開口 (光学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
図1: 中心の7角形の孔が開口

開口(かいこう、: aperture[1])とは、光学系において、光量を調整するために、光を吸収する状のもので光を遮り、光を一部だけを通すようにしたのことである。アパーチャーともいう。

NDフィルターによる光量調整と異なり、焦点距離との関係であるF値開口数が変化し、被写界深度分解能が変化する。

特徴[編集]

開口は写真機望遠鏡光学顕微鏡などの光学機器において、光量の調節、分解能や被写界深度に影響を与えている。これらの機器には、開口を調整するため通常絞りがもうけられている。

光量との関係[編集]

フィルムなどに結像させる場合、フィルムにあたる光量が多すぎると、飽和してしまって真っ黒になり、撮影できなくなることがある。デジタルカメラなどCCDイメージセンサを用いているものでも、電荷結合素子が飽和して撮影できなくなる。しかし、開口を小さくして光量を減らすと、逆に感知できる閾値を下回り撮影できなくなる。

分解能との関係[編集]

開口を小さくすると、光の波長に少しずつ近づくため、分解能に影響を与える。

被写界深度との関係[編集]

開口を小さくすると、焦点距離と被写体の距離の誤差が現れにくくなるため、被写界深度に影響を与える。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省日本分光学会編 『学術用語集 分光学編』 培風館1999年、増訂版。ISBN 4-563-04567-5

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]