堺筋本町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
堺筋本町駅
駅出入口(2005年10月)
駅出入口(2005年10月)
さかいすじほんまち(せんばひがし)
- Sakaisuji-Hommachi
(船場 Semba-higashi)
所在地 大阪市中央区船場中央一丁目4-16
所属事業者 大阪市交通局大阪市営地下鉄
駅構造 地下駅
ホーム 計3面4線
乗車人員
-統計年度-
50,907人/日(降車客含まず)
-2013年-
乗降人員
-統計年度-
107,095人/日
-2013年-
開業年月日 1969年(昭和44年)12月6日
乗入路線 2 路線
所属路線 堺筋線
駅番号  K15 
キロ程 3.2km(天神橋筋六丁目起点)
K14 北浜 (0.9km)
(1.0km) 長堀橋 K16
所属路線 中央線
駅番号  C17 
キロ程 10.1km(コスモスクエア起点)
C16 本町 (0.7km)
(1.0km) 谷町四丁目 C18

堺筋本町駅(さかいすじほんまちえき)は、大阪市中央区船場中央一丁目にある大阪市営地下鉄

利用可能な鉄道路線[編集]

歴史[編集]

  • 1969年昭和44年)12月6日 堺筋線の天神橋筋六丁目駅 - 動物園前駅間および、中央線の本町駅 - 谷町四丁目駅間の開通と同時に開業する。
    • 本町駅が先に開業していたため、堺筋を冠している。

駅構造[編集]

中央線は島式1面2線ホーム、堺筋線は相対式2面2線ホームを有する地下駅である。ただし、中央線は船場センタービルの地下階があるため、島式ホームとはいえ1番線と2番線がやや離れており、御堂筋線梅田駅と似た構造となっている。谷町四丁目駅寄りホームからの上下線の行き来は比較的容易であるが、本町駅寄りのホームからは階段を上らなければならない。

堺筋線ホーム天下茶屋駅寄りの一つ下のフロアに中央線ホームがあり、中央線ホームからは本町駅寄りの階段で連絡している。改札口は堺筋線の両ホーム(同一フロア)にそれぞれ3箇所ずつ、加えて中央線ホームの谷町四丁目駅寄りに1箇所が設置されている。

2011年9月末に、船場ブランド復権を願う市民の要望[1]を受け、駅名標に「船場 」が副名称として追加された(東は黒地に白抜きである)。なお、隣の本町駅にも「船場西 」が副名称として追加されている。

のりば[編集]

堺筋本町駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
堺筋線ホーム
1 堺筋線 天下茶屋方面
2 堺筋線 天神橋筋六丁目北千里高槻市方面
中央線ホーム
1 中央線 森ノ宮長田生駒学研奈良登美ヶ丘方面
2 中央線 弁天町大阪港コスモスクエア方面

利用状況[編集]

2013年11月19日の1日乗降人員107,095人(乗車人員:50,907人、降車人員:56,188人)である[2]。これは大阪市営地下鉄・ニュートラム全107駅中第10位である。

  • 堺筋線の駅では第1位である。
  • 中央線の駅では本町駅に次ぐ第2位である。
年度別利用状況(大阪府統計年鑑より)
年度 調査日 乗車人員 降車人員 乗降人員
1998年(平成10年) 11月10日 57,516 61,895 119,411
2007年(平成19年) 11月13日 53,561 59,510 113,071
2008年(平成20年) 11月11日 52,851 58,230 111,081
2009年(平成21年) 11月10日 55,030 56,923 111,953
2010年(平成22年) 11月09日 50,729 56,330 107,059
2011年(平成23年) 11月08日 49,456 54,605 104,061
2012年(平成24年) 11月13日 51,478 55,299 106,777
2013年(平成25年) 11月19日 50,907 56,188 107,095

駅周辺[編集]

10号出入口付近

隣の駅[編集]

大阪市営地下鉄
堺筋線
直通特急「ほづ」
通過
準急・普通
北浜駅 (K14) - 堺筋本町駅 (K15) - 長堀橋駅 (K16)
中央線
本町駅 (C16) - 堺筋本町駅 (C17) - 谷町四丁目駅 (C18)
  • 括弧内は路線と駅番号を示す。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]