阿波座駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
阿波座駅
Awaza1.jpg
あわざ - Awaza
所在地 大阪市西区西本町三丁目1-23
所属事業者 大阪市交通局大阪市営地下鉄
駅構造 地下駅
ホーム 各線相対式2面2線 計4面4線
乗車人員
-統計年度-
21,696人/日(降車客含まず)
-2013年-
乗降人員
-統計年度-
43,765人/日
-2013年-
開業年月日 1964年(昭和39年)10月31日
乗入路線
所属路線 中央線
駅番号  C15 
キロ程 8.3km(コスモスクエア起点)
C14 九条 (1.5km)
(1.1km) 本町 C16
所属路線 千日前線
駅番号  S13 
キロ程 1.9km(野田阪神起点)
S12 玉川 (1.3km)
(1.0km) 西長堀 S14

阿波座駅(あわざえき)は、大阪市西区西本町三丁目1-23にある大阪市営地下鉄中央大通(大阪市道築港深江線)と新なにわ筋の交差点に位置する。

駅名の由来は、かつて当駅付近に存在した遊郭、並びにさらに古代に所在した四国方面との海上貿易拠点「阿波座」。

利用可能な鉄道路線[編集]

駅構造[編集]

阿波座駅構内(ホーム列車案内が行灯式だった時代)

両路線とも相対式2面2線ホームの地下駅。中央線ホームコスモスクエア寄り、千日前線ホーム南巽寄りに、両線のホームを結ぶ連絡通路が設けられている。改札口は中央線双方のホームの東西双方1ヶ所ずつ(ホームと同一フロア)と、千日前線ホームの北寄り、中程、南寄りの上層、合計7ヶ所。

また、線内に本格的な車両基地を持たない千日前線の車両の森之宮検車場への入出庫のため、両線の連絡線がある。

当駅は阿波座管区駅に所属しており、同管区駅長により当駅および本町駅堺筋本町駅を管轄されている。

PiTaPaスルッとKANSAI対応各種カードの利用が可能である(相互利用が可能なIC乗車券PiTaPaの項を参照)。

のりば[編集]

阿波座駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
中央線ホーム
1 中央線 森ノ宮長田生駒学研奈良登美ヶ丘方面
2 中央線 弁天町コスモスクエア方面
千日前線ホーム
1 千日前線 なんば鶴橋南巽方面
2 千日前線 野田阪神方面

配線図[編集]

大阪市営地下鉄 阿波座駅 構内配線略図
千日前線
野田阪神方面

中央線
弁天町大阪港
コスモスクエア
方面
大阪市営地下鉄 阿波座駅 構内配線略図
中央線
森ノ宮長田
学研奈良登美ヶ丘
方面
↓ 千日前線
なんば鶴橋南巽方面
凡例
出典:[1][2][3]



特徴[編集]

上述した通り、千日前線車両はこの駅の連絡線を通り、中央線経由で森之宮検車場への入出庫を行う。そのため、千日前線では、車庫送り出しを兼ねた当駅始発列車が設定されている(野田阪神までの3駅だけ客扱いする列車もある)。なお、逆に当駅止まりという列車は設定されておらず、車庫送り込み列車は野田阪神駅から回送される。

利用状況[編集]

2013年11月19日に実施された調査の結果によると、乗車人員は21,696人、降車人員は22,069人で、両者を合わせた乗降人員は43,765人であった[4]

年度別利用状況(大阪府統計年鑑より)
年度 乗車人員(人/日) 降車人員(人/日) 乗降人員(人/日)
1998年(平成10年) 22,341 23,269 45,610
2007年(平成19年) 21,889 22,756 44,645
2008年(平成20年) 21,484 22,140 43,624
2009年(平成21年) 22,285 22,368 44,653
2010年(平成22年) 20,957 21,630 42,587
2011年(平成23年) 20,843 21,473 42,316
2012年(平成24年) 21,470 21,807 43,277
2013年(平成25年) 21,696 22,069 43,765

駅周辺[編集]

付近は本町駅から続くオフィス街。

駅北西には、大阪では数少ないバイク専用駐輪場が設置されている。

バス[編集]

最寄停留所は、岡崎橋及び立売堀三丁目である。どちらとも以下の路線が乗り入れ、大阪市交通局により運行されている。

歴史[編集]

  • 1964年(昭和39年)10月31日 4号線(現在の中央線)の弁天町~本町(仮)間延伸時に開業。
  • 1969年(昭和44年)4月16日 5号線(現在の千日前線)が野田阪神~桜川間で開業、同線への乗換駅となる。

隣の駅[編集]

大阪市営地下鉄
中央線
九条駅 (C14) - 阿波座駅 (C15) - 本町駅 (C16)
千日前線
玉川駅 (S12) - 阿波座駅 (S13) - 西長堀駅 (S14)
  • ()内は駅番号を示す。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「特集 短絡線ミステリー6」、『鉄道ファン』、通巻第502号 2003年2月号、10頁、交友社、2003
  2. ^ 井上孝司 『配線略図で広がる鉄の世界 - 路線を読み解く&作る本』 ISBN 978-4-7980-2200-0秀和システム、178頁、2009
  3. ^ 大阪市交通局公式ホームページ - 各駅案内・阿波座駅
  4. ^ 路線別駅別乗降人員 2013年11月19日

外部リンク[編集]