宗義和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宗 義和
時代 江戸時代後期(幕末) - 明治時代
生誕 文政元年8月4日1818年9月4日
死没 明治23年(1890年8月13日
改名 兵次郎(幼名)→暢孫章貞
→樋口章貞→宗義和
別名 兵部(通称)
戒名 厳光院
墓所 長崎県対馬市国分の万松院
官位 従四位下、侍従、 対馬守、 播磨 従三位
幕府 江戸幕府
対馬府中藩
氏族 宗氏暢孫氏樋口氏→宗氏
父母 父:宗義質母:多田文蔵女・玄 養父:宗義章
兄弟 義章義和島雄益城 樋口和理
正室:浅野斉賢女・嘉代(信楽院)
側室:勝井員周妹・民、井上左衛門女・元
慈碧文作女・碧、島井儀右衛門女・美和
山口文左衛門女・世伊、永留氏、小川氏
彦七郎、勝千代、義達原和徳(四男)、 井上和豊(五男)、 黒田和志(六男)、 佐賀和一(七男)、 仁位和邦(八男)、 杉村和東(九男)、 九条道孝室、 植子(松平信正継室)、難波宗礼室

宗 義和(そう よしより)は、対馬府中藩の第15代藩主。

生涯[編集]

文政元年(1818年)8月4日、第13代藩主・宗義質の次男として生まれる。初めは叔父・暢孫質直(ながつぐ かたなお/ただなお)の養子となり、次いで一族・樋口家の養子(養父は宗義暢の子・樋口暢英か)となった。この時代は兄で第14代藩主となっていた義章から偏諱を賜り章貞(あやさだ)と名乗っていた。しかし天保13年(1842年)に義章が死去したため、その末期養子となって家督を相続し、10月に従四位下・侍従・対馬守に叙位・任官、名も義和に改める。樋口家は弟の和理(よりただ/よりまさ)が相続した。

父の時代から続く藩政の混乱を収拾するため、財政再建を中心とした改革を行なうが失敗。さらに世子に定めていた善之丞(後の宗義達)を廃嫡し、自らが寵愛する側室・碧との間に生まれた子である勝千代を世子をとしたが、このために御家騒動が起こる。さらに勝千代が安政6年(1859年)に夭折すると、義達派が巻き返して再び義達が世子となり、碧は万延元年(1860年)に追放された。

文久元年(1861年)2月にロシア軍艦が対馬に来航した対馬事件を契機として、江戸家老佐須伊織幕府に対して対馬を公儀御料とし、宗氏は別の領地に移封してもらうように密かに嘆願するが、計画は露見、先年来の世継ぎ争いの余波もあって、伊織は尊王攘夷派の義党によって暗殺された。これにより勢いを得た義党は藩政の主導権を握り、文久2年(1862年)には長州藩との間に対長同盟を結んだ。そして藩政刷新を理由に義党は義和に対しても隠居を求めた。ここに義和は12月25日(異説として文久3年(1863年)1月5日)に義達に家督を譲って隠居することとなった。

廃藩置県後は小茂田湊神社宮司海神神社宮司、長崎皇典購究分所監督などを務めた。明治18年(1885年)に正四位に昇叙し、明治23年(1890年)に従三位に昇叙したが、8月13日に死去した。享年73。

偏諱を与えた人物[編集]