宗武志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
宗 武志
そう たけゆき
Takeyuki so, 1931.JPG
1931年に撮影された肖像写真
生年月日 1908年2月16日
出生地 日本の旗 東京府東京市
没年月日 1985年4月22日(満77歳没)
出身校 東京帝国大学文学部卒業
東京帝国大学大学院修了
前職 情報局総裁官房
戦時資料室第二課職員
所属政党 研究会
称号 伯爵
親族 黒田和志(
宗重正伯父
配偶者 李徳恵前妻
宗良江(後妻

選挙区 貴族院伯爵議員
当選回数 1回
任期 1946年6月27日 - 1947年5月3日
テンプレートを表示

宗 武志(そう たけゆき、1908年2月16日 - 1985年4月22日)は、日本英語学者詩人爵位伯爵旧姓黒田(くろだ)。麗澤大学名誉教授

貴族院議員麗澤大学学監、学校法人廣池学園常務理事などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

東京府東京市四谷区伝馬町新一丁目(現在の東京都新宿区四谷二丁目)にて、父・黒田和志(よりゆき)、母・鏻子(れいこ、黒田直和の娘)の末子(四男)として生まれる。黒田家は上総久留里藩の旧藩主の家柄。父和志は対馬藩の旧藩主宗重正の実弟で貴族院議員を務めていた。1934年エチオピア帝国皇帝ハイレ・セラシエ1世の甥アラヤ・アベベ皇太子の妃候補になった黒田雅子は武志の姪にあたる。

四谷第一尋常小学校から日本済美学校を経て、1918年対馬に渡り厳原尋常高等小学校に転じる。1920年対馬中学校に入学。在学中、1923年3月に伯父重正の子・重望が早世したため、同年10月に宗家の家督を継ぎ、第37代当主となる。

1925年3月に対馬中学校を卒業して東京に戻り、同年4月、学習院高等科 (旧制)に入学。在学中、北原白秋に入門。1928年東京帝国大学文学部英文科に入学、市河三喜斎藤勇に師事、1931年3月に卒業。

研究者として[編集]

1932年廣池千九郎道徳科学の講席に参加。1935年、道徳科学専攻塾の開設に際し廣池の招聘を受けて講師となり、道徳科学の講義を担当。1936年から道徳科学専攻塾本科の英語を担当しつつ、同年、東大大学院に入学し市河三喜のもとで現代英語を研究。1939年、同大学院修了。1940年、道徳科学専攻塾講師を辞任。以後、自宅において英会話作文・ラテン語ギリシア語イタリア語などを学んだ。

1944年内閣情報局事務嘱託(奏任)となり、総裁官房戦時資料室第二課で英文和訳に従事。1945年7月、二等兵として召集を受け陸軍独立第37大隊に入隊し、柏83部隊に転属。戦後、1946年6月の貴族院伯爵議員補欠選挙にて貴族院議員に選出される。1947年5月3日日本国憲法施行に伴い爵位を喪失。

以後、麗澤大学教授・同外国語学部長・学監を歴任、1978年、名誉教授となる。この間、1963年には学校法人廣池学園理事、財団法人道徳科学研究所理事、1970年には学校法人廣池学園常務理事に就任。生涯を通して詩作と絵画に打ち込み、1975年には詩誌『詩田』を主宰創刊した。

私生活[編集]

1931年5月、李王家当主徳寿宮李太王熈の娘李徳恵結婚。徳恵は1932年8月14日に長女正恵を出産するも、数年後、母の梁貴人が病死した時に発病した精神疾患が再発され、武志は学問と職務の傍ら徳恵を献身的に介護したが、その甲斐なく病状は悪化の一途を辿り1955年6月に徳恵の実家の要請により徳恵と離婚した。また正恵も日本人男性鈴木昇を婿に迎えるも、1956年自殺を目的に失踪した。

1955年秋に日本人女性勝村良江と再婚して千葉県柏市の廣池学園の教員宿舎に移住。良江夫人との間には長男立人・次女和木・次男中正の二男一女に恵まれた。

著書[編集]

  • 『対馬民謡集』第一書房、1934年
  • 『海郷』第二書房、1956年
  • 『紀行110日』廣池学園出版部、1964年
  • 『春庭楽(しゅんだいらく)』廣池学園事業部、1978年
  • 『日の雫』沙羅詩社、1978年
  • 『黒潮─宗武志歌集』私家版、1985年

参考文献[編集]

日本の爵位
先代:
宗重望
宗伯爵家
第3代:1923年 - 1947年
次代:
(華族制度廃止)
その他の役職
先代:
宗重望
宗氏当主
第37代:1923年 - 1985年
次代:
宗立人