松戸市立小金中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松戸市立小金中学校
過去の名称 新松戸北中学校
国公私立 公立学校
設置者 松戸市
設立年月日 2009年4月1日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 270-0032
千葉県松戸市新松戸北二丁目16番11号
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

松戸市立小金中学校(まつどしりつ こがねちゅうがっこう)は、千葉県松戸市新松戸北二丁目にある市立中学校千葉県立小金高等学校の隣に位置する。

概要[編集]

松戸市の新松戸、横須賀地区を学区の中心とした中学校であり、全校生徒は709名(2014年現在)。校舎が2009年に新築されており、旧新松戸北中学校(しんまつどきたちゅうがっこう)との統合により、新たな一歩を踏み出した。校内にはIT設備などが整っており、非常に好環境である。2014年度からは言語活用科を実施している。現在では16の部活動が活動しており、度々大会などで好成績を収めている。特に、科学部は2012年より二年連続でロボカップ世界大会に出場し、各賞を受賞するなど、その活躍は目覚ましい。毎年、秋芽祭(しゅうがさい - 当校の文化祭)や、体育祭、3年生を送る会、生徒総会など多彩な行事を開催。主に生徒会総務会役員によって運営されている。JRC活動にも学校全体で積極的に取り組んでいる。

特徴[編集]

小金中学校は、近隣小中学校と比べて特記すべき事柄がある。ここでは、特に珍しいと思われる事を述べる。

  • アップルタイム - 毎朝8時20分から30分の10分間、「アップルタイム」という英語学習プリント(裏表印刷1枚)が行われる。基本的な構成としては、表は単語練習、短文の穴埋め(もしくは単語の並び替えによる英作文)、裏は表で書いた単語の確認、短文練習、場合によっては、英検過去問から抜粋した簡単な問題が出題される。最後の英検過去問問題を除き、全ての問題は表裏で答え合わせが出来るようになっているが、採点及び評価(A°,A,B,C)は教師が行う。なお、全てのアップルタイムをA評価以上を取ると、学期末に表彰状が渡される。
  • ハッピーテスト - 2週間に一度、アップルタイムで学習した単語や文法の確認として、「ハッピーテスト」というテストが行われる。実施時間はアップルタイムと同じで、25点満点で、1問につき1点である。また、合格点(13点以上)に届かなかった場合、答案が返却された日の週の金曜日、もしくは翌週の金曜日に再テストが行われる。逆に、満点者は表によって各学級に発表され、複数回満点を取ると、学期末に表彰状が渡される。
  • 選択式給食 - 給食は、Aメニュー,Bメニュー,弁当の選択式になっている。詳しい事は、後に記述してある。

沿革[編集]

教室の位置[編集]

各学級教室の位置は年度毎に変わっている。ただし、基本的に1年生は3階フロア、2年生は2階、1階フロア、3年生は2階、3階フロアとなっている。ここでは、位置が変わらず、固定されている教室を扱う。

  • コンピューター室 - 新校舎3階中央階段前
  • 木工室 - 新校舎2階中央階段前
  • 金工室 - 旧校舎1階格技場寄り
  • 第一理科室 - 旧校舎1階中庭寄り
  • 第二理科室 - 旧校舎1階格技場前
  • 第一音楽室 - 旧校舎3階中庭寄り
  • 第二音楽室 - 旧校舎3階格技場寄り
  • 第一多目的室 - 新校舎2階小金城趾駅方面寄り
  • 第二多目的室 - 新校舎3階小金城趾駅方面寄り
  • 第一美術室 - 旧校舎2階北階段の左側
  • 第二美術室 - 旧校舎2階北階段の右側
  • 職員室 - 新校舎2階中庭の前
  • 校長室 - 新校舎2階職員室の左隣
  • 応接室 - 新校舎2階校長室の左隣
  • 印刷室 - 新校舎2階職員室の右隣
  • 放送室 - 新校舎2階印刷室の右隣
  • 図書室 - 新校舎1階職員用出入口入ってすぐ
  • ランチルーム - 新校舎1階職員用出入口入った突き当たり
  • 被服室 - 旧校舎2階格技場寄り
  • 調理室 - 旧校舎3階格技場寄り

なお、第一音楽室は主に3年生の生徒が使用(臨時で1、2年生の使用も有り)し、第一美術室は主に1、3年生の生徒が使用する。また、普段理科の実験は第一及び第二理科室で行うが、どちらとも他クラス、他学年が使用していた場合、金工室で理科の実験を行う事がある。


最寄駅[編集]

給食[編集]

学期始めや学期末を除き、ほぼ毎日給食がある。 給食は全国的にも珍しい、Aメニュー,Bメニュー,弁当選択式で、Aメニューは洋食、Bメニューは和食となっている。また、配膳の際には生徒一人ずつに「食券」が渡され、それをランチルーム入口にて回収する。食券を紛失した場合は、再発行券に学年、組、氏名、担任のサインの記入が必要である。

配膳までの流れ[編集]

先に述べた「食券」を受けとるには、 ① 配膳日の約1~2ヵ月前に専用の用紙(校内では『マークカード』と呼ばれている)に一緒に配布される献立表を見ながら、AかBか(もしくは弁当か)を記入する。 ② 学年、組、氏名を記入する。この時、生徒一人一人に個別の整理番号があり、学年が変わる毎に整理番号も変わる。この番号も専用の用紙に記入する。 ③ 給食委員の担当者が各学級毎に用紙を集める。 ④ 食券が発行される。 「食券」が発行されると、配膳日まで教室に保管される。そして、配膳日の4時間目授業終了と共に、食券は生徒に配られ、廊下にA,B毎に整列する。 この時、各学級毎に配膳まで並んで行くが、学級の移動する順番は決まっていない。つまり、配膳は「早い教室勝ち」で、早い教室と遅い教室では10分ほどの差が生じてしまう。

混雑日の対応[編集]

年に数回、給食のメニュー上、どちらかのメニューに生徒が偏ってしまう日がある。 例えば、Bメニューがカレーだった場合、Bメニューに生徒が偏ってしまう。この場合、Aメニューの生徒を先に配膳させ、Aメニュー全員の配膳が終了したのを確認すると、Bメニューは通常配膳している場所に加え、Aメニューを配膳する場所でも臨時で、Bメニューの配膳を行う。いわゆる「二列化」で、配膳の効率化短縮化を図るが、AメニューとBメニューとで10~15分ほど配膳に差が生じてしまう。

出身小学校の割合[編集]

小金中学校は、旧新松戸北中学校の学区も合併したため、多数の小学校から進学してくる。 多くの生徒は、横須賀小学校から進学する。横須賀小学校は、小金中学校から最も近い場所に立地し、この地区の小学校の中でも歴史が長い。 また、馬橋北小学校新松戸西小学校新松戸南小学校から進学する生徒も多い。 少数派ではあるものの、小金北小学校殿平賀小学校小金小学校からの生徒もいる。なお、かつては新松戸北小学校からの生徒も僅かながらいた(新松戸北小学校は新松戸北中学校と共に廃校になった)。

年間行事[編集]

  • 4月-入学式、新入生歓迎会。 
  • 5月-生徒総会、体育祭。
  • 6月-部活動壮行会。     
  • 9月-生徒会役員選挙。
  • 10月-秋芽祭。       
  • 2月-3年生を送る会。
  • 3月-卒業式。

関連項目[編集]