徳恵翁主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
徳恵翁主
덕혜옹주(德惠翁主)
이덕혜(李德惠)
Princess dukhye around 1923.JPG
徳恵翁主(1923年頃)
出生 1912年5月25日
日本の旗 朝鮮京畿道京城府
死去 1989年4月21日(満76歳没)
韓国の旗 大韓民国ソウル特別市鍾路区 昌徳宮内楽善斎内寿康斎
埋葬 韓国の旗 大韓民国京畿道南揚州市金谷洞 洪裕陵
配偶者 宗武志
子女 宗正恵
父親 高宗
母親 貴人梁氏
テンプレートを表示
夫・宗武志と(1931年、対馬厳原にて)

徳恵翁主(とくけいおうしゅ/トッキェオンジュ、1912年5月25日 - 1989年4月21日)は、李氏朝鮮国王・大韓帝国皇帝高宗の王女。「翁主」は皇帝の側室所生の王女(皇女)の称号。

別名・俗称は李徳恵(イ・トッケ、または り とくえ)、宗徳恵(そう とくえ)、梁徳恵(ヤン・トッケ)、徳恵姫(とくえひめ)。

生涯[編集]

日韓併合後の1912年、日本の王公族・徳寿宮李太王となっていた高宗と側室・梁氏との間に生まれた。1925年に12歳で日本に連れて来られ東京学習院に留学し、1930年に旧対馬藩主・宗家の当主である伯爵宗武志(そう たけゆき)へ嫁いだ[1]。武志は徳恵を非常に寵愛し、2人の仲は睦まじく、2年後の1932年8月14日に長女正恵(まさえ)が生まれた。

しかし、生母の梁(ヤン)貴人が48歳で病死した後、発病した精神疾患が正恵の出産から数年後に再発した[2]。武志の献身的な介護の甲斐なく症状は悪化の一途を辿り、1955年に徳恵の実家・李家から宗家に対する離縁要求により、武志の反対も空しく徳恵は夫との離婚を余儀なくされ、母方の姓を名乗って梁徳恵となり[3]1962年に帰国した。

帰国後は異母兄:李垠の妃だった李方子とともに昌徳宮内楽善斎に住み、1989年4月21日同所にて死去。長らく病に伏していたと言う[4]

のちに、詩人でもあった武志は、寵愛した徳恵との別離の深い痛みと悲しみを山幸彦豊玉姫の離別譚に託した詩を綴っている。

栄典[編集]

娘:正恵について[編集]

正恵は女子学習院を経て早稲田大学[6]英文科に進学[7]。大学で知り合った3歳上の鈴木昇(東京都大田区立御園中学校英語教諭。日本人)を1955年ごろ婿に取り、東京都大田区雪谷に所帯を持ったが神経衰弱に悩み、1956年8月26日朝に「山梨県赤薙、駒ヶ岳方面で自殺する」旨の遺書を残して失踪[8]。捜索隊の努力も虚しく行方は判明せず、正恵不在のまま夫との離縁が成立し、法的な手続きにより死亡とされ[9]、父武志の死後に死亡届が出された。

なお、徳恵が韓国に帰国する際に手放した徳恵と正恵の着用していた韓服や化粧台・裁縫箱などの徳恵の愛用品は、現在文化服装学院博物館に収蔵されている。

脚注[編集]

  1. ^ この縁談があった際、外国人の女である徳恵を武志が娶らされる事に対して、宗家側からの反発が少なからずあったという。
  2. ^ 韓国側ならびに韓国寄りの立場を取る一部の日本の学者などは、徳恵の精神疾患について「日帝によって強制的に単身で日本に留学させられた上、醜い日本人の男と無理やり結婚させられ、子供まで妊娠・出産させられた挙句、夫を含む宗家一族はもとより、その女中たちにまで虐待され続けた」事が原因である後天性疾患であると強硬に主張し続けている(『朝鮮朝宮中風俗の研究』第十章六節 斜陽王室に生れたの徳恵翁主の悲劇 2008年、金用淑著 / 大谷森繁監修 / 李賢起訳 法政大学出版局 ISBN 4588080296
  3. ^ ただし離婚後も日本国籍のままで韓国籍にはなれなかった。本馬恭子『徳恵姫』p.235を参照。
  4. ^ 1984年7月2日 読売新聞「[人]李方子=4 長く祖国喪失 離散の歴史 李朝の孤塁を守る」
  5. ^ 『官報』第849号、「叙任及辞令」1929年10月28日。
  6. ^ 李方子の著書では明治大学となっており、それが広く流布しているが、誤りである。
  7. ^ 卒業したことは確認できなかった。本馬恭子『徳恵姫』p.242-243
  8. ^ 『山梨日日新聞』1956年8月29日。翌日の同紙に「正恵無事発見」の記事が掲載されたがこれは誤報であり、9月2日の同紙には「南アルプスの正恵さん、生存絶望視」の報が伝えられた。
  9. ^ 『平成新修 旧華族家系大成』上巻p.729(1996年霞会館 ISBN 4642036709

参考文献[編集]

関連項目[編集]