ラティチュード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラティチュードラチチュードラティテュード (latitude) とは、一般的に日本では写真用語であり、音響学信号処理分野で言うところの「ダイナミックレンジ」に相当する。感光材料(写真フィルムなど)が、画像(階調の集まり)として再現できる露光の範囲、寛容度を表すことに使われる。露光寛容度、露出寛容度とも言う。英語ではexposure latitude。

概要[編集]

写真撮影(露光)において、感光材料に対し適正より少ない露光量(露出アンダー、画像が暗く階調がつぶれるおそれがある)や、反対に適正より多い露光量(露出オーバー、画像が明るく階調が飛ぶおそれがある)であっても階調が無くならず、画像として成立するような特性(露光許容量が大きい)を「ラティチュードが広い」と表現する。このような特性の場合、暗い部分(シャドウ)から明るい部分(ハイライト)までなだらかな階調が再現できる反面、画像がフラット(眠たい調子)になりやすい。

逆に再現できる露光の範囲が狭い特性を「ラティチュードが狭い」と表現する。この場合、露出オーバーやアンダーに対して、白とびや黒つぶれを起こしやすいが、コントラストの高い画像を得ることが出来る。

一般的にネガフィルムはラティチュードが広く、リバーサル(ポジ)フイルム固体撮像素子を用いるデジタルカメラのラティチュードは狭い。撮影においては、ラティチュードが広い方が扱いやすい。

撮影時の対策[編集]

特に、ラティチュードが狭いフィルムを用いる時や階調再現を重視する際は、被写体各部の必要露光量を確認しカメラの露出補正機能(または手動設定)を使って最も適切な露光[1]を与えると共に、光源、被写体、カメラの位置を変えてみる、補助光を使用する、強い光をディフューズする、レフ板でシャドー部を起こすなどの明暗比を小さくする処置が有効となる。またそのような場合、適正露光で撮影できているかどうかが不安な場合は、露光量を変化させて複数枚を撮影することで、ある程度の露光ミスの予防が可能である。一部の機種にはこれを自動で行うオートブラケット機構を有するものもある。また、デジタルカメラは撮影直後即時にカメラ上で画像確認が可能な上、高級機を中心にヒストグラムの表示が可能なものがあり、対策しやすい。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ネガフィルムの場合、規定露光量よりやや露光オーバー目にしたほうがシャドウ部の階調再現性が良く、全体の明るさはプリントの際に調整できる。

関連項目[編集]