銀塩写真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1980年代 - 1990年代の「銀塩フィルム」のパッケージ群。

銀塩写真(ぎんえんしゃしん、フランス語: La photographie argentique)は、写真を2つに大別したときデジタル写真の対立概念となるものを総称するレトロニムである[1]画像の記録媒体がフィルム(あるいは乾板)であり、銀塩(塩化銀)を感光剤に使用していることに由来する[1][2]。写真を焼き付けされた印画紙印刷物にしたものも指す[1]フィルム写真、あるいはデジタル写真の対義語として単純に、アナログ写真(アナログしゃしん、英語: analog photography)とも呼ぶ。銀塩写真用のカメラをフィルムカメラ、あるいは銀塩カメラと称し、銀塩と略す[2]

デジタル写真との対比[編集]

銀塩カメラで撮影する銀塩写真においては、フィルム等の感光媒体の表面にある、ハロゲン化銀を含んだ感光乳剤英語版に光を当て、潜像として記録する。潜像をのちにゼラチンシルバープロセス英語版などの処理方法に沿って現像することで顕像(目視できる像)とし、定着液によって安定化させる。銀塩写真の過程はすべて化学的過程である。

ビデオカメラデジタルカメラで撮影するデジタル写真においては、撮像管あるいは固体撮像素子CCDイメージセンサ等)といったセンサで光を電気に変換し、画像信号を電子媒体に記録し、後に再生する。デジタル写真の過程はすべて電子的過程である。

フィルムの構造[編集]

【図1】単純化したフィルムの構造。

銀塩写真に用いられる写真フィルム(カラーフィルム)の構造は、135フィルムを例にとると図1のようである。

  1. フィルムベース英語版 - 写真用フィルムの基底・支持体[3][4]ポリエステルトリアセテートセルロース英語版でできている[3][4]
  2. 下塗層 - ハレーション防止層[4]。乳剤層を通過した光がフィルムベースで反射するのを防ぐ[4]
  3. 赤感性層 - 乳剤層(感光層)、ゼラチン塩化銀臭化銀沃化銀などの銀塩)を水と混和させたもの[5][6]
  4. 緑感性層 - 乳剤層(感光層)、ゼラチンに塩化銀(臭化銀、沃化銀などの銀塩)を水と混和させたもの[5][6]
  5. 黄色フィルター - 余分な青色光を透過を防ぐ。
  6. 青感性層 - 乳剤層(感光層)、ゼラチンに塩化銀(臭化銀、沃化銀などの銀塩)を水と混和させたもの[5][6]
  7. 紫外線吸収フィルター英語版 - 可視光線の外側にある紫外線を吸収し、青色のカブリや赤色に濁るのを防ぐ[7]
  8. 保護層 - フィルム表面のもっとも外側の層で乳剤が傷つくのを防ぐ。
  9. 可視光線

感光材料の種類・分類[編集]

銀塩写真において、感光材料は大きく分けて、写真フィルム乾板印画紙である。感光材料の現像後の仕上がりには、ネガ画像とポジ画像がある。

撮影機材[編集]

銀塩写真において、感光材料に撮影するためのおもな機材は、静止画の場合は写真機(カメラ)、動画の場合は撮影機(映画用カメラ)である。

現像[編集]

銀塩写真において、感光材料に可視画像を得るには、かならず現像工程が必要である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c デジタル大辞泉『銀塩写真』 - コトバンク、2011年12月15日閲覧。
  2. ^ a b デジタル大辞泉『銀塩』 - コトバンク、2011年12月15日閲覧。
  3. ^ a b デジタル大辞泉『フィルムベース』 - コトバンク、2011年12月15日閲覧。
  4. ^ a b c d カメラマン写真用語辞典『フィルムベース』 - コトバンク、2011年12月15日閲覧。
  5. ^ a b c デジタル大辞泉『乳剤』 - コトバンク、2011年12月15日閲覧。
  6. ^ a b c カメラマン写真用語辞典『乳剤』 - コトバンク、2011年12月15日閲覧。
  7. ^ カメラマン写真用語辞典『UVフィルター』 - コトバンク、2011年12月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • Wall, E.J. (1890). Dictionary of Photography. London: Hassel, Watson and Viney Ltd. 
  • The British Journal (1956). Photographic Almanac. London: Henry Greenwood and Co Ltd. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]