手とは遠呂智である。
素戔嗚(すさのお)
武器:天叢雲剣
声:浜田賢二 一人称:我 身長:200cm
仙界軍の長であり、仙界において無双と恐れられた勇壮な武人。妖蛇を倒すために地上にやってきたが、登場時点では人間を脆弱な存在として信頼しておらず、何度も討伐軍の前に立ちはだかる。
彼をプレイアブル化した後の追加会話では、本編でも語られなかったいくつもの謎を知ることが出来る。
仙界軍の汎用武将、仙界軍兵
前作の外見は『真・三國無双4』の物だが、本作は新規グラフィックに変更された(攻撃は汎用武将と同じ)。味方(かぐや)と素戔嗚軍勢の仙界軍武将名前は日本の神々から。哪吒がいる軍勢では、一部の汎用武将名前は彼の兄弟(金吒、木吒)から。三国操作タイプのOROCHI・コラボキャラの代役も同様のグラフィックが使われており、名前は主に中国の仙人がモチーフとなっている。

コラボキャラクター[編集]

ジャンヌ・ダルク
武器:
声:冬馬由美 一人称:私 身長:165cm
出典:BLADESTORM 百年戦争
オルレアンの乙女とも称される、百年戦争における英雄。フランス軍兵士と共にこの世界に飛ばされて来た際、自分以外の兵士が清盛の傀儡の術で操られてしまい窮地に陥っていたが、孫市の援護で戦場を脱出し討伐軍に合流する。
アキレウス
武器:サイフォス
声:神奈延年 一人称:俺 身長:188cm
出典:TROY無双
ギリシャ神話の英雄で、戦いと己の栄光のみを追い求める、神をも恐れぬ獰猛な男。妲己軍の切り札として討伐軍の前に立ちはだかるが、妲己の降伏により討伐軍と合流する。
ネメア
武器:ランカ
声:小山力也 一人称:私
出典:ジルオールシリーズ
三国志・戦国時代・現代のいずれでもない、架空の世界であるバイアシオン大陸の英雄。アキレウスに足止めされている討伐軍の前にディンガル帝国軍を率いて援軍に現れ、以後は討伐軍に加わる。配色は『トリニティ ジルオール ゼロ』のもの。
あやね
武器:風舞小太刀
声:山崎和佳奈 一人称:私 身長:157cm
出典:デッドオアアライブシリーズ
霧幻天神流忍術を駆使する、現代世界からやってきたくノ一。単独で妖魔を撃破しながら世界をさまよっていたが、源義経との出会いを経て討伐軍に加わい、『Ultimate』ではかすみと再会した。本作でもかすみのことを敵視するが、結局は彼女と共闘する道を選び、かすみの奇襲作戦も手伝った。
出典はデッドオアアライブシリーズだが武器および初期衣装は『NINJA GAIDEN Σ2』のもの。テーマ曲は『DEAD OR ALIVE 2』のもの。
リュウ・ハヤブサ
武器:龍剣
声:堀秀行 一人称:俺 身長:179cm
出典:NINJA GAIDENシリーズ
龍の魂が宿る「龍剣」を受け継ぐ現代世界の忍者。左慈・弁慶と共に行動していたが、東京摩天楼と融合した姉川で平清盛の傀儡の術を妨害するために討伐軍の前に姿を見せ、以降は合流する。出典はNINJA GAIDENシリーズだがテーマ曲は『忍者龍剣伝』のもの。

敵モンスター[編集]

妖蛇(ようじゃ)
異世界で突然に現れた、八岐大蛇にも似た巨大な怪物。強大な力を持っており、人間と仙界の勢力を壊滅状態に追い込んだ。
その正体とは、かつて完全に死亡した遠呂智から変貌した怪物。妖蛇を倒すと遠呂智(特定ルート終盤は真・遠呂智)の姿に戻ったが、本来の人格と理性はすでに失っており、破壊の意思しか残ってない。妖蛇の実態を知った政宗と慶次と妲己が討伐軍側に付くが、清盛らは以前と変わらず妖蛇化した遠呂智と共に破滅のために行動する。
その巨体の故に、ゲーム本編では「とある射撃兵器」でしか妖蛇を倒すことは出来ない。

既存キャラクターの変更点[編集]

  • プレイヤー版遠呂智の性格は前作準拠で、人格と理性は存在している。逆に真・遠呂智は本作の敵版と同一。これによって、彼と真・遠呂智のセリフが差別化されている。
  • 元は汎用武将だった牛鬼と百々目鬼は、戦い方と性格も前作(OROCHI Z)以上の個性が付けられた。敵の牛鬼と百々目鬼は同型の汎用武将と違い、無双奥義を使用することがあり、特殊遭遇台詞も存在する。ただし特別関係対象はPSP版追加キャラのレイチェルのみ。
  • 徐晃龐徳月英董卓の4人は『6猛将伝』の使用武器ではなく、『真・三國無双 NEXT』の使用武器に変更されている。

主題歌[編集]

CMで起用された楽曲。

無双OROCHI2 Special[編集]

無双OROCHI2 Special
ジャンル タクティカルアクション
対応機種 PlayStation Portable
開発元 コーエーテクモゲームスオメガフォース
発売元 コーエーテクモゲームス
人数 1 - 4人
メディア UMD1枚・ダウンロード販売
発売日 2012年7月19日
ダウンロード版:2013年3月12日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
テンプレートを表示

2012年7月19日にPSP版が発売された。以下は変更点。

  • PS3版同様にメディアインストールに対応しているが、容量可変方式ではなくなり更に保存容量が非常に小さい。
  • 新規キャラクターの追加に伴い、それに関連したシナリオ・会話などが追加。
  • 陣地が大幅に簡略化され、キャラクターが歩き回ることができなくなった。『Z』までのシナリオメニュー同様、コマンド選択式に変更された。
  • 戦闘勝利時ボイス、真・合体技終了ボイス、つばぜり合いボイスの廃止。中者と後者は既存のボイスで共用されている。
  • ボタン操作の大半は変更不可能だが、一部の操作のみ用意された3種類のボタン配置から選択可能。
  • ダウンロードコンテンツの取得は陣地からではなく、トップメニューからに変更。
  • オンライン要素は殆ど廃止され、無双の戦場で作成したステージのアップロード・ダウンロードは不可能になりアドホックモードでの受け渡しのみ対応。
  • 真・合体技発動時のカットイン表示が廃止され、合体技ゲージが溜まった時の効果音も少し低い音になっている。
  • PS3版のセーブデータをメモリースティックに入れた状態で初めてセーブデータを作成した場合に限り、安部晴明とレイチェル以外の全キャラが序盤から使用可能になる。更に追加キャラ二人を仲間にすると、本編の進行状況に関係なく特定のステージが出現するようになった。
  • 最後の決戦となるステージの螺旋回廊が短くなり、半分の距離で済むようになった(PS3版では2周しないと登りきれなかった)。
  • 新たなモードとして「バトルロイヤルモード」が追加。装備・レベルは固定となり決められた制限時間の中で得点を競う。アドホック通信による対戦だけでなく、一人でプレイすることも可能。

追加登場キャラクター[編集]

安倍晴明(あべの せいめい)
武器:扇子式神
声:細谷佳正 一人称:私
新規キャラクター。平安の世に生きる天才陰陽師で、天文や呪術など陰陽道に通じている。天才ゆえに力を持て余していたが、ある時、遠呂智の世界への裂け目を見つけ、自らその世界に降り立つ。上田城を占拠し、さらに式神(外見は三国と戦国の汎用武将)を使って全ての侵入者を排除するが、後に城を討伐軍に返還し、自身も討伐軍に参加する。
オリジナルキャラクターだが、Wii U版無双奥義のカットイン演出は戦国無双キャラクターと同じ。
レイチェル
武器:インフェルノハンマー・666式ヘヴィマシンガン
声:富沢美智恵 一人称:私
出典:NINJA GAIDENシリーズ
コラボキャラクター。自身も魔神の血を引く魔神ハンター。魔神狩りの最中にこの世界に飛ばされた。諸葛恪ら孫呉の残党と共闘し、江東の妖魔軍を駆逐する最中で討伐軍と合流する。

無双OROCHI2 Hyper[編集]

無双OROCHI2 Hyper
ジャンル タクティカルアクション
対応機種 Wii U
開発元 コーエーテクモゲームスオメガフォース
発売元 コーエーテクモゲームス
人数 1 - 2人
メディア Wii U専用光ディスク・ダウンロード販売
発売日 2012年12月8日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
売上本数 6,184本(2013年8月現在)
テンプレートを表示

2012年12月8日にWii U版が本体と同時発売。以下は変更点。

  • PSP版追加キャラクターが登場。
  • 完全新規キャラクターとして「神農」とコラボキャラクター「紅葉」が追加され、プレイアブルキャラクターはシリーズ最多の130名以上に。
  • 対戦とカードバトルを融合した3対3のチーム対戦ができる「デュエルモード」が追加。
  • テレビとWii U GamePadを使って、画面分割せずに2人協力プレイが可能。また、1人プレイ時には、GamePadにマップや軍団情報などを常時表示することができる。

追加登場キャラクター[編集]

神農(しんのう)
武器:赭鞭
声:福原耕平 一人称:私
新規キャラクター。仙界からやってきた仙人の一人。
後方支援を担当した為、長らく仙界に残っていたが、陽平関が突破された後で姿を現し、また妖蛇討伐軍に帰順してない蜀・徳川連合の援軍として加勢する。この戦いでは撤退に追い込まれるほどのダメージを追った武将の傷を全快させる能力を使用する。
物腰は柔らかいが性格は素戔嗚並みの頑固者であり、伏犠から「石頭」呼ばわりされることもある。本作では伏犠と女媧と同様、三皇として扱われる。
紅葉(もみじ)
武器:天龍薙刀・神楽弓
声:皆口裕子 一人称:私
出典:NINJA GAIDENシリーズ
コラボキャラクター。隼の里のくの一にして龍の巫女。妖蛇が改変後世界で出現した後、隼の里と融合した宛城で姿を現せ、リュウと賈詡を窮地から救い出す。
レイチェルと同様、タイプアクションと一部のチャージ攻撃は射撃武器「神楽弓」による攻撃である。無双奥義のカットイン演出は戦国無双キャラクターと同じ。

無双OROCHI2 Ultimate[編集]

無双OROCHI2 Ultimate
ジャンル タクティカルアクション
対応機種 PlayStation 4
PlayStation 3
PlayStation Vita
Xbox One
開発元 コーエーテクモゲームスオメガフォース
発売元 コーエーテクモゲームス
人数 1 - 2人
メディア [PS3 / PS4 / Xbox One]BD-ROM1枚・ダウンロード販売
[PS Vita]PS Vitaカード・ダウンロード販売
発売日 [PS3 / PS Vita]2013年9月26日
[PS4]2014年6月26日
[Xbox One]2014年9月4日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
テンプレートを表示

2013年9月26日にPS3・PS Vitaで発売。2014年6月26日にPS4で発売され、2014年9月4日にはXbox Oneで発売予定。以下は変更点。

  • PSP版・Wii U版の追加キャラクターが登場。
  • 完全新規キャラクターとして「玉藻前」、「応龍」、「九尾の狐」、「渾沌」が追加された。また今作で新規キャラクターとして登場した哪吒が改造される前の姿・「哪吒(人型)」でも登場する。いずれもキャラクターデザインは山田章博
  • 追加コラボキャラクターは「かすみ」、「ステルク」、「ソフィーティア」。ソフィーティアは他社からのコラボキャラクターとなっている。
  • 『真・三國無双6 Empires』追加キャラクターである「徐庶」も登場し、これにより『真・三國無双6』シリーズ全プレイアブルキャラクターが参戦した。
  • 主に新規参戦キャラや無印の頃に出番の少なかったキャラクターにスポットを当てたIFや別視点で展開する戦闘等のサイドストーリー、遠呂智誕生の秘密に迫る物語「前日譚」や、無印グッドエンディング後にあたる物語「後日譚」が描かれる新メインストーリーなど、シナリオは無印の1.8倍ほど追加されている。
  • 無印のセーブデータを引き継いでプレイすることが可能で、グッドエンディングまでのセーブデータさえ残っていれば、新たに追加されたシナリオからプレイできる。PS3版のセーブデータではPS3版とPS Vita版の両方に引継ぎが可能で、PSP版はPS Vita版のみに引継ぎが対応している。またPS3とPS Vita間でのマルチプレイが可能になる「クロスプレイ」や、セーブデータの共有が可能な「クロスセーブ」も搭載。その他、無印で購入したDLCもそのまま引き継いで使用することが可能。ただし、PSP版のDLCは引き継ぐ事ができないので再購入が必要になる(PSP版でDLCステージをクリア済みの場合、『Ultimate』のDLCステージ未購入状態でも真・無双の戦場にDLCステージのリストは残る)。
  • レベルが100までとなり、新たに「転生システム」が追加された。転生をすると、レベルは初期状態に戻されるが新たなスキルを一つ習得でき(最初の転生時のみ)、レベルアップ時に好きな能力に振り分けて数値の底上げが可能な「成長玉」が手に入る。またレベル100ボーナスとして、レベルが100に到達すると装備アイテム枠が4つとなり、更に転生後に再度レベル100に到達すると最大の6枠にまで増やすことができる。
  • 新たなシステムとして「戦闘スタイルチェンジ」が搭載、通常の3人のキャラを切り替えながら戦うスタイルと3人同時で戦うスタイルの選択が可能となり、戦闘中にいつでも変更が可能。3人共闘スタイルは控えキャラもプレイヤーキャラの周囲で一緒に戦ってくれる(残りの2人はNPCによる操作)ようになるが、その間は援護攻撃や控えキャラの体力・無双回復は発生しない。また、チャージ攻撃後にキャラクター切り替えをすることで使用キャラクターの3人が切り替わりながら連続して攻撃を叩き込む「トリプルラッシュ」が追加された。チーム編成によっては特別なトリプルラッシュを繰り出すことが可能。その他、『Hyper』までは廃止されていた「無双バースト」が「真・無双バースト」として復活。戦闘スタイルチェンジ中や2人協力プレイ時など、総計3人以上のキャラクターが共闘状態で発動可能。
  • 様々な調整も加えられ、アクション面では『真・三國無双7』で好評だった自動馬乗りが追加された他に、技タイプはダメージを受けてる時に敵の背後に回ることが可能になった。また、全キャラに空中用のタイプアクションが新規追加されるなどの調整が施されている。その他の面では、撃破数やストック経験値、希少石の所有数が一桁増加されているなど、細かな調整がされている。
  • モードでは『Hyper』に登場した「デュエルモード」の他に、5人でパーティーを組み(2Pプレイも可能だが選んだ5人は1Pと2Pで共有)戦場となるダンジョンを探索するローグライクゲーム的な内容の「アンリミテッドモード」が追加された。また「無双の戦場」も自由度が増して「真・無双の戦場」にリニューアルされている。その他、カラーエディット機能も搭載。『Special』で追加された「バトルロイヤルモード」は廃止された。
  • ゲーム起動時、オンライン接続が可能な状況の場合は自動でアップデータがあるかどうかを探してくれる。

追加登場キャラクター[編集]

玉藻前(たまものまえ)
武器:巻物
声:小松由佳 一人称:わらわ
新規キャラクター。伏儀・女禍・神農の手によって遥か昔に「殺生石」に封じられていたが、あるきっかけにより復活。手に持った「神鏡」は光を浴びせた者を鏡の中に閉じ込める力を持つ。一人称は「わらわ」で古い言葉遣いで喋る。
生きる為に偽の武将を作って争乱を起こし、無双武将たちの負の感情を糧にする。そして、彼女こそが遠呂智誕生のきっかけとなった元凶である。
九尾の狐(きゅうびのきつね)
武器:羽衣
声:小松由佳 一人称:わらわ
新規キャラクター。人間のような姿と、狐のような耳や尾をあわせもつ妖魔。腰からは9本の尾が生えており、これらを武器のように自在に操ることができる。
玉藻前の本性(正体)であり、本編は追い詰められた時に姿を現した為か、気性が玉藻前の時よりも荒い。現実世界の戦場で離間を繰り返し、彼女と同じ口調で喋る偽武将の正体は、九尾の尻尾である。
彼女が使用可能になった後、本編終了後の彼女が主人公となる後日談ステージが追加される。
応龍(おうりゅう)
武器:双龍剣
声:真殿光昭 一人称:俺
新規キャラクター。過去の仙界に存在していた猛将。
その勇猛さが周囲の将や上層から評価されており、配下からの信望も厚い。反面、相手の地位を問うことなく真っ直ぐに信念を貫こうとする欠点も持つ。そのため玉藻前に騙され、大きな悲劇が起きてしまう。
後の遠呂智となった人物であったが、このシナリオの後も引き続きプレイヤーキャラとして使用できる。
渾沌(こんとん)
武器:
声:大場真人 一人称:俺
新規キャラクター。アンリミテッドモードでは妖蛇以外の脅威として設定され、ストーリーモード本編では敵として登場しない。条件を満たすとストーリーモードでも使用可能。
名前は『2』で袁紹を利用していた百々目鬼タイプの妖魔武将と同じ[3]だったが、本作では別の異世界に棲む妖魔。人語を操る獣の頭と二対の大きな翼、二対の腕を持ち、武器はすべての腕に持つ大きな鉈。
その名の通り、秩序のない混沌とした世界を好む。アンリミテッドモードでは侵入者に容赦無しだが、ストーリーモードの陣地会話では気さくな面が見られる。
かすみ
武器:霧月刀
声:桑島法子 一人称:私
出典:DEAD OR ALIVE 5
コラボキャラクター。自身のクローンを追っていたところ、突如生じた時空の歪みに落ち、異世界へ飛ばされてしまう、後に異父妹にして刺客でもあったあやねに発見された。
出典は『DEAD OR ALIVE 5』で、初期衣装もお馴染みの青装束「瑠璃光」[4]だが、武器は『NINJA GAIDEN 3 Razor's Edge』と同じく霧月刀を使って戦う。
あやねと同様、テーマ曲は『DEAD OR ALIVE 2』のもの。
ステルケンブルク・クラナッハ
武器:大剣
声:小杉十郎太 一人称:私
出典:メルルのアトリエ 〜アーランドの錬金術士3〜
コラボキャラクター。愛称はステルク。キャラ設定は『メルルのアトリエ』本編終了後で、アーランドに戻ろうとしたところ、時空の歪みに巻き込まれて異世界へとたどり着いた。
その異世界で出会った孫尚香を黄蓋が「姫」と呼んだことから彼女をこの世界の姫と認識し、彼女を守るために奮起する。
ソフィーティア・アレクサンドル
武器:オメガソード・エルクシールド
声:中村千絵 一人称:私
出典:ソウルキャリバーシリーズ
コラボキャラクター。キャラ設定は『ソウルキャリバーIV』本編終了後[5]で、子どもたちの無事を確かめようと家路を急ぐ途中、時空の歪みに巻き込まれてしまう。
玉藻前・九尾軍の汎用武将と兵士
外見は既存の妖魔兵をベースとした物で、色や髪型が変更され(牛鬼タイプと百々目鬼タイプ汎用武将は第2コスチューム)、名前も異なる。
天帝
仙界の長、神鏡本来の持ち主。外見は老人だが、衣装は『真・三國無双』シリーズの献帝と同じ。遠呂智の大罪とは、本来の歴史で天帝を殺したことである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ロボゲーファン待望の「ARMORED CORE V」は合計18万8000本。「バイオハザード リベレーションズ」は14万6000本の「週間販売ランキング+」”. 4Gamer.net (2012年2月2日). 2013年8月1日閲覧。
  2. ^ 「ゲームソフト週間販売ランキング+」”. 4gamer.net (2012年1月12日). 2012年1月12日閲覧。
  3. ^ 『Ultimate』での名前は魍魎
  4. ^ 余談だが、『デッドオアアライブ5』ストーリーモード終盤に登場した本物のかすみは別の黒装束「常夜桜」を着用する、『NINJA GAIDEN 3 Razor's Edge』は常夜桜の方が初期衣装、本作でも第2コスチュームとして収録された。
  5. ^ 『ソウルキャリバーV』では既に故人となっており、代わりに彼女の姿を利用した存在「エリュシオン」が登場する。

外部リンク[編集]