スポーツ写真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スポーツ写真(スポーツしゃしん)とは、各種のスポーツ運動競技)を撮影した写真のことである。プロの競技、アマチュアの競技の区別なく、スポーツ写真と呼ばれる。特に注目されるものとしては、オリンピックなどの、世界的な競技大会の際の作品である。

新聞雑誌等のための報道写真に概ね含まれるが、独立した作品として評価される場合も多い。マーティン・ムンカッチアレクサンドル・ロトチェンコなどは、スポーツ写真と呼べるような作品を数多く残している。

スポーツ写真は、少なくとも、望遠撮影の技術と決定的な瞬間を捉える感覚とが必要とされ、その撮影は容易ではない。

AJPS[編集]

スポーツ写真に関連して、日本スポーツプレス協会(AJPS、ASSOCIATION JAPON DE LA PRESSE SPORTIVE)が1976年に設立されている[1]。160名程度の会員が存在し[2]、写真家とライターで構成されている。写真家としては、例えば、水谷章人畠中良晴権藤和也などが会員であり、名誉会員は中谷吉隆山田真市の2名がいる。

ウエブ上のスポーツ写真[編集]

ウエブ上の新聞社の各ページのスポーツのページ(下記外部リンク参照)においては、スポーツ写真が多く使用されている。従来の紙媒体による場合よりも、その量は格段に増えている。例えば、ウエブでは、「スポーツ写真」の特集的なページも存在することがある。

また、過去と異なり、各写真において、その撮影者(写真家)の氏名を明記することが次第に増えてきている。そのおかげで、かつてはその撮影者がよくわからなかった新聞のスポーツ写真について、ウエブ上の検索の容易さとあいまって、撮影者が比較的簡単に把握できるようになってきている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]