NINJA GAIDEN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NINJA GAIDEN
ジャンル 忍者アクションアドベンチャー
対応機種 Xbox
発売元 テクモ
メディア DVD-ROM
発売日 アメリカ合衆国の旗 2004年3月2日
日本の旗 2004年3月11日
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
PEGI:
売上本数 全世界累計 約113万本[1]
その他 Xbox LIVE 対応
テンプレートを表示

NINJA GAIDEN』(ニンジャガイデン)は、テクモが発売した忍者アクションアドベンチャーゲーム。開発はTeam NINJA。通称「ニンジャガ」。

1995年を最後に終了していた忍者龍剣伝シリーズを、3Dアクションゲームとして蘇らせたXbox専用ソフト。タイトルの『NINJA GAIDEN』は元々忍者龍剣伝の海外での名称だったが、このタイトルから日本名も海外名に合わせている。日本ではプラットフォームがXboxということもあり、6万程度の売り上げだったが世界では高い評価を受けミリオンセラーとなった。キャッチコピーは「凄すぎて何が悪い」。

本稿ではアップグレード版『NINJA GAIDEN Black』およびPS3版『NINJA GAIDEN Σ』についても解説する。

ゲームシステム[編集]

本作はTeam NINJADEAD OR ALIVE 3の次に手がけた作品であり、ゲームは秒間60フレームで動作する[2]格闘ゲームデッドオアアライブシリーズの開発ノウハウが活かされており、キャラクター対キャラクターに焦点が当てられたシステムが特徴[3]。一対複数の状況が基本であるにも関わらず、プレイヤーが取れるアクションのほとんどが一対一の状況を前提としたものであり、攻略にはシビアな操作が要求される。その高すぎる難易度が批判を浴びることもあった。

基本システム[編集]

体力
プレイヤーキャラクターのHPを示す数値で、これが0になってしまうとゲームオーバーとなる。後述するブルーエッセンスを入手する、回復アイテムを使うなどの方法で回復することができる。
気力
プレイヤーキャラクターの忍法の使用回数を示す数値で、これが0になってしまうと忍法を発動することができなくなる。後述するレッドエッセンスを入手する、回復アイテムを使うなどの方法で回復することができる。
エッセンス
戦闘で敵を倒すとエッセンスと呼ばれるエネルギーの球体が出現する。エッセンスにはイエロー、ブルー、レッドの三種類が存在し、イエローはゲーム中での通貨、ブルーは体力の回復、レッドは気力の回復としての役割を持つ。
ムラマサ像・ムラマサショップ
各地に存在する、伝説の鍛冶屋ムラマサを模った像。またムラマサ本人が経営するムラマサショップという店がヴィゴル帝国に存在する。一定量のイエローエッセンスをムラマサに渡すことで、武器の鍛錬または、アイテムの購入ができる。
スカラベ
各地に存在する、黄金色に輝く昆虫。ゲーム中には全部で50体のスカラベが存在し、一定数のスカラベを上記のムラマサ像(ショップ)にてムラマサに渡すと、特定のアイテムをムラマサから貰うことができる。
殲滅戦
ゲームの進行中、特定のタイミングで特定の場所へ移動すると発生する、大量の敵と戦い続けるイベント。出現する敵の数は難易度によって異なり、最高難易度では120体もの敵が出現する。全ての敵を倒すと特定のアイテムが入手できるが、必ずしも達成しなければならない訳ではなく、殲滅戦を一度もこなさずにゲームクリアすることも可能である。

基本操作[編集]

攻撃
X(Σでは□)ボタンの弱攻撃と、Y(Σでは△)ボタンの強攻撃の二種類があり、入力する順番やタイミング、スティックと併せた操作によって攻撃の性質が変化する。攻撃はそれぞれ「打撃技」「投げ技」に分かれており、打撃技の中にはガード状態の敵を大きく仰け反らせることができる「崩し」の性質を持つものがある。戦闘では、敵の行動パターンや数に応じて適切な攻撃を出し、後述するガード・裏風も駆使して、戦況を有利に進めていくことが必要となる。
ガード
LB(ΣではL1)ボタンを押し続けることでガード状態に移行し、敵の打撃技を防御する。攻撃モーション中でもガード可能なタイミングであれば攻撃モーションをキャンセルしてガードする。打撃技でも「崩し」の性質を持つものを受けるとガード状態を強制的に崩され、場合によってはダメージを受ける。敵の「ガード不能技」「投げ技」はガードすることができず、そのままダメージを受けてしまう。戦闘において非常に重要な要素であり、ガードと後述する裏風を駆使して敵の攻撃を交わしながら、攻撃可能な隙を窺うのが戦闘の基本となる。
裏風
ガード状態で左スティックを倒すことで、倒した方向へプレイヤーキャラクターが回避行動を取る。敵の打撃技だけでなく、ガードでは対応できない「ガード不能技」「投げ技」も裏風を使えば回避することができる。ただし、敵の攻撃に合わせて裏風を入力する必要があるため、タイミングを誤ると敵の攻撃を回避することができず、そのままダメージを受けてしまう。

アクション[編集]

本作品には実に多彩なアクションが存在するが、ここでは、その中でも特に頻繁に使用されるアクションについて述べる。

飛鳥返し攻撃
ゲーム開始時から使用可能な、全武器共通のアクション。B(Σでは×)ボタンで壁を蹴って高く飛んだ(飛鳥返し)後、弱または強攻撃に対応したボタンを押すことで発動する「打撃技」である。落下の勢いを利用して、真下にいる敵に対して強烈な一撃をお見舞いする。威力が非常に高く、攻撃モーション中は全身無敵である上、後述する飛燕と違い発動に対するデメリットも存在しない。ただし、発動できる場所は、壁が存在するところに限定されてしまう。
絶技
フィールド上にエッセンスが浮遊していることが条件である。強攻撃に対応するボタンを押し続けることで溜め動作に入り、浮遊しているエッセンスを吸収することで、強力な必殺技を繰り出すことができる。イエローエッセンスであれば1段階、ブルーまたはレッドエッセンスであれば2段階まで溜まる。ハリケーンパックが登場して以降は、フィールドにエッセンスが浮遊していなくても、一定時間溜め動作を続けることでエッセンス無しで絶技が発動できるようになった。
飛燕
ゲーム開始時は使用不可だが、「飛燕の秘伝書」を手に入れることで解禁される。空中から前方に向かって超高速で突進し、軌道にいる敵全てを斬り捨てる「打撃技」である。攻撃モーション中は全身無敵という、打撃技としては珍しい性質を持つ。一方で攻撃直後に長い硬直時間が発生するというリスクも抱えており、硬直時間中は敵の攻撃をガードすることも回避することもできない。
飯綱落とし
ゲーム開始時は使用不可だが、「飯綱落としの秘伝書」を手に入れることで解禁される。空中で敵を捉え、回転しながら敵を地面に叩き付ける「投げ技」である。非常に威力が高く、敵を地面に叩きつける際に発生する衝撃波で周囲にいる他の敵を蹴散らすことが可能。また投げモーション中は全身無敵という、非常に高性能なアクションである。ただし投げ技の効かない小型・大型の敵に対してはこのアクションは行えない。
首切り投げ
ゲーム開始時は使用不可だが、「首切り投げの秘伝書」を手に入れることで解禁される。敵の頭部を掴み、首を掻っ切るほどの勢いで敵を前方に投げ飛ばす「投げ技」である。威力が低めではあるが、投げ技故にガードされず、投げモーション中は全身無敵であるため、汎用性の高いアクションとなっている。飯綱落とし同様、小型・大型の敵に対してはこのアクションは行えない。
捌きの法
ゲーム開始時は使用不可だが、「捌きの秘伝書」を手に入れることで解禁される。ガード中、敵の攻撃を受ける寸前に、弱または強攻撃に対応したボタンを押すことで発動する「打撃技」である。攻撃してきた敵に対して特定の打撃技を繰り出し反撃する。このとき出す打撃技の攻撃モーション中は全身無敵である。捌きの法を入力するタイミングを誤るとただの「ガード」になってしまうが、入力ミスに対するペナルティは存在しない。一方で敵の「崩し」「投げ」に対して捌きの法を行うことはできない。

武器[編集]

本作には多数の武器が登場するが、ここではストーリーに深く関わるものについて述べる。武器は、ムラマサ像(ショップ)で鍛錬することで、威力・技の種類が増し、外見も変化する。

龍剣/真・龍剣
龍の一族に代々伝わる。かつて龍の一族は、この刀の力によって邪悪な”黒龍”を葬ったと伝えられている。龍の勾玉を剣の柄にはめ込むことで、本来の姿である「真・龍剣」へと進化する。
『NINJA GAIDEN』の時点では龍剣はジョウ・ハヤブサの所有物であり、リュウはあくまで一時的に”預かっている”だけに過ぎなかった。しかし、『NINJA GAIDEN 2』ではジョウより正式に託され、リュウの所有物となっている。『無双OROCHI 2』では、龍剣には龍の魂が宿っており、並の人間が扱えばその魂にのまれてしまうという説明が、リュウ自身によりなされた。
シリーズを共通して、ゲーム開始時から使うことのできる初期装備であり、高威力技の飯綱落とし、無敵技の飛燕、二種類存在する絶技など、技のバリエーションが豊富で癖が無く扱いやすいのが特徴。
魔刀黒龍丸
はるか昔に存在した生命体”黒龍”の骨から造り出された魔刀。その凶悪な魔力故に、龍の一族によって封印され、邪悪な者の手に渡らぬよう、長きに渡り護られ続けてきた。その力は、守護役である龍の一族ですら知り得ない。
ゲーム中で、最高の威力を誇る武器であるが、入手タイミングがゲームクリア直前であるため、事実上戦闘で使うことはできない。ただし、特定の条件を満たすことで、比較的早いタイミングで入手することができ、戦闘で使うことも可能となる。

忍法[編集]

あらかじめメニュー画面で使用したい忍法を装備しておき、YとA(Σでは△と○)ボタンを同時に押すことで、気力を一つ消費しその忍法を発動することができる。忍法には「レベル」が設定されており、特定のアイテムを使用することでそのレベルを上昇させることができる。レベルが上昇すると忍法の威力、範囲などが強化される。

鬼火の術
プレイヤーが最初に手に入れる忍法で、唯一レベルの存在しない忍法でもある。プレイヤーキャラクターの周囲に一定時間、攻撃判定を持つ炎の球体を発生させ、それに触れた敵にダメージを与えることができる。尚、鬼火の術発動中でもプレイヤーキャラクターは操作可能である。
火炎龍の術
前方に火炎弾を撃ち爆発させる忍法。最も威力の高い忍法で、敵に非常に大きなダメージを与えることができる。一方で忍法の範囲は狭く、多数の敵を巻き込むことは難しい。
氷刃殺の術
プレイヤーキャラクターを中心に氷の竜巻を発生させる忍法。自分を中心とした範囲攻撃であり、忍法のヒット数によっては高いダメージを叩き出すことができる。
百雷鎚の術
プレイヤーキャラクターの周囲にいる敵を雷撃で狙い撃つ忍法。氷刃殺よりも広い範囲の敵を、まとめて攻撃することができる。

Σでの変更点[編集]

システム面ではノーマルモードの難易度が全体的に見直され、謎解きの簡略化や新たなアクションを追加されている。システム面では弓の空中撃ち、回復アイテムのクィック使用などが拡張され、また後半の一部ステージがカットされた結果、原作『NINJA GAIDEN』に比して難易度は下がっている。本作独自の要素としては、SIXAXIS(6軸検出システム)を利用し、「忍法」発動時にコントローラを上下に振ることで忍法が強力になるという操作方法がある。

原作『NINJA GAIDEN』においてXbox LIVEにより実現されていた「カルマランキング」は、PLAYSTATION Networkを代替手段として移植された。

DLCではPLAYSTATION Storeにて追加コンテンツ「サバイバルモード」が配信されている。

  • 「ウェポンマスター」は使用武器が限られ5つのサバイバルを戦うモード。
  • 「スピードマスター」は素早く的確に相手を倒し5つのサバイバルを戦うモード。
  • 「レイチェルマスター」はレイチェルの新ヘアースタイルも追加され5つのサバイバルを戦うモード。

体験版で得た「イエローエッセンス」は製品版への引継ぎが可能。

ストーリー[編集]

隼一門に属する忍者リュウ・ハヤブサは、龍神の血を受け継ぐ”龍の一族”の末裔である。父親である隼一門頭領ジョウ・ハヤブサが、修行のため隼の里を一時離れることになったとき、リュウは「龍剣」と父親の留守を任された。

それから一年経ったある日、リュウは叔父である影一門頭領ムライと手合わせをする。しかし、剣を交える二人のもとへ、火急の知らせが入る。隼の里が”謎の集団”によって襲撃されたのだ。

襲撃者達の狙いは、隼の里に封印されている伝説の魔刀「黒龍丸」であった。黒龍丸を護らんと、襲撃者達に立ち向かうリュウであったが、襲撃者達の頭目”暗黒の鎧武者”によって返り討ちにされてしまう。結果、黒龍丸は奪われ、多くの同胞達が殺されてしまうも、龍剣の鞘の加護によりリュウは一命を取り留める。

それからしばらく、ムライの調査により”暗黒の鎧武者”の正体が”神聖ヴィゴル帝国”の重鬼卿ドークであること、襲撃を指示したのが帝国の元首である神聖皇帝であることが明らかとなる。ドークへの怒りに燃えるリュウは、黒龍丸を取り戻し、殺された同胞達の無念を晴らさんと、単身帝国行きの飛行船へと乗り込む。

リュウと、神聖皇帝率いる帝国の、壮絶な闘いが幕を開けようとしていた。

旧作と同様にリュウ・ハヤブサが主人公だが、時系列としてはファミコン版忍者龍剣伝以前のストーリーとなっている。

世界観[編集]

隼の里
リュウ・ハヤブサら、隼一門の忍達が暮らす里。日本の富士山の麓に位置している。龍の一族である者が代々この地を治めており、現頭領はリュウの父ジョウ・ハヤブサ。里には、凶悪な力を持つ魔刀「黒龍丸」が封印されており、邪悪な者にその力が渡らぬよう護られている。
神聖ヴィゴル帝国
神聖皇帝を元首とした専制国家。皇帝の下には三人の重鬼卿がいるが、皇帝共々人前に姿を現すことは滅多にない。鎖国政策を布いており、入国ルートは限られている。神聖皇帝が黒龍丸を求め、隼の里を襲撃したところから物語は始まる。
特殊部隊MSAT
ガモフ率いる特殊部隊。侵入者であるリュウや地蜘蛛忍者の前に度々立ちふさがる。
魔神
人間が血の呪いによって自我を失い化け物になった姿。時には死んだ人間の体から生ずることもある。
重鬼卿
魔神になっても精神を失わない者の総称で、隼の里を襲ったドーク、レイチェルの妹アルマ、皇帝の護衛役(マルバス)の三人(シグマでは実質五人)が存在する。
地蜘蛛一門
隼一門を敵視する忍者衆。目的の達成のためならどんな邪悪な手段も厭わない。その卑劣さ故に、龍の一族率いる隼一門とは、長きに渡り対立してきた。リュウとは別の目的で帝国へと侵入しており、各地で彼らの死体と手記を発見できる。手記からは、彼らの行動や帝国の情勢などを窺い知ることができる。

キャラクター[編集]

リュウ・ハヤブサ (堀秀行
太古の昔に存在したという生命体”龍神”の血筋を引き継ぐという、龍の一族の末裔。物語序盤は『忍者龍剣伝』のリュウのような、青い忍者装束を身に纏っているが、ゲームの進行に合わせて衣装が黒いラバースーツへ変化する。「龍剣」を所持しているものの、まだ父ジョウから力量を認められてはおらず、実際は一時的に預かっているだけに過ぎない。
Black以降では技と武器がプレイヤー版と同一の敵キャラ「魔神ドッペルゲンガー」(Blackはリュウのボイスが加工されたもの、Σはリュウと同一、Σ PLUSはボイスなし)が追加され、熟練プレイヤー並のコンボでプレイヤーを翻弄する。
レイチェル(RACHEL) (声:富沢美智恵
魔神を狩ることを生業とするヴィゴル帝国の魔神ハンター。彼女自身も魔神の血を引いており、その影響か女性でありながら魔神を粉砕できるほどの怪力を持つ。重鬼卿に成り果て、神聖皇帝の配下となってしまった妹アルマを探しており、自らの手で決着を着けんと、その痕跡を辿っている。
後にΣ2で再登場を果たす。
影一門頭領ムライ (声:銀河万丈
隼一門頭領ジョウ・ハヤブサの弟であり、リュウの叔父にあたる人物。理由は不明だが、別の流派の出身であるあやねを配下として従えており、リュウが帝国へ赴くことになった際も、度々彼女を使いリュウのサポートをしている。過去に隼一門を破門されており、その原因は不明。里に封印されている「黒龍丸」について、何か思うことがあるようだが・・・。
あやね (声:山崎和佳奈
ムライの配下であるくのいち。ゲーム中での直接的登場はイベントシーンのみだが、彼女のクナイがゲーム中頻繁に登場し、それを調べるとゲーム進行のアドバイスや操作方法の解説を知ることができる。リュウが帝国へ赴くことになった際は、前述したサポートの他、リュウやレイチェルとは別行動で帝国の動向を探っている。
呉葉 (声:鹿野潤
リュウの幼馴染の少女であり、龍の巫女。里に封印されている「黒龍丸」を護る使命を持つ。しかし、里の襲撃から間もなく、ドークによって殺されてしまう。
XBOX版の日本語設定のみ、台詞がある。
ムラマサ (声:青野武
ヴィゴル帝国に店を構えている鍛冶屋。各地に彼の像があり、そこで武器の鍛練やアイテムの購入をすることができる。
ガモフ (声:江川央生
ヴィゴル帝国内務省の特務調査官。特殊部隊MSATの全権限を握っている。本編ではリュウと直接対決することがなく、基本的には上司である黒使大兄と共にリュウの動向を監視する。実は「2」の幻心の弟で、地蜘蛛側のスパイ。
Σではレイチェルを操作するパートでボスとして戦える、武器は二丁拳銃とコンバットナイフ。
ダイナモ
特殊部隊MSATのボス。肥満体で鉄の戦闘服に身を包んでいる。台詞がなく、英語と日本語設定の掛け声が同じ。
序盤の飛行船の臨検の際に飛行船の上でリュウと戦うも敗れ、飛行船もろとも爆発した。
武器はプラズマキャノン。
オルタネーター
「Σ」で追加された敵。ダイナモとは兄弟であり、掛け声や攻撃方法も同じ(ただし少々強化されている)。
ドーク(声:戸谷公次
重鬼卿の一人。見た目は黒い鎧を纏った侍だが、その顔は紫の炎ようなものになっている。中盤でリュウに倒され、彼の武器「妖刀鬼徹」も奪われたが、後半では幻の鬼徹を持っている怨霊として再度対決することになる。
Σでは序盤で彼に倒された戦いも操作できる(XBOX版ではムービー)。
アルマ
レイチェルの妹だった重鬼卿。一度リュウに敗れた後どこかへと逃走するが、その後レイチェルを生贄とした儀式により覚醒アルマと化し、再びリュウと対決する。リュウに敗れるが、最後は正気を取り戻し、ドークに殺されそうになっていた姉の命を守った。台詞がなく、英語と日本語設定の掛け声が同じ。
マルバス
終盤で登場する、皇帝の護衛役を務めた重鬼卿、リュウを魔界に召喚して対決する。
後にΣ2で再登場する。
ニケ
ブラックで追加された重鬼卿。マルバスの手下として登場する。見た目が若干違うだけで掛け声や攻撃方法はアルマと同じ。
イシュタロス
ニケ同様ブラックで追加されたマルバスの手下である重鬼卿。右手がのようになっており、振り回して攻撃してくる他、レーザー攻撃も行ってくる。
掛け声はアルマと同じ。
黒使大兄
マスクと黒フードとボイスチェンジャーによって正体を隠した、ヴィゴル帝国の謎の権力者。リュウと黒龍丸の動向を監視する理由とは…。

ハリケーンパック[編集]

本作の発売後、Xbox LIVEを介して、ゲームの内容を拡張するダウンロードコンテンツ『ハリケーンパック: Volume 1』が2004年8月に無料で配信された。ハリケーンパックにより、新たな敵キャラクターやコスチューム、武器が追加されたことにより、本作はその魅力を一層増すことになった。また同年9月には『ハリケーンパック: Volume 2』が同じく無料で配信された。通称「ハリパク」。

大規模な機能拡張をもたらすダウンロードコンテンツであったが、これを有料とせず無料配信した理由として、シリーズの監督で、本作ではプロデューサーとディレクターを兼任した板垣伴信は、「ファンサービスのためだけではない。自分たちは最初のNINJA GAIDENを完成形と考えておらず、熟成の必要がある。その自分たちの考えに付き合ってもらっているお礼として、ハリケーンパックは無料としている。」という旨の発言を行なっている[4]

現在、初代XboxLIVEのサービスは終了しており、ハリケーンパックをDLすることは不可能となっている。

NINJA GAIDEN Black[編集]

NINJA GAIDEN Black
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 Xbox
発売元 テクモ
メディア DVD-ROM
発売日 日本の旗 2005年9月29日
アメリカ合衆国の旗 2005年
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
PEGI:
その他 Xbox LIVE 対応
テンプレートを表示

オリジナルの『NINJA GAIDEN』に、『ハリケーンパック1・2』で熟成されたシステムを加味し、その他にもミッションモードや難易度調整などが加え、アップグレード版として2005年に発売された。板垣監督は「Xbox LIVEに加入していない『NINJA GAIDEN』ファンにもハリケーンパックにより熟成されたバージョンを遊んでもらうために作り始めた。しかし作っているうちに、それだけではつまらなくなったので、ハリケーンパック以上の新しい技術や遊びを色々と盛り込むことにした」と述べている[5]。通称「ニンジャガブラック」。

仕様変更、追加、調整は多岐に渡ったが、ハリケーンパックでは使用可能であった「交差の法」が、『NINJA GAIDEN Black』では廃止された。廃止理由は「NINJA GAIDENを構成する他の要素を殺している」というものであった。

なおクリア後のおまけとして、アーケード版『忍者龍剣伝』(初移植)が遊べるようになる。

2008年2月11日からはXbox クラシックスとしてダウンロード販売されている。

NINJA GAIDEN Σ[編集]

NINJA GAIDEN Σ
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 プレイステーション3
発売元 テクモ
メディア BD-ROM
発売日 日本の旗 2007年6月14日
廉価版 2008年7月3日
アメリカ合衆国の旗 2007年7月3日
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
PEGI:
デバイス SIXAXIS(6軸検出システム対応)
売上本数 世界 76.5万本[6]
その他 PLAYSTATION Network 対応
テンプレートを表示

『NINJA GAIDEN BLACK』をベースにプレイステーション3用ゲームとして開発され、2007年6月14日に発売されている。初週(2007年6月14日〜2007年6月17日)の推定販売数は40,886本[7]

本作のディレクターで、現在Team NINJAのチームリーダーを務める早矢仕洋介が開発を直訴し、「NINJA GAIDEN2[8]のスケジュールに支障が出ないのならば構わない」という条件の下、PS3でのリリースが決まった[9]。PS3に合わせて映像もフルハイビジョン(1080p)に強化されている。

キャッチコピーは、原作のXbox版と同じく「凄すぎて何が悪い」。イメージキャラクターはリア・ディゾンが務めた。

2009年に、「NINJA GAIDEN Σ2」が発売されることが決定した。

Xbox版との違い[編集]

今作よりボンデージコスチュームに身を包んだヒロイン「レイチェル」のプレイステージが追加され、「リュウ・ハヤブサ」と「レイチェル」をプレイヤーキャラクターとして操作する事が出来る。ストーリーモード中、条件をクリアするとレイチェルの「新ヘアースタイル」を入手出来、ヘアースタイルの変更が可能になる。ストーリーモードをクリアするとレイチェルも操作出来る「MISSIONS」モードが選べるようになり、MISSIONSモードの最後には「MISSION Eternal Legend(レイチェルを救え!)」のステージがプレイ可能になる。

また、日本国内版の残虐表現に関して若干抑えられている(人間型の敵の首が飛ばないなど)。

フルハイビジョン(1080p)化に加え、早矢仕ディレクターは、「原作のNINJA GAIDENではプリレンダリングムービーであったシーンを、プリレンダーではなくプレイステーション3で実機生成する」という旨の発言を行なった。しかし、実際に発売された製品では、実機生成ムービーは「ドーク重鬼卿」が登場するムービー一か所に過ぎず、公言は実現しなかった。しかも実機生成ムービーに置換えられなかったパートは、原作の通常画質(480p)用のプリレンダームービーをそのまま使い回し、単純にフルハイビジョン(1080p)の解像度に拡大して表示したために、画像が原作以上にぼやけてしまうという結果となった。後にPSV版「ΣPLUS」には原作プリレンダームービーの解像度が改善されている。

NINJA GAIDEN Σ PLUS[編集]

NINJA GAIDEN Σ PLUS
ジャンル アクション
対応機種 プレイステーション・ヴィータ
発売元 コーエーテクモゲームス
メディア PS Vitaカード/ダウンロード
発売日 日本の旗 2012年2月23日
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
テンプレートを表示

『NINJA GAIDEN Σ』をベースにプレイステーション・ヴィータ用ゲームとして開発され、2012年2月23日に発売されている。

スタッフ[編集]

NINJA GAIDEN / NINJA GAIDEN Black スタッフ[編集]

NINJA GAIDEN Σスタッフ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ IGNのレビュー記事Ninja Gaiden Review - Graphics (2004年2月27日)より
  3. ^ http://game.watch.impress.co.jp/docs/20040315/ninja.htmより
  4. ^ ファミ通Xbox 2005年1月号より。
  5. ^ ファミ通Xbox 2005年7月号より。
  6. ^ 2008年12月期決算概況 2009年3月期事業計画(2009年2月16日開催) (PDF)” (日本語). コーエーテクモホールディングス株式会社 (2009年2月16日). 2011年10月27日閲覧。
  7. ^ エンターブレイン調べ
  8. ^ なお早矢仕ディレクターは『2』の制作に関わっていない。
  9. ^ http://www.1up.com/do/newsStory?cId=3154580

外部リンク[編集]