回折レンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
回折レンズを利用した望遠ズームレンズ(70-300 mm F4.5-5.6)

回折レンズ(かいせつレンズ、: diffractive lens)とは、回折現象を利用して、光の集光発散等を行うレンズ

概要[編集]

樹脂ガラスなどの光学材料の表面に、深さが光の波長程度の微細なレリーフ形状(起伏形状)を、光軸を中心とする同心円状に周期的に形成した、レリーフ型回折レンズが一般に多く用いられている。この他に、光の透過率を、光軸を中心として同心円状に周期的に変化させた、振幅型回折レンズもある。

回折レンズと屈折レンズ(光の屈折作用を用いたレンズ。いわゆる凹レンズ凸レンズなど)とでは、入射光の波長変化に対する焦点距離の変化等の光学特性が異なる。この違いを利用して、屈折レンズ光学系の一部に回折レンズを組み合わせることで、光学系の色収差等を補正することができる。

なお、フレネルレンズとはその形状が類似しているが、フレネルレンズは光の屈折を用いており、作用が異なる。

超短波長の光学系やX線屈曲は屈折を用いて行うことが困難であるため、これらの屈曲には回折を利用したものがある。

ゾーンプレート[編集]

簡素なものはゾーンプレート: zone plate) と呼ばれ、性能を求めず安く作る必要があるものに対して用いられる。

利用[編集]

コンパクトディスク(CD)やDVDBlu-ray DiscHD DVDなどの光ディスクの光ピックアップ光学系において、異なる規格メディア間での互換記録・再生を、一つの対物レンズで達成するための技術の1つとして用いられている。最近では、カメラのレンズにおいても用いられるようになってきた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]