差集合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

差集合(さしゅうごう、set difference)とは、ある集合の中から別の集合に属する要素を取り去って得られる集合のことである。

定義[編集]

差集合 BA のベン図による視覚化(左がA、右がB。):
B  \setminus A~~=~~A^c \cap B
差集合 AB のベン図による視覚化(左がA、右がB。):
A \setminus B~~=~~A \cap B^c

集合 B から集合 A に属する元を間引いて得られる集合を

B \setminus A, \quad B \smallsetminus A

または BA と表現し、B から A を引いた差集合あるいは B における A の(相対補集合と呼ぶ。記号を用いて書けば、

x \in B \smallsetminus A \iff x \in B \mbox{ and } x \notin A

が差集合の定義である。一般に集合の差は交換法則を満たさない。

注意[編集]

集合 A, B加法 + を持つ代数系(特に加法群)の部分集合であるとき、BA は集合 {ba | aA, bB} と紛らわしいのでこの記法を使用するには注意が必要である。

[編集]

P = {1,3,5,7,9} (10 以下の奇数の集合) Q = {2,3,5,7} (10 以下の素数の集合) このとき

P \smallsetminus Q = \{ 1,9 \}

であり、

Q \smallsetminus P = \{ 2 \}

である。

補集合[編集]

補集合のベン図による視覚化(左がA、右がB。):
A^c~~=~~\emptyset^c \setminus A

全体集合や普遍集合 (universe) などと呼ばれる(大きな)集合 U を固定して、その部分集合についてのみ考えているとき(例えば、U自然数全体、実数全体やある位相空間であるときなど) U の部分集合 A について、

U \smallsetminus A

A の(絶対補集合(ほしゅうごう、complement)といい、

A^c,\, \complement A,\, \bar{A}

などと表す。

  • ある集合の補集合の補集合はもとの集合自身である。
  • 自然数について考えているとき、奇数全体の集合の補集合は偶数全体の集合である。

注意[編集]

P の補集合を Pc と表す場合、おおくは P-P閉包 をあらわす。逆に P- が補集合を表しているような文脈では、PcP の閉包 (closure) を記すことがある。

ド・モルガンの法則[編集]

P, Q をある集合の部分集合とするとき、

(PQ)c = PcQc
(PQ)c = PcQc

が成り立つことが分かる。これはもっと一般化できて、{Pλ}λ∈Λ をある基礎となる集合の部分集合の族とするときに、

\left( \bigcup_{\lambda \in \Lambda} P_\lambda \right) ^c = \bigcap P_\lambda^c
\left( \bigcap_{\lambda \in \Lambda} P_\lambda \right) ^c = \bigcup P_\lambda^c

が成り立つ。これらをド・モルガンの法則という。

この法則は、対応する論理記号の性質(特に双対性)を反映したものである。詳しくは記号論理学の項目を参照。

関連項目[編集]