アドルフ・フレンケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドルフ・フレンケル

アドルフ・アブラハム・ハレヴィ・フレンケルAdolf Abraham Halevi Fraenkel, 1891年2月17日 - 1965年10月15日)はドイツ出身でイスラエルに移住したユダヤ系数学者

経歴[編集]

ミュンヘンに生まれ、ミュンヘン大学ベルリン大学マールブルク大学ブレスラウ大学数学を学び、1922年にマールブルク大学教授となった。1928年にはキール大学に移ったが、彼は熱烈なシオニストであったことから、すぐに新設間もないエルサレムのヘブライ大学に移り、ここで後半生を送った。

最初のテーマはp進数環論であったが、最もよく知られた仕事は公理的集合論で、その最初の論文は1919年に発表された。1922年1925年にはエルンスト・ツェルメロの公理系の改良を目指した論文を発表し、これは今日ツェルメロ・フレンケルの公理系 (ZF) と呼ばれている。また数学史にも関心を持ち、カール・フリードリヒ・ガウス代数学に関する著書やゲオルク・カントールの伝記を書いている。1956年イスラエル賞受賞。エルサレムにて没。