素集合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

2つの集合が交わりを持たない (disjoint) あるいは互いに素(たがいにそ、英語: mutually disjoint)であるとは、それらが共通の元を持たぬことをいう。一般に、与えられた集合互いに素英語: pairwise disjoint)、あるいは素集合系(そしゅうごうけい、英語: disjoint sets)であるとは、その集合族に含まれるどの2つの集合をえらんでも、それらの選び方に依らずそれらが常に共通部分を持たないことをいう。例えば、{1, 2, 3} と {4, 5, 6} は互いに素である。

概要[編集]

2つの集合 AB互いに素であるとは、それらの共通部分空集合であること、すなわち、

A\cap B = \varnothing

であることを意味する。

この定義は任意の個数の集合に拡張できる。集合互いに素であるとは、その集合族に含まれるどの2つの集合も共通部分を持たないことをいう。つまり、I を添字集合として I のそれぞれの元 i について、Ai という集合が対応しているとき、集合族 {Ai : iI} が「互いに素」であるとは、ij であるような任意の ij について、

A_i \cap A_j = \varnothing

が成り立つことをいう。例えば、{ {1}, {2}, {3}, ... } は互いに素な集合族である。

{Ai} が(少なくとも2つの集合を含む)互いに素な集合族であったとき、その共通部分は明らかに空集合である。すなわち、

\bigcap_{i\in I} A_i = \varnothing

が成り立つ。しかし、その逆は真ではない。集合族 {{1, 2}, {2, 3}, {3, 1}} の共通部分は空集合だが、互いに素ではない。実際、ここから任意の2つの集合を取り出したとき、それらは素集合ではない。

集合 X分割とは、その直和X に等しい集合族のことである。すなわち、各 AiX の部分集合である族 {Ai : iI} であり、互いに素であると同時に

\bigcup_{i\in I} A_i = X

が成り立つものである。通常は、各 Ai が空でないことを要請する。

関連項目[編集]